2007
04.30

単純なことほど見逃されやすい

 伝染性単核球症(infectious mononucleosis. 多くはEBVによるもの)っていうビョーキがあります。モノの本によると(pathophysiology for the boards and wardsにちょっと付け足し)↓

Si =generalized lymphadenopathy (especially, posterior cervical nodes), exudative tonsillitis, palatal petechiae, & hepatosplenomegaly.
Lab =positive heterophile antibody in contrast to mononucleosis caused by CMV, which is negative heterophile antibody. Atypical lymphocytes on blood smear. WBC→or↑, Lym↑↑, LDH↑
Skin rash commonly occurs in patients mistakenly treated with antibiotics (penicillin, ampicillin)

 細菌性咽頭炎(ものっすごくノドが痛くなる+高熱。自分も去年やられました。。。殆どはヨウレン菌によるもの)との鑑別に挙がってくるのですが、問診と診察では鑑別がほぼ不可能。困りましたねこりゃ。。。

 ちょいと前、この伝染性単核球症に関して論文を見つけました。

Lymphocyte-white blood cell count ratio: a quickly available screening tool to differentiate acute purulent tonsillitis from glandular fever.

と題されたもの。とある検査にてかなりの確率で鑑別が出来ちゃうそうなんです。

 どんな検査かと言うと

血をちょっと採ってリンパ球と白血球の数を出す

 ただ、それだけのこと。

 もっと正確に言うと、平均リンパ球/白血球比 (L/WCC)を出して、カットオフ値0.35とします。すると


感度90%!特異度100%!


 素晴らしひ…。惚れ惚れしますね。。。

 この数字は即ち、細菌性咽頭炎と伝染性単核球症のどっちかという患者さんにおいて

感度90%=伝染性単核球症のうち90%が0.35より高い値を示す(10%は0.35以下)
特異度100%=でもって0.35より高ければ100%の確率で伝染性単核球症!完全rule in!

を意味します。

 なんでこんなカンタンな検査(というか計算)が2007年になるまで出てこなかったんだろうか。。。

 高い血清試験なんぞを開発するのも良いですが、ゼニはグラウンドに落ちてるモンですね。ちょっと感心しましたです(こうやってまた一つ、国試に出ない知識が増えました…)。

 ただ、これはモノスポットテストというもので判断しています。しかもあくまでもパイロットスタディ。

 最近の知識としては、伝染性単核球症を見たらHIVを疑え!というのがあるそうです。HIVも原因になるんですねー。日本は相変わらずAIDS患者が増えていて減る気配ないですし。寝た子を起こすなとPTAは反対していますが、きちんと若いうちから性教育をしないと大変ですぞ。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/959-c7a47343
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top