FC2ブログ
2018
09.04

今更ながらおどろいた

 経口・経腸栄養剤に "エンシュア・リキッド®" と "エンシュア・H®" というものがあります。いくつか味のラインナップがあり

エンシュア・リキッド:バニラ味、コーヒー味、ストロベリー味
エンシュア・H:バニラ味、コーヒー味、バナナ味、黒糖味、メロン味、ストロベリー味

 となっているのです。黒糖味というのがなにか突出して違和感を醸し出していますし、メロン味が発売された時も「なぜメロン…?」と不思議に思ったものです。個人的にはココア味がほしい。

 製造元のアボットさんとしては、リキッドの方はあまり力を入れず、Hとエネーボ®でやっていきたいそう。確かにリキッドの方はカロリーも少なめだし、役割を終えつつあるのかも。でもいちばん飲みやすいですけれどね。

 このエンシュアに関して、先日新たな発見がありました。ただ、これは自分の浅学だったので恥ずかしいのではありますが…。

 なんと、この各種ある味ですが




香料だけ!




 だったのです。コーヒー味にはコーヒーなんて入っておらず、黒糖味には黒糖は使われていないのです。もちろん果汁も。外見はすべて同じなので、すなわち




香りだけで味に違いがあると騙されていたのだ!




 これはアレですね、かき氷のシロップと同じ戦法ですよ。ま、あちらは着色料と香料の二段で攻めてはいますが、原理は同じ。あ、エンシュアも缶で飲むなら色でなんとなく想像するので視覚も関与していますね。味以外の要素で、味に違いがあると勘違いしていたのです、私たちの脳は…。香料自体に味はないし。

 いやもうびっくりしちゃって、てっきりコーヒーエキスとか黒糖とかを使っているもんだとばかり思っていました。だからたぶん、両方の鼻がつまっている人が飲めば、味は一緒ですよね。鼻をつまんだら、つまんでいる最中はきっと同じ味ですよ。

 後輩に「こんなことがあったんや!」と香料の件を話してみたら




「え、知らなかったんですか…?」




 と、なんだか蔑まれたような眼で見られました。やっぱり常識だったのか…。

トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2218-10ae7b64
トラックバック
コメント
先生、こん○○は。

多くの缶コーヒーなどに香料が使われているのは知っていましたが、「香料だけ」の世界もあるのですか。鼻をつまんだ上で、味比べをしてみたいです。
元メイラックス減量中dot 2018.09.08 00:13 | 編集
>元メイラックス減量中さん

ありがとうございます。
香料だけのものって探すと意外にあるみたいです。
色や香りって、それだけ脳をだましてしまうんですね。
m03a076ddot 2018.09.10 15:29 | 編集
ご無沙汰しております。
こないだ生物精神のランチョンで初めて尾崎先生の講演(双極性障害)を聞きましたがわかりやすくてよかったです。ビブレッ○の宣伝もほとんどなく、QTPについてちょろっと触れたのみでした。
エンシュアは摂食障害患者のカロリーコントロールにしょっちゅう使っていました。食事じゃなくて処方で出せるので楽なんですよね。よく考えてみると1ml=1kcalを保つためには本物の成分を入れていると分量の調節が難しくなりますね。
読者Adot 2018.09.18 08:45 | 編集
>読者A先生

ありがとうございます。
尾崎先生は特定の製薬会社をひいきせず、中立的で素晴らしい講演をされますね (と、媚びを売っておく)。
エンシュアの件は確かにおっしゃるとおりですね。
でも香料だけなんて、何となく裏切られた気分です…。
m03a076ddot 2018.09.21 09:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top