2005
12.08

箱館魚事情

 新潟って意外と鮮度の良いサカナが無いんすね…。行く所に行けばあるんでしょうけど、普通にスーパーや市場で買うお魚はちょっと疲れ気味に見えます。ワタクシは港町の函館出身ですから、その点においてのみ函館は良かったのぅとしみじみ思います。特にお刺身でその差は歴然。活きが良かったらお醤油ではなくお塩で食べたり、はたまた何も付けなかったり、ということが普通だったのですが、さすがに新潟ではお醤油の出番の多いのが実情です。あの頃は、魚は活きの良いもんだというのが前提にありましたから、今になってもっと味わっておけばよかったと悔いております。

 函館の市場では良く「魚に触らないで下さい」と注意書きを目にします。特にヒラメさんなんかそうですね。ヒトが触ると活きが落ちるから、キズが付くからとかそういうコトではなく


噛んでくるんです


 奴らは当然のように生きてますから、不用意に手を出すとガチっとやられるんです。何とも油断ならない市場…。

 新潟のおサカナさんの活きが悪いのか、それとも函館が良すぎたのか、真相は分かりませんが、あの頃が妙に懐かしく感じられます。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/781-1a69d41d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top