FC2ブログ
2018
07.28

ケアをひらきましょう

Category: ★本のお話
 医学書院さんの個性的なラインナップに『シリーズ ケアをひらく』というのがあります。どれもこれもエッジが効いているというか何というか、バラエティにも富んでいますし、読んでいて素直に面白い!のです。この "素直に面白い" という感覚って結構大事だなと思っておりまして、そういうシリーズをバンバン出してくれるのはとてもありがたいですね。そしてその多くは専門的な知識がなくても大丈夫。

 このシリーズは全部読んで!と言っても良いのかもしれませんが、優先順位として精神科医、特に若手の先生にまず読んでほしいものが、中井久夫先生の『こんなとき私はどうしてきたか』と、小澤勲先生の『ケアってなんだろう』の2冊です、個人的に。

 前者は、言わずとしれた大御所・中井先生の本。優しい (易しい) 文体ながらも中井先生の真骨頂とも言うべき内容が随所に入っています。特に患者さんに対しての言葉の使い方、セリフの言い回しなどがいきいきと語られており、中井先生の本の中でこれがいちばん実践的なのではないか…?とも思います。この本は別に自分がお勧めしなくても精神科医であれば読むものでしょう (圧迫)。

 後者は、認知症のケアで有名な小澤勲先生。2008年、すなわちこの本が出版されてから2年後に70歳で亡くなっていることもあってか、最近の若い精神科医の中には小澤先生を知らない人も多く、ちょっと残念。自分は学生の頃に神経内科の教授から岩波新書の『痴呆を生きるということ』『認知症とは何か』という本を勧められて読んで「こんな先生がいるんだ…!」と衝撃を受けた記憶があります。その中に超カッコいい言葉がありまして



"痴呆の悲惨と光明をともに見据えるために、また、生と死のあわいを生きるすさまじさと、その末に生まれる透き通るような明るさを伝えるために、この一文を書く。彼らに少しでも報い、彼らの思いを世に伝えるために"



 この熱さが何ともたまらないのです (自分も若かったので、強烈に印象に残りました)。そして、その神経内科の教授に対しても「いつも訳わからん感じだし学生に対して厳しいし何なんやろな」と思っていたのですが、「こういう本を学生に勧めてくれるなんて、この先生はやっぱり患者さんのことをしっかりと思っているやなぁ」と反省したのであります。この場を借りて謝罪を (遅い)。

 この『ケアってなんだろう』という本の中でも小澤先生は "自分たちの出来ることはごくわずか、でもそれをしないわけにはいかない" という内容のご発言をされていて、常に臨床家として生きていた情熱を感じずにはいられません。しかしながら、その情熱さだけであれば、辟易してしまうこともあるでしょう。振り回されてしまうこともあるでしょう。小澤先生は冷静さをも併せ持っており、例えば『ケアってなんだろう』の "そもそも他者の「物語を読む」などというのは、僭越で傲慢なことです。「物語」が忘れたい思い出にふれると、傷つけてしまうこともあります" という文章にそれが現れています。物語を読むのは、少しだけやさしくなるためなのです。それ以上の介入は "腹を探られる" ことになるでしょう。ナラティブナラティブと声高に叫ぶ人たちを見ると、ちょっと自分は鼻白んでしまいます。

 この『ケアってなんだろう』は主に対談集ではありますが、小澤先生の認知症患者さんとの関わりの総まとめ的なものであり、小澤先生の入門、というか精神科医療の入門としてぜひ読んでいただきたいなぁと思います。認知症に限らず、精神疾患を持つ患者さんへの接し方の大きなヒントになってくれるのではないでしょうか。滝川一廣先生とともに、自分のあこがれの先生でもあります。できれば一度お話を聞いてみたかった。

 自分は精神疾患の患者さんを診る時、"症状は苦しいものであるけれども、患者さんが何とかそれで頑張ってやって来た証でもある""患者さんなりにこの苦しい世の中を生き抜いてきたのだ" という目線を持つように心がけています。そして、その苦しさでまた生きていかねばならない患者さんに対していくばくかのお手伝いをするのが医療者の役割なのだとも思います。一人ひとりの患者さんに対して、どのようなお手伝いが良いのかは具体的であり一般に還元されないものでしょう。「こうすればうまくいく!」というわけにはいきません。オーダーメイドのものを患者さんと一緒に悩んでつくっていく、もしくは解決がなされず悩むだけかもしれません、でもそのような一緒に何かをするという過程がケアには大事なのかもしれない、とも考えます (流行語で言うとネガティブ・ケイパビリティでしょうか)。「一人で悩むより二人で悩もう。その時間の積み重ねは無駄にはならないし、うまく行けば希望につながるかもしれないよ」という気持ちにもなってきます。小澤先生の本を読むと、根本的な解決の見えない状況でも何とかこらえてやっていこう、そんな気持ちになれます。

 このシリーズはどれもこれも「なるほどなー」と思わせるもので、最近ですと國分功一郎先生の『中動態の世界』も素敵なのですが、これは専門的な知識がちょっと必要かもしれません。この中動態は精神科と相性が良いような気もしますね。受動と能動との "あいだ" で、私と患者さんとの思いは色づいていくのでしょう。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2213-5a0033c7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top