FC2ブログ
2018
01.27

お夕飯のお味噌汁

Category: ★本のお話
 医学書院さんから2017年に出版された青木省三先生の本、『こころの病を診るということ』を読みました。と言っても、読んだのは去年のかなり前でして、感想を改めて書く余裕がちょっとなかったというのが実情でございます。

 この本は患者さんに会う前の心構えから始まり、会ってから診断・治療・支援に至るまでの青木先生のプロセスが書かれています。気取った言葉が出てこず、親しみやすい日常語。青木先生の素朴な診療姿勢が見えるかのようです。

ゆとりを持つこと
患者さんを一人の人間として見ること
患者さんやご家族への気配りを忘れないこと
できるだけ傷つけないような態度と言葉でいること
苦しみがありながらも生き抜いてきたという強さがあること

 などなど、決して饒舌ではない文体から ”いつくしみ” がにじみ出てくるようです。

 そして、発達と心的外傷を考慮に入れて患者さんを診ていく姿勢は、旧来の ”診察の心構え” 的な本にはない特徴で、青木先生ならではでしょう。今の時代に非常に即しています。

 また、DSMやICDといった診断基準については慎重に言葉を選んでいるようにも見受けられます。中にはこれらの診断基準を過激な言葉で批判する本もあり、往々にして大御所的な先生がそれをしています (そういう先生に限ってEBMの意味を間違ってとらえている)。しかし、青木先生はそうではなく、診断基準の重要性も理解しつつ、それによる診断で患者さんを全て理解したことにはならないよ、と忠告しています。このバランスの取れた語り口が紳士的でもあり、現実的でもあるのです。

 分からないことは「分からない」と正直のおっしゃっている面も助かります。何でも理論でつなげて「こうだ!」とする本もあったり、有耶無耶にしてしまう本もあったり。でも青木先生はそうでない。こういうのは、特に若手の精神科医を助けてくれますね。「青木先生も分からないんやなぁ。世の中説明できることばかりではないんや」と納得できるのです (でも勉強しない免罪符にしてはいけません)。

 あとは、日々バタバタと忙しい臨床をしていると、つい目先の症状の改善に我々も患者さんもとらわれてしまいます。そこを指摘してくれており、"患者さんにとっての良い人生" を考えるように本の要所要所で教えてくれています。当たり前のことなんですけど、忘れてしまいがち。当たり前だからこそ忘れてしまうとも言えますが、「患者さんが良い人生をおくるためには何が必要だろうか?」と考えること、そして診察で話題にすることが航海の羅針盤にもなってくれるでしょう。

 読んで「これは売れるやろなぁ」と思っていたら、本当によく売れているみたいでして、とっても羨ましい (超本音)。でもこれが売れるということは、まだまだ日本の精神医学も捨てたものではないぞとちょっと安心しているのです。難解な言葉に彩られていない、言ってしまうと地味なタイプの本です、この本は。でも抑制の効いた文章の底に流れる患者さんとご家族への思いが十分に見えていて、売れるということはそういうのを日本の精神科医が渇望していたのでしょう。これはとってもイイコトなのです。「最近の精神科医はDSMばかりで…」と批判ばかりしてはいけないのですよ。

 これは現代の名著と呼ぶにふさわしい出来であり (エラそうですみません…)、若手の精神科医はみな読むべき、と思いました。若いうちにこういう良質で読みやすい本に触れておくのは大切であり、何と言っても「患者さんは傷つきながらも生き抜いている。そこに彼らの強みがある」という視点を得られる絶好の機会です。やたら難しい言葉を振り回して煙に巻くものも多い中、貴重な本だと実感しています。

 若手の精神科医以外にも、精神科に興味のある研修医や学生さんにもおススメできます。それだけ多くの人が読める文で書いてくれているというのがオドロキですね。難しい内容を、質を落とさず分かりやすく書くというのはとても大変で、かなりの知識を要求します。青木先生はそれができる稀有な書き手であったのです。

 派手さがなく、素朴。でも味わい深くて欠かせない。どこかホッとさせてくれる。そんな意味で、お夕飯のお味噌汁みたいな本だなぁと思ったのであります (しかも季節は冬ね)。

 褒めてばかりだとステマのようにも思われるかもしれないので、「これはおかしい!」と思った点を挙げてみましょう。探してみると、1つありました! 持っている人は257ページを開きましょう。比喩を用いて服薬を勧める時の言葉。


風邪で39度くらいの熱が出ると、解熱薬や抗菌薬を飲まないと苦しいですよね。


 皆さん、お気づきでしょうか。そうです



風邪に抗菌薬は使いません!



