FC2ブログ
2019
08.17

比べると大変だ

 非器質的な慢性疼痛(DSM-IV-TRで言う疼痛性障害)で通院中の患者さん。他院にも受診していて、そこの医者から以下のことを言われたそうです。


「○○さんは痛い痛いって言っているけれども、世の中にはがん患者さんとかもっと大変な人がいるでしょう。そういう人たちに比べたらまだ良いんじゃないんですか?」


 どうでしょう。確かに世の中とても大変な人はいます。でも、、、その人の痛みはその人のもので、人生の中でつらい思いをしているのも事実。中には「そうか。そう考えれば私の痛みなんてちっぽけなものだな」と思って楽になる人もいるでしょう。しかし、個人的にはそれで気持ちが楽になって痛みも軽くなる患者さんは決して多くはない(それで楽になるなら慢性化していない)と思います。

 他人と比べると、果てがなくなってしまいます。そのがん患者さんも、ICUで必死の治療下にある患者さんや飢餓状態で今にも死んでしまいそうな乳児の前では "楽" と判定されてしまうかもしれません。

 そして、比べることで人はつい相手のアラを探してしまうでしょう。がん患者さんと比較しても、「でもあの人は今痛みを感じていないし…」「あの人の痛みは原因が分かっているけど、私のは分からないし…」という思いは出てくるものです。比較は羨望envyを産み、それが行き過ぎれば破壊へとつながるのです。

 自分としては、誰かと比べるのはあまりオススメしません。自分のこれまでと今、そしてちょっと先、そこに思いを馳せて、この痛みをどう人生の中で位置づけて生きていくか。これが大事なのだと考えています。今の医学では慢性疼痛を完全に制圧できません。そのため患者さんには痛みを抱えながら生きてもらわねばならず、それはこちらとしても心苦しいところ。でも可能な限り小さくするのは大切で、それは痛みと付き合いやすくするためです。大きい痛みと「さあ付き合って」と言われたところで、結構厳しい。患者さんが何とか付き合えるレベルにまで痛みを軽減させるのは医者の仕事。

 そして可能であるなら、「痛みがあるから~~できない」という考えからシフトしてもらいたいのです。すなわち


「痛みがある」と「~~する」との間に因果関係を作らない


 ということ。患者さんには、痛みのために制限していた活動、それの多くは過去に盛んに行なっていて自分の一部でもあったような活動、を再開してもらいます。活動が制限されることは、痛みに生活がとらわれることでもあります。そうすると、痛みが患者さんの人生までも支配してしまうかもしれません。≪痛い→活動できない(しない)→痛みに気持ちもフォーカスする→もっと痛い→活動できない(しない)→…≫というループにはまり込むでしょう。そのループから脱却することが、人生を痛みから戻すためにも欠かせません。もちろん最初はつらくて大変でしょう。くじけそうになるかもしれません。そこを我々医療者がサポートしていきたいものです。

 前述の通り、痛みが大きすぎればそんな事も言ってられないので、出来る限りの手を使って痛みを小さくします。そのうえで、"痛みはあるけれども、それに制約されない人生" を目指してほしい、そのように思っています。言うは易く行うは難し、ではありますが。

トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2274-1a73d208
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2019.08.19 09:06 | 編集
私の主治医はよく「ヒカク三原則」ということを言います。
学校で習うヒカク三原則は(核を)持たず、作らず、持ち込ませず。主治医の言うヒカク三原則は
・過去の栄光と比較しない
・他人と比較しない
・理想と比較しない
「以前と比べて良くなった」「以前できなかった事ができるようになった」という比較ならいいのですが、それ以外は比べてもあまりいい事はないですね。
penguindot 2019.08.20 22:24 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

人間はどうしても比べてしまいますが、それにとらわれることなく今を一歩一歩大切にしていただけたらと思います。
m03a076ddot 2019.08.24 10:27 | 編集
>penguinさん

ありがとうございます。
ヒカク三原則、大事ですね。
過去の栄光や理想の中には今後の人生のヒントになるような、患者さんの素質とも言えるものが隠れていることがあるので、比較しすぎずあくまでも参考にしてみると良いのかもしれませんね。
m03a076ddot 2019.08.24 10:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top