2007
05.06

端整な中原中也と…

Category: ★本のお話
汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる


 ということで、今年は中原中也の生誕100年なんですね。

 彼の詩は中学の教科書に載っていたような記憶が海馬にのさばっています。

 自分の好きな梶井基次郎。「檸檬」や「雪後」、「冬の日」などで有名なこのヒトも教科書の常連組です。梶井ちゃんの文章を読んでファンになった女子中学生も多いのですが、残念ながら残念なことに、彼の顔写真を見た瞬間から心が剥離していくことが少なくありません。「何でこんな文章書くのにこんな顔なの!?」こう思う女子は少なくなかったでしょう。男子としてもこの容貌は、イタズラ書きのしがいがあるというものでした。

 しかし中也さんは違います!この端正な顔立ち。檸檬の兄ちゃんは

読む→惚れる→顔見る→冷める

というパターンが多いのですが、在りし日の兄さんは往々にして顔写真が目立つ所にあったりなんぞして

顔見る→惚れる→読む→惚れの上塗り→さらに顔見る

というpositive feedbackを辿ります。しかも夭逝というのが拍車をかけます(檸檬の兄ちゃんも早世なのですが、それは加味されていないという不平等)。

 女子の皆さんは男子に対して


「イタズラ書きすんじゃねぇぞコラ」


と、鋭き眼光を以て威圧(威嚇?)してきます…。明らかに梶井さんとは扱いを異にしているのですが、それを指摘しようもんならこっちがどうなるか分かりません。黙認黙認。。。

 しかし、その女子の皆さんのココロに「つうこんのいちげき」を食らわす一言が男子には隠されているのです。


「でもさぁ、中原中也って結婚してんだよね」


 これは3桁のダメージ確実でしょう。まだ初期で、レベルが2に上がってスライムに10のダメージを与えたことに

お、2桁いった

とささやかな喜びを見出すのとワケが違います(「こんぼう」から「どうのつるぎ」に変えた直後にも同様のことが起こりえます)。

 このように、適正な抗菌薬を投与することで大方の女子は中也さんへの発熱がおさまります。MSSAに対してnafcillinを投与するのと同じくスマートですね(日本では無理か…)。しかしながら


「それでも構わない!」


と、耐性化してしまい、手の付けられなく方々がおられるのもこれまた事実(MRSA、果てにはVRSAなんぞになるワケですね)。

 ま、若さならではの所業ですな。良い思い出になっていっているのでしょう、今頃は。


☆本日のお写真
 去年買った新潮文庫の中原中也詩集(本棚の奥底から引っ張り出しました)


トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/962-34d8f3aa
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top