FC2ブログ
2018
12.28

仕事納め

 2018年は、明日、すなわち12月29日で仕事納めとなります。だいぶお疲れちゃんな一年でしたが、何とかここまでこぎつけました。宝くじさえ当たれば一発逆転なのだが…。

 それはそうと、今回の年末年始は日当直から見事に外れ、ゆったりできそうです。仕事始めが1月5日なので、それまではのんびりとさせてもらおうかしらん。おせちはお煮しめと田作りと伊達巻くらいはつくるつもり。材料はほとんど既に買ってあり、あとはしいたけを買うくらいか…?

 そういえば、「平成最後の年越しか」と何となく思いました。それを考えると、例えば今40歳の男性が年越しを経験できるのもあと40回くらい。具体的な言葉でいうと、年越しそばを食べるのがあと40回。それ以降はどうしても経験できません。そこから広がると、春の桜を見るのもあと40回。桜なんて毎年春に「わーきれいだなー」と思って見るくらいなのですが、あと40回というリミットを聞くと何やらどきっとします。中秋の名月もあと40回。オリンピックで言えば、夏と冬それぞれあと10回くらいですし、うるう年もそうですね。

 具体的に回数が決められそこからのカウントダウンと考えると、人生馬鹿にできないぞ、と思います。一日一日をぼんやり生きていて良いのか? という声も聞こえてきそう。ですが、ぼんやり生きているからこそ節目節目の出来事に感動できるのかもしれません。確かに今日、2018年12月28日という日は一生に一度しかやってきませんし、今こうして勤務のお昼休みに記事をカタカタ打っている時間も一生に一度。すべてが生まれた瞬間に痕跡を残して去っていくものではあります。でも、それを常に意識していたら随分と堅苦しくなりそうな気もしないではありません。世にある "行事" というのは有限を意識させ、今ある生に感謝するためにあるものでしょう。であるならば、普段はのほほんと暮らし、行事の度に自分の残された生を実感する。そういうメリハリが良いのかなぁとも思っています。

 という、結局は世俗的な生き方バンザイみたいな、凡庸なお話になりました。来年も大病せずに何とか生きながらえたいものです。良いことがあったかたも、悪いことが続いたかたも、来年こそは良い年になりますように。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2242-f964edc2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top