FC2ブログ
2019
05.22

てんかんって奥が深いよね

Category: ★本のお話
 「最近の精神科医は "てんかん" の勉強をしない!」とよく言われます。自分もレジデントの頃は「てんかんってもう神経内科なんじゃ…?」という意識であり、そんなに診ることがないのでは、と思い込んでいた時期がありました、えぇ。

 しかし、てんかん発作の症状には精神症状もあるぞ、高齢発症のてんかんが意外に多いぞ、などなど聞くにつけ、「これって無視できないのでは…?」という意識にシフトしてきたのであります。

 昔は、てんかんと言えば "三大精神病" のひとつだったのです。統合失調症(当時は精神分裂病)、双極性障害(当時は躁うつ病)、そしててんかん。木村敏先生もてんかんで論文を書いていますね。しかし、てんかんの原因が分かり治療薬も登場し、治療する医者は神経内科へと移行した経緯があります。そのため、現代の若手精神科医は馴染みが薄いのです。

 実際にてんかん学会に入会して学術集会にちらっと行ってみると、今までの不勉強を猛省せねばなるまい、という気持ちに。現在は、てんかんの勉強会に2ヶ月に一度お邪魔して、診療でもてんかん発作を常に鑑別に入れて問診するという優等生(?)っぷり。いやぁ、人って変わるもんですね。

 自分が勉強していなかったために患者さんに不利益が生じていたかもしれないと思うと、やはりここは意識を新たにせねばなりません。そして、勉強しなかった自分の愚を若手の精神科医の皆さんにも犯してほしくない、という気持ちもあります。一度てんかん学会の学術集会に行って勉強してみると面白いのでは?と思います。

 でもって、勉強には本がツキモノ。今回はてんかんを学ぶ人のためのテキストを紹介をします。

 自分は中里信和先生の『ねころんで読めるてんかん診療』や榎日出夫先生の『てんかん診療 はじめの一歩』、小出泰道先生の『はじめてのてんかん・けいれん診療 -上手な説明・コンサルテーションの仕方-』『“てんかんが苦手”な医師のための問診・治療ガイドブック』といった本を導入に読みました。

 そんな中で、精神科医にオススメするのであれば、川崎淳先生の『トコトンわかるてんかん発作の聞き出し方と薬の使い方』が良いかなぁと思っています。若手精神科医へのレクチャーをまとめたものであり、情報もピンポイントです。最初は的を絞った本から入るのが大事でして(特に好きでもない分野は)、それにうってつけではないでしょうか、たぶん。

 ただ、ピンポイントなぶんちょっと情報量としては不足気味。高齢者への言及もなく、そこは手薄と思っておくべきです。最初の一冊として使用して、少し抵抗感を減じてから厚めの本、すなわち兼本浩祐先生の『てんかん学ハンドブック』を読んでいくのが良いと思います。『てんかん学ハンドブック』はもはや大定番であり、しかも2018年に改訂され第4版。自分のこれからのキャリアと本の改訂頻度を考えると、医者人生の中でたぶんこの第4版と最も濃密に関わることになりそうです。表紙も何だかポップな感じ。第2版から買っていますが、第4版で表紙がガラッと変わって何だか分厚くなったし、いろいろすごい。マニアックな世界に浸りたいのであれば、吉野相英先生が監訳をされている『てんかんとその境界領域』でしょう。鑑別のために買って読みましたが、なかなかにディープな感じを受けました。しかもちょっとお値段も高い…(10000円+税)。

 ということで、『トコトンわかるてんかん発作の聞き出し方と薬の使い方』と『てんかん学ハンドブック』の辺りでてんかん診療に厚みを出してみてはいかがでしょうか。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2254-d1216a78
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top