FC2ブログ
2018
09.29

また都会に!?

 10月はてんかん学会学術集会が横浜で行なわれ、それに行ってきます。しかもその帰りの日は夜に名古屋で講演会があり、喋らなくてはいけません。結構タイトなスケジュール。てんかん学会学術集会は最終日に "てんかん学研修セミナー" というのがあり、去年は参加しました。今年もそのつもりだったのですが、講演会を引き受けてしまったがためにセミナーを受けていると遅刻してしまうことが判明。しまった…。ということで、今年はスキップ。来年からまた受けよう…。

 そういえば、講演をするのも久々。今年は3月だったかしら、その時以来のような気がします。ちょっと去年が多かっただけですね。本来はポツポツというレベル。自分は精神科医なのですが、講演依頼は漢方ばっかりで。専門医でもなんでもないんですけどね…。純粋な精神科の講演なんて激レアですよ。もちろん依頼をいただくのは光栄なことなので、毎回しっかりと予備スライドをたくさんつくって準備をしてお話をさせてもらっています、はい。講演も基本的に1分に2~3スライドくらいのペースなので、お話しする分のスライドも多い。1スライド1テーマにしているし文字も大きいし。

 前にもちょっと記事にした覚えはありますが、まさか自分が大勢の前で話すことになるとは、昔は想像だにしませんでした。大学受験の時は面接のない大学をあえて選んで、話をするのを極力回避していましたし。一度だけ面接ありの大学を受けたことがあるんですが、もうあがってあがって、ひどいもんでした。こうやって今は講演会でお話をすることも増えましたが、親からも「まさかお前が話をするなんて…」と驚かれます。社交不安症と言われてもおかしくないくらいにひどかったのですが、人って変わるもんだなぁ。

 何が良かったんでしょうね。結局は慣れたということと、講演を「もうイヤだわ…。しくしく」と思うのを通り越して「自分を売り込むチャンスやな」と思えるようになったのと、あとは「緊張してもいいから伝える内容だけはきちんと伝えよう」と考えるようになったこと、かな? でも今でも座ってピンマイクというのは苦手で、基本的には立ってマイクを持ってというスタイルにしています (長時間だとさすがに座りますが)。手をじっと机や膝に置いておくと自分の場合は身体もこころも緊張するのが分かって、手は動かすかマイクを持つようにするかになりました。理想的には、歩き回りながらお話できればいちばんリラックスできます。多動か…?

 しかし、教授の前でのプレゼンはダメだ…。この前は超久々にその機会があって大学の医局に行ったのですが、もうメタメタですよ。順番待ちの最中も落ち着かなくて座れないし、汗をかくわ手は冷えてくるわ、これって四逆散の証じゃないかと思っていました。根本的なところではまだまだ話すのが苦手なんだろうな、緊張しがちなのだろうなと実感したのであります。何十人~百人よりも、教授一人の方がインパクトが大きい。さすがでござった。

 そんなこんなで10月は学会に行くくらいで後は行事らしいものもないかしらんと思っていたら、10月14日に再び因縁の東京に行くこととなりました。場所は東大ではないのでひと安心…? パッと行って話し合いをしてお昼過ぎにはパッと帰ろうと思っています。東京は怖いところだ。あ、でもお土産は何かじっくりと選んでから帰ろうかな…?
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2225-29b1649e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top