2037
12.31

ブログ紹介

*この記事は常にトップに出ます*
*最新記事は1つ下の記事になります*

皆々様。
平素より大変お世話になっております、m03a076dです。
ご来店いただき、まことに有難うございます。
このブログは、研修医や若手精神科医を対象にした話がちらほら出てきます。でもメインは自分の気になったことをちょろちょろっと記すこと。最近はやはり本業の精神科の話が多くなってしまっています。

気楽にご覧下さいませ☆ (this article: last update Oct. 1. 2017)


*このブログではたまに患者さんとの会話例が出ています。その時に記載している基本的な情報、たとえば年齢や性別や受診の時期など、これらはプライバシー保護のため改変しています。また複数の患者さんの情報や会話内容を意図的に混ぜています*


☆思い立ってしでかしたこと
 はっと思ったらやはり実行。後悔することはあっても、いつかは懐かしい記憶となってくれるかもしれません。実行と言っても、他人様の迷惑にはならないようにしましょう。最近は名古屋な雰囲気を醸し出してます。

アポロチョコに捧げた情熱(ページの一番下の記事からお読み下さい)
ヒーターで焼き芋つくり(他にも焼いてます)
シュークリームの上手な食べ方~案~
大手コンビニのシュークリームを比べてみた
ジンギスカンのたれ比較
あんまきの比較
犬山城に行こうとしてみた
山崎川のさくら
スガキヤに行ってみた
熱田神宮のきしめんを食べてみた
豊川稲荷に行ってみた
のれそれを食べてみた
藤の花を見に津島公園に行ってみた
七夕まつりを見に一宮市に行ってみた
宇都宮の旅(餃子華厳の滝世界旅行
矢勝川の彼岸花
岡崎公園の桜とお団子
めんたいパークとこなめに行ってみた
愛知県のみたらし団子


☆鶴舞公園をお散歩
 名大病院の向かいは鶴舞公園というところで、さくら名所100選にもなっています。花菖蒲や紅葉なども綺麗で、四季を通じて楽しめる公園。

サクラ, ツツジやフジ, バラ, ハナショウブとアジサイ, ハス, 春の終わりから夏, 初冬その1, 初冬その2


☆コメダ珈琲店について少し
 名古屋在住なので、代表であるコメダ珈琲店へたまに行っています。その中でちょろっとご紹介をば。。。網羅的なものではなく、ピックアップする感じでございます。

blanc et noir, 豆菓子と有田焼, ○○ダさん…?, ピザと経済, みそカツサンド, 定番のハンバーガー, 期間限定ノワール, ジェリコを嗜む, アイスなココア, 夏はやっぱりかき氷, Ringoノワール, コメチキってやつ, バレンタインのチョコ祭り, 珈琲豆と小豆, ベリーノワールさん, たまご系, チョコ祭りその2, サマージュース, ケーキとどら焼き


☆名古屋大学医学部附属病院前期研修について
 自分の前期臨床研修先であった名大病院について、主観で眺めてみました。名大病院ってどんなとこ?と思っている方、少し参考にしてみて下さい。
 2015年5月に(4年ぶりに)少し手を加えました。2015年度からはたすき掛けも導入されたということで、隔世の感がありますね…。どんどんプログラムは良くなってきている感じがします。あとは研修医のやる気ですな。
 また、名大病院に限らず学生さんが病院見学をする際にどういった点を見ると良いか、ちょっとですが書いてみました。

・名大病院研修について→コチラ
・病院見学の際のポイント→コチラ


☆臨床研修はじめの一歩
 学生さんや研修医を対象としたレクチャー。その多くは救急外来や研修医相手の勉強会で話した内容から成っています。深くは立ち入らず、入門として・総論として。研修医の時に知っておきたい心構え的なものとお考え下さい。”診断学・感染症・輸液・検査項目(主に救急外来)・栄養療法”についてお話ししています。最後に輸液と栄養療法とに絡めて、SIRSについて名古屋大学医学部附属病院集中治療部教授である松田直之先生の考え方に触れてみようと思います。

