FC2ブログ
2018
02.19

学生時代をどう過ごしてきたか

Category: ★学生生活
 国試関連の記事を挙げたついでということで、学生時代はどうやって生きていたんだろうかと思い出してみました。

 再三再四お話ししているように、自分には友人と呼べるほど親しい人がいなかったので、社交的とは程遠い生活でございました。他者と遊びに行くということもなく、だってその相手がいないんだから…。京都には一人で旅行をしていた記憶がありますよ。でも仮に友人がいても、一人で行動するのが良いですね。だって誰にも気兼ねしなくて良いし、歩く速度も他人に合わせる必要ないし、興味のある所だけ行けるし。これは今でもそうなんですけれども。

 なのでどう勉強していたか、ということになろうかと思います、自分の学生時代は。これも反面教師として扱っていただきたいのですが、自分はかなり好き嫌いが強くてですね、興味のあるものはマニアックに勉強するのですが、やる気の湧かないものは合格スレスレでもまぁ別に良いやろというスタンスでした。頭の良い学生さんは違いますね、優等生というか何というか。なぜこんな教科に力を注げるのだ…!と思ってしまうほど、すべてをきちんと勉強します。これはホントに脱帽。飽き性の自分には真似できないのです。そんなんだから成績は安定しませんでした。

 自分の大学は成績を

・不可:59点以下 (追試になる)
・可:60-69点
・良:70-79点
・優:80-89点
・秀:90-100点

 という分け方にしており、これは多くの大学がそうだと思います。自分は2年生の時に発生学という試験で不可をとりましてね…。疫学では61点という冷や汗の通過で、他もギリギリのものと優と秀とが入り混じる、なんだかものすごい乱気流に巻き込まれた飛行機のような成績だったと記憶しています。

 そのマニアックな勉強が功を奏したのが神経解剖という科目。脊髄視床路などの走行をすべてイラストで描けるくらい暗記しており、教科書もバッチリと読み込んで、試験でも用紙いっぱいにびしっと走行を描きました。それで高得点を取ったのです! 確か98点! すごい!(自画自賛) 他には組織学かな? 前期と後期とで分かれていて、前期は点数がそうでもなかったのですが、後期の点数が何だか良かったように覚えています。合わせ技で合格!みたいな。

 マニアックがボテボテの内野ヒットみたいになったのが神経生理でした。制限時間いっぱいまで解答用紙を埋め尽くすくらいに勉強で得た知識を書いて「これは神経解剖の再来ではないか」と自分では満足していたのですが、フタを開けてみると確か点数が75点くらいだったかなぁ。70点台というのは覚えています。これはですね、回答がマニアック過ぎて基本的な知識(加点式で加点対象となる部分)が非常に乏しかったというのが後に判明いたしました。こういうこともある、というかこんなのが多かった…。免疫学も自分の好きな科目で結構勉強したんですが、あんまり点数には響かなかったような。記憶が薄いということは凡庸だったんだと思います。

 そういえば、ウイルス学では担当教官が2人でして、1人の配分が少し大きかったのでそこばかり勉強してもう1人の方はほとんどスルー。当然解答用紙は真っ白になって時間も余るので、せっかくだからと思い、ある球技の大会決勝においてこのタイプの戦い方をする人が別のタイプの人に勝ったのはなぜかということをいろいろと考察しながら書きました(バカ)。教官の教授からは「面白かったよ。点数にはならなかったけど」と言われ、そりゃそうだわなと。

 臨床科目はどうだったか覚えていないんですよね…。落ちなかったから受かってはいたんですが。眼科とか皮膚科とか整形外科とか麻酔科とか放射線科とか、あんまりやる気がないものが多くてその部分は点数が悪かったんでしょうね、性格から言って。放射線科では「とにかく分からなかったら "1回2Gy計60Gyを照射" と書きなさい」と教官の先生から言われ、その通りにして白紙を避けたらヒヤヒヤの合格でした、そういえば。麻酔科なんて試験あったっけ? 全く覚えていない。

 基本的に自分は講義を聞かずに、買った教科書で勉強するタイプ。これはよろしくありません。多くの場合は講義ベースで問題が出てくるので、持っている教科書で触れられていなかったり記載の弱いところが試験に顔を出すことも。そうなると手も足も出ない。「こんなん知らんなぁ」と愚痴を言っても「え、これ講義で話してたよ。出すって言ってた」とか「先輩の講義プリントに書いてあった」とか言われてしまうわけです。他人の講義プリント(試験対策プリント:略称シケタイ)はとっても貴重で、自分も回ってくる分はゲットして興味のない科目はそれだけ目を通しておしまいにすることもありましたが、友人のネットワークを持っている人は違った! 種々のものをどこからともなく手に入れて、効率よく勉強していたのであります。あっぱれ。

 そんなこんなで、あんまり凸凹のある勉強をしていると落とすこともあるので要注意、ということでした。そして、持つべきものは友である、ということです。試験対策のための表向きの友人でも構いません(おい)。みんながやる勉強をその通りにやれば、平均なのです。そうすれば大きなミスは少なくなるはず。中には過半数が落ちる試験もありますが、それはそれで仕方がない。受かる方がマイノリティなのだ! こういう平々凡々とした取り組みが、国試の合格につながるでしょう。みんなと同じことを同じようにやれば偏差値50となるはず。そうであれば国試で落ちることはありません。

 でも、医者になったら何かに特化してそれをトコトンやってみるのも大事。学生と医者とでは姿勢が若干異なってくるような気もします。自分が精神科で何とかやってこられているのも、勉強することが絞られたからなのかもしれません。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2180-48533910
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top