2018
06.25

with です

Category: ★精神科生活
 どの疾患でもそうなのですが、患者さんを表現する時に

統合失調症の●●さん
甲状腺機能低下症の●●さん

 などという表現を、自分を含めて医療者はついしてしまいます。この "の" というのがクセモノでして、イコールという印象が非常に強いのであります。ということは、すなわち

●●さん=統合失調症
●●さん=甲状腺機能低下症

 になります。そして、患者さん自身もそのような言い方をしてしまいます。「私は統合失調症である」「私は糖尿病である」という表現ですね。でも、それって、疾患がその人を覆い尽くすようなところがあるでしょう。十分に気をつけないといけません。

 英語表現では

schizophrenic patients

 という言い方はせずに

patients with schizophrenia

 となります。このwithが患者さんとschizophreniaという名詞との間に入ることで、ちょっと疾患と距離が取れます。あくまでも、メインは患者さんその人です。統合失調症という疾患を持った患者さん、なのです。withという表現には外在化のテクニックがすでに練り込まれているのが見えますね。

 そこには疾患を見る目線と患者さんを見る目線の両方が含まれているでしょう。この両方がとっても大事。よく「病気じゃなくて人をみろ」と言われますが、個人的には「いやいや、病気もしっかり診ようや」と思ってしまいますね…。両方みるのが当たり前です。もうちょっと言うのであれば、病気をみる時に人をみるようにしていてはいけませんし、人をみる時に病気をみるようにしてもいけません。

病気:医療者がプロ。得られている知見に則って冷静に対処する
人:その人がプロ 。医療者は、その人がどう "生き抜いて" きたかに思いを巡らす

 ということなのです。"人 with 疾患" は、その両方に目配りが出来ている表現だと思います。

 "その人" に関しては、私たち医療者はド素人です。受診してくる患者さんその人については、まさに not-knowing なのです。何でも知っていることを装い、患者さんの言うことに「どうせ統合失調症の言っていること」とか「うつ病の人の考えだ」とか「摂食障害の思考だ」と単純に思い込んではいけません。これは精神分析の理論にも言えることで、「また否認して」「ボーダーの投影性同一視か」「見捨てられ不安が強いな」と、早合点してしまうことは罪作りでしょう。患者さんがどう思って生きてきたのか、その疾患を抱えて、場合によっては偏見にも眼刺されてきたでしょう、その中でどう苦しんで生きてきたのか、患者さんなりにここまで死なずにどう生きてこられたのか、というところにもっともっと光を当ててほしいと思います。重荷を背負ったその人の生き様には、絶望も多いでしょうが光る希望も見えるでしょう。

 そして、病気を見る目線をエビデンスと言い換えても大きな間違いはないでしょうけれども、それをEBMと言ってはいけません。病気と人をきちんと見ていく姿勢がEBMであります。EBMは何だか間違って理解されてしまっていますが、何もエビデンスに当てはめて治療することでは決してありません。この誤解が、精神病理学の先生に多いんですよね…。そしてその誤解のまま現代の精神医学を批判してしまう…。敵と考えるのは構いませんが、せめてその敵を知ってから批判してほしいものです (知ったら敵とは言えなくなるでしょうけれども)。

 EBMは、その患者さんのことを思い、その患者さんにとって最善の治療を頭いっぱいめぐらせていくことです。エビデンスを参考にして、その患者さんの生活・人生を考えて治療をしていくことです。文献的な知識だけで医療を行なうわけでは決してありません!

 話がEBMにまで飛んでしまいましたが、大事なのは with ということです。疾患の中に患者さんはいません。"疾患"を持った"患者さん"、という2つの目線が求められるでしょう。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2202-5b2d27d5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top