・はじめに→コチラ
・診断推論→コチラ
・感染症診療の入り口→コチラ
・輸液の考え方ベーシック→コチラ
・検査項目の使い方→コチラ
・栄養療法の初歩→コチラ
・SIRSについて一つの記事→コチラ
・補足:生活の中の病歴→コチラ
・補足2:診察の強弱→コチラ
・補足3:デッサンという考え方→コチラ
・補足4:デング熱を例に鑑別を挙げるということ→コチラ
・補足5:曖昧性を許容する→コチラ
・補足6:身体診察の治療的意義→コチラ
・補足7:教育としての病歴と診察→コチラ
・補足8:風邪を診る→コチラ


☆研修医のためのテキスト紹介
 研修医が読む本は学生さんとはちょっと違います。プラクティカルなものを選んでみました。研修医や非専門医として、なので専門的なテキスト紹介ではありません。

”総論”について, 各種マニュアル本, 心電図・循環器治療薬の本, 呼吸器内科の本, 感染症の本, 腎臓内科の本, 糖尿病のポケットガイド, 小児科外来の本, 皮膚科や創傷処置などの本, 精神科の本, 漢方薬の本, 非精神科医のための精神療法的な本, 超音波含め画像診断の本, 国試が終わって臨床研修開始までの間に, 『極論で語る』シリーズ, 診断ではなく帰せるかどうかの判断をするための入門本, カルテの書き方, 血の通った緩和ケア


☆風変わりな超音波
 もうエコーは心臓と腹部実質臓器のためだけじゃない!消化管・運動器・肺・眼球などなど、様々な分野へ応用可能です。その中でも消化管と肺について軽くまとめました。

消化管の超音波, 肺の超音波, 超音波を学ぶ時の心構え


☆研修医救急勉強会でのポイント
 名古屋大学医学部附属病院では月に1度、朝に研修医が救急勉強会をしていました。現在は他の科の先生がたが様々な勉強会を開いていて研修医が忙しくなったという理由で、廃止に…。

・Jolt accentuationを例にして診察や検査のセッティング→コチラ
・めまいについて→コチラ
・嘔気嘔吐の例→コチラ
・救急外来と入院での病歴の取り方→コチラ
・発熱と意識障害を例にして患者背景から絞る→コチラ
・勘違いしやすい痛みについて→コチラ
・侮りがたし、虫垂炎→コチラ
・DehydrationとVolume depletion→コチラ


☆精神科臨床はじめの一歩
 精神科医は精神科医でも、若手、特に1-2年目が身の丈に合った非侵襲的な接し方をするにはどうすれば良いか。そんな思いから、治療的態度・精神病理学的知識・分析的思考について10回+1回にわたって考えてみました。自分も若手なので、若手目線で。おまけとして初心者やご家族や患者さんに読みやすい本の紹介もしています。

・第0回:若手としての心構え→コチラ
・第1回:精神療法としての”あいだ”→コチラ
・第2回:”患者”になること→コチラ
・第3回:”症状”を考えてみよう→コチラ
・第4回:器質力動論的視点を持ってみる→コチラ
・第5回:精神発達論をちょっと体験→コチラ
・第6回:防衛機制って何なんだ?→コチラ
・第7回:人格構造という軸→コチラ
・第8回:支持的精神療法のススメ→コチラ
・第9回:役割から見えてくる”転移/逆転移”→コチラ
・第10回:ご家族とのお話→コチラ
----------
・統合失調症理解の入門本→コチラ
・うつ病/躁うつ病理解の入門本→コチラ
・認知症理解の入門本→コチラ


☆精神科臨床のワンフレーズ+α
 日常臨床で患者さんに送るちょっとした言葉を掲載。薬物治療をしっかりと行うことと前提としているため、構造化もしてませんし分析的な深い考察もしていません。裏を返せばどんな治療者でも使えるということになるでしょうか。支持的でちょっと背中を押すような、そんなフレーズ達。そして、フレーズに限らず精神科臨床での会話などもまとめました。

