FC2ブログ
2019
04.24

数じゃなくたって

Category: ★研修医生活
 以前にも同じようなことを記事にしましたが、研修医同士の力くらべで”担当患者さんの数”というのがあります。

 入院患者さんをどれだけ担当しているか、というのは数で表されるので比較もしやすいでしょう。そして、指導医が信頼しているからたくさんの患者さんを担当させるというのも確かにそうかも知れません。一部の病院では、たくさんの患者さんを持たせることをウリにしているところもあり、見学に行く学生さんも「たくさん持ってスゴイ!」と思いやすいのも事実。

 これはあくまで個人的な意見ですが、もし自分が指導医という立場に立つのであれば、”担当患者さんは多ければ多いほど優れている”という考えにはちょっと反対です。もちろん、今たくさん患者さんを持っている研修医は頑張っている証拠だと思うので、それを否定するつもりは一毫たりともありません。

 でも、担当患者さんが少ないからと言って、そこから得られる知識が少なくなるということはまったくないと言っても良いでしょう。例えば、膵臓がんで入院している50代男性を担当したとします。そうしたら、膵臓がんの好発年齢や予後やリスクファクターを調べますし、初発の症状が例えば全身倦怠感だとしたら、それを来たす鑑別疾患を挙げて、同様にそれら疾患の勉強も必要。転移による症状への治療や、化学療法による副作用とそれの治療、疼痛緩和などの緩和ケアスキル。そして、そのがん患者さんがどうやってがんと死に向かいあっていくのか…。

 これらを丁寧に勉強すると、数週間では終わらないかもしれません。ひとりの患者さんでもじゅうぶんに知識というのは付いてきます。たくさんの患者さんを持つと、上辺の症状のみへの対処に追われ、なかなかそういう時間はつくれない可能性があります。要は、量より質でいくか、質より量でいくか。若手のうちは、量を指標にしてしまいがち。でも、量でなくても、質で勝負は可能です。

 しかし、そのためには「持っている患者さんが少ないから、そこを逆に活かして勉強しなくっちゃ」という意識が必要です。ぱぱっと患者さんを診て余った時間をぼーっと過ごすのも、たまには良いかもしれませんが、ずっとそれを行なってしまったら、量を診た研修医には到底敵いません。

 たくさん診ることは、”さばく”能力が身につきます。それは大事であることは言うまでもありません。でも、研修医のうちは少ない患者さんでじっくりしっかり、というのも悪くないのでは?と思います。”さばく”能力は後期研修医になったら否が応でも身につくので…。ま、確かに救急外来にやってくる患者さんをどんどんさばいていく姿はカッコいいものがありますが…(”さばく”という言い方はあまり良くないでしょうけれども)。

 たくさんの患者さんを診られる大病院も確かに良いかもしれませんが、小さな病院の研修だってそれに比肩するものになりえます。多くの医者が「研修はどこの病院でもだいたい同じようなもの」と言うのは、このことを指しているのでしょう。

 ちなみに、自分が研修した病院はまったく人気のない大学病院であり、担当患者さんも市中に比べて多くなく、しかも市中でやっていけなくなった研修医を受け入れることも多々ありました。科によってバラツキがありましたが、基本的には少ない患者さんを診るタイプだったと言って良いでしょう。自分の性格上、それで良かったなと思っています。市中に行っていたら潰れていたかもしれん…。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2252-74510665
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top