2018
02.23

臨床のワンフレーズ(24):恩返しをしましょう

Category: ★精神科生活
 うつ病患者さんの休職については、患者さん自身が後ろめたさを持ってしまうことがあり、そこをうまくお話できればなぁと思っております。「私が休むとみんなに迷惑が…」「休むと会社が回らなくなります…」というのが多いですね。「あぁた一人休んだくらいでダメになる会社なんて、そもそも体制に無理があるんや」と言いたくなるのですが、さすがにそれを言っちゃあオシマイよ、ということで、こころの中でブレーキが働きます。精神科医の中には逆におどけて「へぇ!!君がいなけりゃ回らないだなんて、そんなにすごい実力があるの!?」と話す医者もいるみたいですが、まだ経験の豊かではない自分が言うとよろしくないだろうなぁと想像しています。

 患者さんの自尊心を傷つけずにどう休職を促すか、というのが精神科医のウデの見せどころ?かもしれません。これという正解は無いのだと思いますが、自分は以下のように言うことが多いと思います。

自分「今の○○さんの状態だと、ここはしっかりと休んだ方が良いんじゃないかなぁと私は思うんですけど」
患者さん「…でも、休むとみんなに迷惑がかかってしまうので」
自分「確かにそういうお気持ちは無理もないかと思います。そこで実際この1週間の調子を伺いましたが、頭がうまくまとまらなくて、お仕事をするのもつらい状態だと感じました。ですから、ここは休みましょう!そうすると回復も早くなって、結果的に早くお仕事がうまくできるようになると思いますよ」
患者さん「そうなんですか…」
自分「ここは撤退する勇気を持ちましょう。今は休むのが仕事とお考えください」
患者さん「はい…。分かりました」
自分「会社のかたに迷惑をかけているというお気持ちは確かにあるでしょう。ですから、良くなったら恩返しをしましょう。そのために今は休むことがとっても大事になりますから。急がば回れとも言いますし」
患者さん「はい…」

 生活が苦しくなるレベルのうつ病になると「迷惑をかけている」という気持ちから逃れられなくなります。そこはこちらがどう言っても患者さんに残るので、それはもう認証してしまったほうが良いでしょう。その上で、患者さんに出来ることは何かを示します。そのための言葉が「撤退する勇気を持ちましょう」と「休むのが仕事です」の2つ。微かでも良いので踏ん切りを持ってもらうために、撤退する勇気を持つようにとお伝え。そして、仕事への親和性が高くなっている状態には、休むことそれ自体が仕事だとお話しします。

 そして、迷惑をかけているという気持ちを利用 (?) して、「良くなったら恩返しをしましょう」と自分は言っています。迷惑をかけていると思っているのなら、その負い目があるのなら、改善した暁にはその恩を返そうではないか、という気持ち。

 そうすると患者さんは休職に少し前向きになってくれます。かつ、改善して復職するという時には「誰か他の社員がうつ病で苦しんでいたら、ぜひ助けてやってほしい。それはうつ病を経験したあなただからできることなのだ」ともお伝えします (恩返しの一部)。そうすることで、患者さんの役割、しかもその人にしかできない役割が生まれます。

 会社で頑張っていた患者さんがうつ病で休む時、そして会社に戻る時。この節目はとても大事にしたいところですね。今回のワンフレーズは "恩返し" の部分を取り上げましたが、"撤退する勇気" や "休むのが仕事"、そして "他の人が苦しんでいたら助けてやってください" というのもとても重要です。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2185-54a0f036
トラックバック
コメント
いつも分かりやすい解説をありがとうございます。
「迷惑をかけているという気持ちはいっそ認証してしまうのがよい」という先生のお考え、私も同感です!ただ、復帰の時に「今まで休んでいた分を取り戻さなきゃ」と恩返しをはりきりすぎる方も多いので、復帰時には「逆転満塁ホームランは狙わずに、まずはこつこつバントから」といったことをお話しすることもあったりします。
あゆ@STdot 2018.02.23 18:37 | 編集
>あゆ@ST さん

ありがとうございます。
おっしゃるとおり、復職時は頑張りすぎる患者さんもいるため、ゆとりを確保しながら仕事に慣れていくことが大事ですね。
m03a076ddot 2018.02.28 16:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top