・神経が疲れた→コチラ
・困った時はお互い様→コチラ
・キーを回す→コチラ
・不安を不安として→コチラ
・つらさの代名詞→コチラ
・こころは水風船→コチラ
・回復の芽を摘まない→コチラ
・どちらを選んでも後悔する→コチラ
・医者と薬は松葉杖→コチラ
・ネガティブを大切に→コチラ
・医者はあきらめが悪い→コチラ
・病気の種→コチラ
・回り道の景色→コチラ
・歴史になること→コチラ
・失敗も大事→コチラ
・症状をガイドに→コチラ
・こころのお天気→コチラ
・飛行機とカサブタ→コチラ
・何もないのは平和のしるし→コチラ
・どんな思いがよぎりましたか?→コチラ
---------------
・終診にする時→コチラ
・同じと特別→コチラ
・「でも」を使わないようにしてみる→コチラ
・「なんで?」も使わないようにしてみる→コチラ
・大丈夫という言葉→コチラ
・認知機能検査を始める前の言葉がけ→コチラ


☆精神医学ピックアップ
 記事の中から病態や向精神薬の関連で精神科1-2年次向きなものを選んでみました。ちょっと前にまとめたものは記載が甘いものも散見されますが、ご了承ください。

・統合失調症のグルタミン酸仮説と抗精神病薬の定型/非定型という分類→コチラ
・精神症状を来たす身体疾患→コチラ
・精神疾患と慢性炎症→コチラ
・神経障害性疼痛→コチラコチラ, コチラ
・ベンゾジアゼピン受容体作動薬→コチラ
・抗うつ薬のモノアミン再取り込み阻害/促進→コチラ
・向精神薬中断によるリバウンド症状→コチラ
・薬剤に精神療法を込める→コチラ
・悪性症候群→コチラ
・アルコール使用障害→コチラ
・デキストロメトルファン(メジコン)と精神疾患→コチラ
・口腔領域の疼痛性障害→コチラ


☆漢方あれこれ
 自分は仮免レベルの漢方屋でもあるので、診療に良く使ってます。ちょっとした記事をポツポツ書いているので、ご紹介。

実証と虚証, 補気と補血, 陽と陰の配慮, 寒をとらえる, 陰虚を考慮, 虚熱を考える, 生薬の勉強, 消風散の生薬には…!, 釣藤鈎とは何なのか, 高血圧と頭痛に釣藤散, 補中益気湯で失敗, 視床痛には?, 喉の痛みに桔梗湯, 咳への対処, フラッシュバックに神田橋処方, 弛緩型神経因性膀胱はどうするか, 女性の手荒れに, 褥創治療の補助, チックの治療, 便秘にもどうぞ, 寒と水滞による痛みに, 清暑益気湯の生薬, 風邪の漢方薬, 腸間膜静脈硬化症, 起立性調節障害に, 漢方を服用する時間


☆お薬と偶像崇拝
 お薬の中には、キャラクターが存在するものも。イスラム文化圏では決して許されないこと(?)。可愛いのもいれば、変なのも。期間限定なのか?それともリストラされてしまったのか?と思うくらいにもはや姿を見かけなくなったキャラも。でも皆さんそれなりに頑張って製薬会社の看板背負ってるんですよね。自分が持っているものをご紹介していきます。なので精神科領域がどうしても多くなってしまうかも。

・ロナセンバード、ルーランバード、セレネースバード(大日本住友製薬)→コチラ
・ロナセンバード再び(大日本住友製薬)→コチラ
・がっちゃんと干支セトラ(大日本住友製薬)→コチラ
・メロペンギン(大日本住友製薬)→コチラ
・レオ(大日本住友製薬)→コチラ
・シナモロール(大塚製薬)→コチラ
・ムコさる君(大塚製薬)→コチラ
・豚さん(大塚製薬)→コチラ
・ひよこちゃん(大塚製薬)→コチラ
・ひつじさん→コチラ
・キティちゃん(ヤンセンファーマ、タケダ薬品、大日本住友製薬など)→コチラ
・おさかなさん(タケダ薬品)→コチラ
・大建中湯の羊、六君子湯のりっくん(ツムラ)→コチラ
・ジプレキサザイディスの可愛くないキャラ(イーライリリー)→コチラ
・パッキー君(グラクソスミスクラインの黒歴史?)→コチラ
・クマ野郎(エーザイ)→コチラ
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/725-85c42332
トラックバック
コメント
運営者様へ
はじめまして、医療+医薬品の業界まとめニュースを運営しています。
このたび突然ご連絡をさせていただいたのは
当サイトと相互リンク、相互RSSの登録をして頂きたくご連絡をさせていただました。
ご迷惑でしたらこの文章は削除して頂いて結構です。申し訳ありませんでした。
まだまだ未熟ブログではありますが、ぜひ宜しくお願いいたします。

