FC2ブログ
2019
03.05

電子カルテ変更による脱理想化?

Category: ★精神科生活
 勤めている病院で、2月に電子カルテの刷新が行なわれました。もともとオーダリングシステムだけが電子化されており、普通の記録は紙カルテなのですが、これは変わらず。個人的には全部電子化してほしいのではありますが…。字が下手過ぎて、自分でも読めないという "医者あるある" の状態です。字の上手な医者はそれだけで尊敬に値する、うん。

 病院で使っていたのは結構古い電子カルテで、サポートが切れてしまうそうです。かような理由で新しいものに変更となりました。それだけで億のお金が動くそうで、業者の思うツボか…?と思わないでもありませんが。

 そんなこんなで、しばらくは電子カルテと悪戦苦闘。病院にも「みんな慣れないから遅くなるよ!」という潔い内容の張り紙をしています。ある日、外来で脱理想化を図れた(かもしれない)経験を提示いたします(細かい点は変更して個人が分からないようにしています)。

 うつ病で寛解間近の若い患者さん。普段どおりの診察が終わって日々の行動活性化を確認して、処方箋入力と次回予約の設定がやってまいりました。


自分「えーっと、次の予約はいつにしましょうか」
患者さん「じゃあまた4週間後で」
自分「はい。時間は11時で良いですか?」
患者さん「はい」
自分「えーっと、ちょっと待ってくださいね…。こうやって、えっと、んー」
(沈黙)
自分「よしっ。じゃあ次はお薬ですけど、今のところはこのままで行きましょうか」
患者さん「はい」
自分「えーっと、処方はこれだったかな…。どこだ…、あれ、日数は…」
(沈黙)
自分「よし、ふー。ごめんなさいね。パソコンが変わって良く分からなくて」
患者さん「そうなんですね。呼び出しのチャイムも音が変わってましたし、病院にも張り紙が」
自分「気づきました? 私もパソコンの前で頭抱えてまして」
患者さん「へー、先生でもそうなんですね」
自分「慣れるまでは時間がかかりますねぇ」
患者さん「何でもサッとできるもんだと思ってました」
自分「あら、ソツなくこなせる感じに思ってらっしゃった?」
患者さん「はい」
自分「いやいや、毎日唸りながらやってますよ」
患者さん「あはは、そうなんですね。安心しました」
自分「安心。唸ってる一面を見て安心されたの?」
患者さん「はい」
自分「ほー、そうでしたか。何でもできると思っていた人が、実は悪戦苦闘している、というような」
患者さん「はい、そうですね」
自分「それは何よりでした。今日の収穫はそれかしら」
患者さん「ですね」

 という感じで診察が進み、意外にも患者さんがこちらを完璧のようにとらえていたことが判明。いつも自分は、分からないことは「分からない」と言っており、患者さんの目の前で検索して調べることもあります。"私の先生は何でも知っている" という錯覚を防ぐためには無知の姿勢を見せることが大事ではありますが、それでもやっぱり患者さんの理想化は起こるものだなぁと。患者さんにしてみれば、理想とする人間像が崩れたわけなのでちょっとした喪失体験にはなります。しかし、今回のようにそこを笑って「安心した」と言ってくれるのはこころが健康的だからでしょう。うまく脱錯覚できたとも言えますが、そこで状態が大きく崩れてしまう人も中にはいます。錯覚の崩壊にこころが戸惑っている、というと良いでしょうか。そうならないように、医者としては診察室の空気を考えていくことにはなるのですが。

 今回は電子カルテを通じて貴重な経験をしましたが、でもシステムの刷新にはもう脳が追い付かない…。誰か助けて。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2246-91fb7902
トラックバック
コメント
もなか先生、こんばんは。

「理想化」というのがあるのですね。先生のお立場によっては、良くもあり、悪くもあるのでしょうか。

近医の先生に3年位ベンゾをもらっていて、「現在の自分の体調に鑑みると、これ以上続けても」と思ってしまった私は、その時点で「理想化」の逆を行ってしまったのかもしれません。(その先生のおかげで、調子が良くなったからなのかもしれません。だとすれば、私に関してはその先生の治療はよかった、ということなのでしょう。)
元メイラックス減量中dot 2019.04.04 23:26 | 編集
>元メイラックス減量中さん

ありがとうございます。
あまり強い理想化をされるとちょっとこちらも困ってしまいますね。
なんにせよ、”ほどほど”が一番だと思っています。
m03a076ddot 2019.04.07 14:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top