2017
09.16

舌の根が乾かぬうちに

Category: ★精神科生活
 2017年7月に、精神神経学会に(嫌々ながら?)行ってきましたというお話を記事にしました。そこでは


もう当分学会には出ないでおこうと固く決心


 と書いたのでありますが、何と11月に別の学会に行くことにしました!

 まさにタイトル通りではありますが、これは強制されてではなく、自らの意思で決めたのです…! なんと、そんな余力がまだあったとは。

 実はですね、今月に”日本てんかん学会”の会員となりました。会員になるには評議員や正会員の先生がたの推薦が必要なのですが、周りにそんな先生が全くおらず…。この交友関係の狭さが色々と不都合を生み出しているのは重々承知してますが、何ともはや。日本てんかん学会のHPには「そんなアナタ、まずは事務局にお電話を!」という内容の文言が記載されていたので、電話をかけたのであります。

 すると「推薦人の欄は空白にして、用紙にそれ以外を書いて送ってください。推薦人はこちらで探しておきます」とのこと。あ、そんなんで良いんやね…。で、晴れて会員になれたのです。

 ”てんかん”はもともと三大精神病の1つと言われておりました。精神科との縁は長く、古くは満田久敏先生の提唱した”非定型精神病”があります。てんかん、躁うつ病、統合失調症の”あいだ”にあるのが非定型精神病である、いやむしろ非定型精神病が中心であり、それら疾患は非定型精神病から派生しているような印象も一部にありました。とはいえその”てんかん”は立派な器質疾患だということが判明し、精神疾患から外れた経緯があります。そこからてんかんの診療は神経内科がメインとなり、精神科はあまり携わらなくなりました。精神科は、常に不確定な疾患を診る科なんだなぁと実感。器質因が判明すれば精神疾患から外れるんですもんね。ただ、非定型精神病と思しき症状を認める患者さんは無きにしもあらずで、興味深いところです。

 さて、そのてんかんの中には精神疾患と紛らわしい症状を認めるものもありまして、側頭葉てんかんや前頭葉てんかんがその好例です。何もガクガク全身が震えるのだけがてんかんではありません。最近は認知症との鑑別でも話題ですね(認知症がてんかんのリスクファクターでもありますが…)。もちろん、てんかん患者さんの精神症状やPNES(心因性非てんかん発作)は精神科医がしっかり携わるべきものだと思っています。

 さらに、最近はてんかん患者さんのてんかんそのものの治療を新規ですることが多くなり、やっぱりてんかんとその薬剤についてしっかり知らねばいかんな、と思うに至ったのであります。”てんかんなら何でもバルプロ酸”なんていうのはいけません。ちょっと前に、病歴から複雑部分発作の二次性全般化と判断した患者さんが、その前の病院ではプライマリーな全般発作と考えられていた、なんてこともありまして。そうなると治療に用いる薬剤がちょっと変わってきます。ところが、てんかん診療をしっかり行なっている精神科医はあまり多くなく、周囲には全くいません(学会員が周りにいないし…)。

 よって、自分で色々勉強しているのですが、独学のみだとちょっと心細いんですよね、実は。漢方はみんな言ってることが異なる(良い意味でも悪い意味でも)ので、独学で大きなマイナスは少ないと思っています。でも、てんかんは自分の治療に疑心暗鬼となってしまいまして。自信がないんですよね。

 ということで、学会員になって、学会にも参加してみよう!と思ったのです。これまでは学会に参加する意義が分からなかったのですが


自信のない時、自分の現在位置を確かめるために


 と自分なりに考えました。「自分の行なっている治療はどうなんだろう?」「ちょっとしたコツってあるかな?」というのを探しに。精神疾患でも心細さはあるのですが、周囲にたくさん教えてくれる先生がいます。しかし、てんかんはそうでないため、学会に参加してみようと思いました。もちろん今は文献やUpToDateを見れば必要なことが書かれていますが、それに加えて”人から聞く””人が集まっている”ということで心細さを解消しようという目論見なのです(学会の内容だけで勉強なんてのはもちろんダメでしょう)。

 今年の日本てんかん学会学術集会は京都で、11月3-5日に行なわれます。ちょっと行って勉強してきますよ。観光じゃないですからね。本懐は勉強です、たぶん。あー、でも泊まるホテルが錦市場の近くなんですよねぇ・・・。これはヤバい。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2151-6fa1bbd1
トラックバック
コメント
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

自分の不調も底は打ったのではないかと思います。
でも上昇しているかと言われるとなかなか難しく、職場の配慮の下でゆるりと働いています。
レベチラセタムの易怒性はどんな人にでも起こりうると考えて良いかと思います。
自分は機序を知りませんが、ビタミンB6の内服でその易怒性が軽くなることもあるようですよ。
m03a076ddot 2017.09.25 17:15 | 編集
返信ありがとうございます。
ブログをいつも楽しみにしておりますので、少し安心しました。無理をなさらずゆっくり養生してください。

LEVの件、ありがとうございました。
恥ずかしながらVit.B6との併用については全く知りませんでした・・・。以前臨床主体だったころ、リエゾンで難治性てんかんでAED多剤内服、LEV併用の中学生の衝動性について小児科からコンサルトを受けたのですが、知っていればVit.B6も試してみたかったところです。軽く検索してみただけでもケースレポートやケースシリーズが多いですが、いくらか報告はあるようですね。機序ははっきりしないようですが・・・。
水溶性ですしデメリットもあまりないかと思うので、少し試してみようかと思います。
読者Adot 2017.09.25 19:23 | 編集
>読者Aさん

ありがとうございます。

レベチラセタムは本当にいいお薬なんですが、精神系への副作用は軽微なものを含めてまま見られるような感覚があります。
ビタミンB6が効いてくれると良いですね。
m03a076ddot 2017.10.01 07:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top