こちらでは貴サイトのリンクは登録済みです。
今後ともよろしくお願いいたします。
医療+医薬品の業界まとめニュース
ブログ:http://mednews.blog.fc2.com/
RSS:http://mednews.blog.fc2.com/?xml
医療+医薬品の業界まとめニュースdot 2012.06.19 18:08 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.03.26 20:27 | 編集
管理人用閲覧コメントを下さったかた、ありがとうございます。

診療については、自分は一介の若手で治療がうまいわけでもありません。また立場上、安易にいらっしゃいとも言えませんし、臨床から離れることもあり中期長期でのフォローが出来ません。
申し訳ありませんが、お言葉のみいただいておきます。
m03a076ddot 2014.03.27 17:57 | 編集
はじめまして
名古屋大学病院での初期研修を考えています。なかなか地元、愛知の友達に聞いても情報がわかららず苦慮しています。


研修する科にもよると思うのですが、救急外来研修(日勤)がない時は、診療科の土日祝の仕事の様子がどのようなのか、もしよろしかったら教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。
さとうdot 2014.06.05 10:36 | 編集
>さとうさん

ありがとうございます。
名大での研修については記事が1つあるのでそれを合わせて御覧ください。
自分が研修医の頃は救急外来の当直明けもそのまま丸一日勤務でした。今は半日勤務になっているみたいですが、研修医が自分からローテートしている科に言わなければならないのでちょっと休みづらい印象はあります。
当直がない時、土日祝は本当に科によります。総合診療科ではあまりそういうのは関係なく回診することになりますし、各専門科ならお休みのことが多いです。大学病院は人手が足りていることが多いため、研修医が獅子奮迅の活躍をしなければ回って行かないということは幸か不幸かありません。
m03a076ddot 2014.06.07 17:45 | 編集
どうもありがとうございました。
さとうdot 2014.06.09 03:10 | 編集
>さとうさん

研修病院選びはいろいろ悩むと思いますが、見学をして研修医から生の声をぜひ聞いてみてください。
m03a076ddot 2014.06.12 08:12 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.08 20:47 | 編集
管理人用閲覧コメントを下さったかた、ありがとうございます。

自分はそろそろ病院勤務から外れるので、継続的な診療ができない状態です。ご了承ください。
過食については『過食症サバイバルキット』という本が患者さん自身で改善に向かうために優れていると思います。根気強くこれに書かれてあることを続けてみてください。
m03a076ddot 2014.09.09 07:45 | 編集
いつも、自分自身や周りの人の理解のため、愛読させていただいております。
この度、大学病院の精神科に通う事となりました。
初診は教授から講師クラスの先生に診ていただき、以後は教授も含みますが、社会人大学院生や後期研修医(この大学病院ではちがうタイトルになっていました)がメインとして担当について下さるそうです。
もちろん、初診の先生が私に合う担当医を選んで下さったので、経験の短長などは気にしませんが、大学病院の職位について、いつもよく分からないままです。
社会人大学院生=社会人(医師)かつ医学博士をとるために院に通う方、
後期研修医=学部卒&国家試験合格→前期研修(色々な科を回る)→後期研修(専門科を絞り、外来も可能)
と言った感じなのでしょうか?
国の制度で変わったり、大学にもよるとは思いますが、いつも???と思っています。
みどりdot 2014.10.10 13:46 | 編集
>みどりさん

