2006
03.20

れっつ作るそばがき

 せっかくの春休みなので、そばがきを作ってみました。ナゼそばがき?それはですね


家にそば粉があるから


この一言に尽きます。あ、あとめっちゃ単簡に出来るから、というのもアリです。

 鶏肉を使った金沢料理に「治部煮(じぶに)」というワタクシの大好物がありまして、そのためにそば粉を使うのです。それで家にはそば粉が住み着いているというわけでして。。。

☆そばがきの作り方
 そば粉と水を、cc比で1:2の割合で用意しませう(一人分が50cc:100cc前後)。レシピによっては1:1や1:3とあるのですが、好みの問題でしょうか(1:2が楽だと思いますが)。



 小さめのお鍋(入れる量が少ないので、大きいと焦げついてしまう恐れアリ)を用意して、水を入れて沸騰させます。弱火にしてからそば粉を少しずつ入れて、ひたっすらお箸でかき混ぜる。ダマが無くなったら、水で濡らした指を以って押してみましょう。ぷにぷにしていたらO.K.



 出来上がりの後、手を水で濡らして形を整えます(ヤケド注意。水で濡らした木ベラでも良いと思います)。ちなみにこの画像では、熱いのを必死で我慢しています。。。



 この後は完全に火を通すためにちょっとだけ茹でます(これは省略しても全く構いません。事実今回は省略しました)。そうしたらお湯に浮かべて完成。

 後はお箸でちぎってわさび醤油やおつゆで頂きます。上に木の芽なんかあしらったら、ぐっと見栄えも良くなるのでしょうが、意外と高いので諦めました。。。

 家にあるそば粉が安いやつだったので滅茶苦茶美味しい!というわけではありませんでしたが、食感はやわらかくなめらかで、おそばの味はします(そりゃそうだ)。もし美味しいそばがきを作りたいのでしたら、そば粉は良いのを使いましょう。

 後ですね、水を使わずにお煎茶などのお茶で練っても美味しいですよ。そばの風味をもっと楽しみたい方は、そば茶が良いのではないでしょうか。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/822-5a777fe9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top