 むしろ有害事象が増えるので、抗菌薬を風邪には用いないのが大原則なのです。

 つまり、これくらいしか言うところがない、それほどすごい本なのでした…。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2174-f05ea118
トラックバック
コメント
先生が紹介してくださった青木先生の姿勢の5番目は、
患者としては涙が出るほど嬉しいお言葉です。

鬱というのは死に至る病ですが、他の精神疾患もそれ
ぞれ辛いものでしょう。それを乗り越えて、また折り
合って生きている者を尊重して下さってるのですね。

また、先生が「患者にとっての良い人生」を考えて
くださるのも、とてもありがたいことです。

私のような双極性Ⅱ型の患者に対しては、医師やカウン
セラーさんの中には「鬱気味で暮らすのが良いですよ」
ときっぱりとおっしゃる方もおられます。

患者とはいえ、他人の在るべき型をご存知とは、大した
もんですな!と皮肉のひとつも言いたくなります。
(もちろん言いませんが)

こんなセリフが出ると、自分が一人の人間ではなくて、
「双極性患者」という生き物として扱われているように
思われてしまいます。

m03a076d先生や青木先生のような医師が多数かになって
くれたらいいですね・・・
yukodot 2018.01.31 16:56 | 編集
>yukoさん

ありがとうございます。
患者さんの「どう生きていきたいか」というのは大事な目線ですね。
神田橋條治先生という有名な先生は、双極性障害患者さんは「気分屋的に生きてみなさい」とおっしゃっていました。
波に揺られ飲まれるのではなく、うまく自分の波を把握して自分自身で波に軽く乗っていけるのであれば、それがベストなのだろうなと思います。
m03a076ddot 2018.02.03 09:02 | 編集
はい。私もそう思います。
波に逆らい続けて生きていくのはあまりにもしんどいです。

神田橋先生には、一昨年の春、伊敷までセカンドオピニオン
を聞きに行きました。

先生は「波と折り合うのではなく、波を活かして生きなさい」
そして、「賢い患者になりなさい」とおっしゃいました。

ものすごくハードルが高いアドバイスですが、この言葉は今も
私の指針になっています。

yukodot 2018.02.06 13:26 | 編集
>yukoさん

ありがとうございます。
神田橋先生にはお会いされていたのですね。
波を活かすには、自分の波のスタイルを知ることが大事ですね。
そこを冷静に見つめながら、うまく波とお付き合いすることが目標になるのだと思います。
めちゃめちゃ難しいですが、取り組むことにこそ価値があると考えています。
m03a076ddot 2018.02.07 09:11 | 編集
もなか先生、お返事ありがとうございます。

神田橋先生は、同じ空間にいるとほっとするような御仁でした。

もなか先生のおっしゃる通り、自分のスタイルを知るには自分の
気分がどんな時でも客観性を持つことが必要です。

この癖の強い脳で、そんな事ができるんだろうか・・・

神田橋先生にそう弱音を吐いたら、「できるよ」と、きっぱりと
おっしゃいました。嬉しいと同時に身の引き締まる思いでした。

でも、具体的にどうしたら良いのかわからなくて、神田橋先生の
お名前を検索していたら、こちらのブログにたどり着いた次第です。

もなか先生にいただいた「ゆとりを大事にする」というお言葉は、
客観性を維持するために大いに役立っています。

おかげさまで、今は2年前よりずいぶん楽になりました。
ありがとうございます。


yukodot 2018.02.07 12:05 | 編集
>yukoさん

ありがとうございます。
神田橋先生がびしっと「できるよ」と言ってくださるのは、大きな自信になるかもしれませんね。
具体的な部分ってやはり人それぞれのところが大きいので、患者さんは皆さん試行錯誤して見つけています。
医者はちょっと曖昧な言い方をして、それを患者さんが持ち帰って考えてみる。
そういう繰り返しが重要なのかなとも思います。
m03a076ddot 2018.02.11 09:23 | 編集
もなか先生

ご紹介いただいた直後に購入し、2回読みました。
私は総合病院で働く看護師、そして1年前から最近まで精神科の患者体験をした者です(過去形です)。

これまで精神科医や患者さんとの接点がほとんどなく、この領域のことを存じ上げておりませんでした。
「こころの病を診ること」を読み、精神科医がどのような診療姿勢で診療に臨まれているかが分かり、ちょっと身近な存在になりました。

文中のエピソードや症例からは、知人や知人の家族のことが想起され、精神科疾患が急に身近に感じられました。

自分が患者になり、そしてこの本を読むまで、たまに出会う精神科患者さんのことを苦手意識を持って接していたことに気付きました。この気づきが一番の学びでしたね。

ありがとうございました。
しらたきdot 2018.05.05 19:27 | 編集
>しらたきさん

ありがとうございます。
青木先生の本からは、患者さんががんばってこれまで生きてきたのだ、そこを応援していく必要があるんだ、というのが読み取れるかなと思いました。
押し付けがましくなく、そっと見つめるような、そんな本だと考えています。
m03a076ddot 2018.05.08 09:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top