ありがとうございます。
後期研修医は、前期研修が終わり専門が決まった医者の、その最初の数年間を指すと思っていただければ良いでしょうか。
何だか色んな用語があって難しいですよね。。。
m03a076ddot 2014.10.10 18:02 | 編集
早速の回答、ありがとうございます。
普通の病院、診療所の外来担当表ならば、御名前に"院長"もしくは専門科あたりしか書かれて無いと思うのですが、私の通う大学病院の表では大学での職位が色々と付いてるなぁ。。。と思いました(寧ろ、何も付いていない先生は一体?と言う位に)。
一般的に"研修医"と言われる先生は前期研修中で、後期では、選択した科の専門の医師として活躍されるイメージで良いのでしょうか?
また大型の台風が来るそうですので、お気をつけください。
みどりdot 2014.10.10 22:58 | 編集
>みどりさん

ありがとうございます。
お示しのようなイメージで考えて頂いて大丈夫だと思います。
台風は、自分のいるところには火曜日辺りに来るようです。
お互い雨風に気をつけましょうね。
m03a076ddot 2014.10.12 11:11 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.12.06 15:40 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

私は実際に新規の患者さんを診る立場にないため、申し訳ありませんがお受けできません。

不眠であれば、多くの患者さんにお勧めしているのが『自分でできる「不眠」克服ワークブック』というものです。気長にこの本を取り組むと良いのではないでしょうか。

ヴィパッサナーでしたら、DVDが付いている『心を清らかにする気づきの瞑想法』が良いかと思います。

お薬についてですが、ネットの情報は一部の声が大きく扱われています。そこを冷静に見ることが出来なければ、間違った内容に踊らされるだけだと思います。悪徳クリニックも数知れず、溺れる者は藁をも掴むといいますが、そのこころを利用して非常に害悪なタチの悪い藁になろうとしています。情報扇動に惑わされない”考える力”を持つことが重要でしょう。
m03a076ddot 2015.12.07 07:34 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2015.12.09 09:21 | 編集
>管理人用閲覧コメントを下さったかた、ありがとうございます。

数多くの情報を比較検討してしっかり考えることが大切です。
人はついつい自分に有利な情報のみを選択しがちなので、できるだけ公平に集めてみるのが良いでしょう。
m03a076ddot 2015.12.11 13:02 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.03.26 06:50 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

血液検査についての疑問ということですが、多くの場合は血液検査をするかと思います。
甲状腺の機能やビタミンや亜鉛などのミネラル成分、他の内分泌機能のスクリーニングくらいは行なうことがあるかとは感じています。もちろん、感染症など必要に応じて種々の項目の検査をします。
それら以外にも、お薬を使うのであれば肝臓や腎臓の機能、糖尿病の有無も知りたいところです。
精神科でも、若い医者は検査をする傾向にあるのではないでしょうか。
しないのであれば何かの理由があるのかもしれないので、担当の先生に実際に聞いてみるのが良いかと思います。
m03a076ddot 2016.03.26 11:57 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.08.29 17:55 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.08.29 18:15 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

その症状がベンゾによるものかどうかはちょっと分かりかねますが、ベンゾが原因であれば、記事にあるように少量戻して症状がなくなってからまた少しずつ減らすという方法になるでしょう。
また、足の痛みはrestless legs症候群のこともあります。
その治療にはクロナゼパムを用いることがあるので、それが無くなったためrestless legs症候群の症状が出てきたのかもしれません(あくまでも推測です)。
診断は難しいので、診断と治療を兼ねてドパミンアゴニストやガバペンチンの投与を行うこともあります(それが効けばrestless legsだろうという理由で)。
日本なら漢方薬治療をすることもありますが、いずれにしても効果的なのは前二者もしくは少量のクロナゼパム(0.25-1.0mg/day)になります。
もちろん他にも鑑別になる疾患はあるので「この病気だ!」というわけではありません。時間が経つにつれて違う疾患の特徴が他にも出て来ることも多く、その次点で診断が可能な病気もあります。
m03a076ddot 2016.08.31 09:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top