2006
08.03

熱が出たら、無闇な解熱はしないが一番



 北海道名物といえば六花亭の「ストロベリーチョコ」、千秋庵の「チョコレートオニオン(結構マニアック)」、北菓楼の「バウムクーヘン」、きのとやの「きのとやスフレ」、石屋製菓の「白い恋人チョコレートドリンク(変化球)」など枚挙に暇がないのですが、忘れちゃいけないのが

トラピストクッキー

 バター飴との双璧をなす、函館名物として名に負うシロモノです。小生の成長期はこの安っぽいクッキーによって支えられたと言っても過言ではないでしょう(だから背が低いのか)。

 先日購入する機会があったので、ご紹介します。



外観はこんな感じで、味の方も素朴というか水で薄めた感じ。原材料に「乳酸菌飲料」と書かれているのがかなりフシギ感を醸し出していていますがその飲料らしき味はしません。

 それよりも乳酸菌にとっては、生地に練り込まれた挙句、オーブンで焼かれるという地獄的食物。さすがサブちゃんの故郷函館。単純なクッキーを作るはずがありませんね。

 しかもしかも、なんとこいつは


口の中で発熱する


 なんとなんと…(既食者は烈しく頷くハズ)。このクッキーは口に放り込み、唾液と反応させることにより「熱を産生する」のです。昔、冬の寒さを凌ぐために天然のカイロとして蝦夷の人々がこのクッキーを口に入れっぱなしにしていた位です(ウソ)。

 発熱の機構は灼熱地獄を味わった乳酸菌の怨念かどうか定かではありませんが、そのミステリーな感覚が人々を虜にするのでしょうね、多分。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/870-f0f5cde8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top