FC2ブログ
2018
02.15

国試勉強は大変だ

Category: ★学生生活
 学生の皆さんは医師国家試験が終わってひと息付いたでしょうか。今回はいつもよりも1日短い2日間で行わたんですね。でも自分は3日間やったという記憶がありません…。今更ではありますが、昔の国試勉強中のことを思い出したので、少し記事に。

 国試は合格率が約90%なので、王道の勉強をすることが大事でございます。クエスチョンバンクとイヤーノートというやつですね。中には「そんな詰め込むようなの要らないわ」と言って独自の勉強をする学生さんもいます。もちろん力のある人はそれで受かるので「すごいなぁ」と思うのですが、中には「ハリソンとカレント読んでるし」という学生さんが国試に落ちることもあって、それはそれで何だか悲しい出来事。奇をてらわずに行きましょう!

 90%が合格するとは言いましたが、何もしてなければもちろん落ちます。言い方を変えると、みんな超勉強して90%の合格率に乗せる、となるでしょうか。だからこそ外れたことはせずにしっかり標準的なことをしましょう。上述したクエスチョンバンクとイヤーノートですが、 "クエスチョンバンクは3周しろ" と言われております。あんなのを3周だなんて大変だなぁと思いますし、これを達成するには "一人で勉強せずに友人と複数人で取り組むこと" が重要とも言われます。あとは、国試浪人は合格率が50%くらいとも言われますね。やはり1年を通じてモチベーションを保つのは大変なのでしょう。

 裏を返せば、不合格の明らかなリスクファクターは、 "クエスチョンバンクとイヤーノートをやらない" "一人で勉強する" "国試浪人" となります。

 自分は国試に合格してこうやって医者稼業を行なっておりますが、合格偏差値は50台前半 (53くらいだったかな?) でして、実にその他大勢的でした。特に抜きん出ていることもなく…。頭のいい人はさすがで、60超えは当たり前という感じ。合格した後になって色々と知ったのですが、やはり自分は結構危ない勉強方法だったようです。

 まず、クエスチョンバンクは平均して1周弱だった。特に麻酔科とか精神科とかはあまり手を付けなかった…。メジャーでも1周くらい。つまりは飽き性なのですが、これはいけません! でもイヤーノートには鬼のように書き込んでいました (弁解)。当時のイヤーノートは保管してあるなぁ、思い出として。

 そして、これが痛いのですが、一人で勉強していた、ということです。残念ながら自分には友人と呼べるような人がおらず、他のみんながグループで勉強している中、一人で…。お誘いもなく、かと言って自分から仲間に入れてと言うようなコミュニケーション能力もなく…。学生6年間何をして生きてきたのかと。。。そんな輩が今は精神科医で患者さんとコミュニケーションを行なったり講演会で喋ったりでございますよ…。人って変わりますね。

 自分一人で勉強すると、どうしても苦手な分野は手薄になり、クエスチョンバンクも濃淡ができてしまいます。かつ生来の飽き性から同じものを何周もだなんて強制されない限りやらない。合格したから良いものの、もし不合格なら笑えなかったですね…。

 ということで、友だちをつくるのは大事、というメッセージでした。そんな簡単につくれていたら苦労しねーよ、というツッコミが昔の自分から聞こえてきそうだ。今でもねぇ、一人が好きなんですよ…。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2178-8623d2bd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top