2018
05.08

若手医師にこそ読んで欲しい

Category: ★本のお話
 少し前にも紹介した、医学書院さんから出ている中井久夫先生の『看護のための精神医学』。看護師さん向けですが、精神科医になりたて~少し経ったような若手医師にも読んでもらいたい、と思うのです。

 紹介した際にも引用した以下の名文。


看護という職業は、医師よりもはるかに古く、はるかにしっかりとした基盤の上に立っている。医師が治せる患者は少ない。しかし看護できない患者はいない。息を引き取るまで、看護だけはできるのだ。


 看護師さんにとっては希望の文だと思います。挫けそうになった時、この言葉に救われたというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。でもこれを前面に出すと「看護は絶対善である」と勘違いしてしまうかもしれないので注意をしてください。善というのは相手が善だと思って初めて善になります。こっちが善だと思っていても、相手からすると ”ありがた迷惑” になるかもしれません。手当てというのは看護の原点でしょうが、不用意に手を当てることは、患者さんの痛みを強くしてしまうこともあるでしょう。中井先生の名セリフはそっとこころに仕舞っておいて、疲れた時や大変な時にちょっと思い出して、やわらかい明かりを灯す感覚でいるのが良いのだと思います。この文を看護の優位性と勘違いしてはいけません。看護師さんが「私たちは、医者に出来ないことをしているのよ!」と声高に叫んだ時点で、それは傲慢へと転がり落ちるでしょう。この言葉を間違って使ってほしくはないなぁと思うのです。

 そして、これは医者も銘記しておくべきではないでしょうか。若手医師はちょっと仕事に慣れてくると妙な自信を持つようになります。それは大いなる勘違いなのですが、その自信はともすると医者以外の医療従事者を下に見ることにもつながりかねません。「オレが治しているんだ!」という、井の中の蛙な状態ですね。そうなってしまうと、その態度は他の医療従事者に伝わり、彼らの態度もまた硬直化してしまいます。それがさらに医者に伝わり、一匹狼的な様相を呈し誰も近づかなくなる…。まさに悪循環。

 そんな風になってしまう前に、看護は医者のなす狭い医療が持たないしなやかな強さを有しているのだ、というのをこの本で学んでもらいたい、そう思うのです。 "看護のための" 精神医学ではありますが、それは同時に広く "医療のための" 精神医学でもあると感じています。薬剤の効果が乏しい患者さんはいくらでもいます。その時、「オレが!」というタイプの医者は「薬が効かないんなら何したってムダ」と見切りを付けてしまうかもしれませんが、そうならないようにこの文を思い出すべきでしょう。星野弘先生の『分裂病を耕す』(最近 ”新編” として出版し直されましたね)を読むと分かるかもしれませんが、本当に地道なんです。特に統合失調症患者さんとは、侵襲を与えない人として接し、ゆっくりと孤立を緩和していくことが大切なのだと再確認できると感じています。確かに、今の精神科では外来で1日数十人診て、抱えている入院患者さんも数十人、その中には急性期の患者さんも多いでしょう。そんな中ではなかなか慢性期の患者さんに割ける時間は多くないのが実情です。でも何とか少しでも安心できる関わりを増やすことが出来れば、それは治療的に働くのだと思います。そして、その関わりは看護の理想形に近くなるのでしょう。薬剤が効く入院患者さんであっても、医者だけが治している・薬剤だけが治しているのではありません。看護師さんがどれだけ患者さんの状態をチェックしてくれているか、ちょっとした話を聞いてくれているか。私たち医者は患者さんと実際に関わる時間はとても短いのです。多くの時間は看護師さんが患者さんとのつながりを保ってくれている、そこを知らねばならないのだと思います。

 医者にとっては自分自身の限界をしるための自戒として、看護師さんにとっては辛い時の希望の光として、この名文は存在しているのでしょう。

 『看護のための精神医学』の内容を読むと、理想論と思われるかもしれません。中井先生ならではのところは確かにあると思います。でも、理想を持ちながら現実を見て医療をなすことも大切でしょう。理想ばかりでも現実ばかりでもよろしくない。両方に根ざした関わりが求められているのです。そのバランスのために望ましいのは、春日武彦先生の『援助者必携 はじめての精神科』も合わせて読んでおくこと。こっちは現実的な路線を重視しており、実臨床での苦悩と良い意味での諦め(?)が分かるかなと。「あーこういうのってあるよねぇ…。つらいなぁ」と色々と困ったことが思い出されますが、「こうすれば良いんだな」という現実的な対処が身につくでしょう。毛色の違う2冊が相乗効果をなしてくれる気がします。

 ということで、精神科医になりたての後期研修医あたりに読んでもらいたいなと思ったのでありました。2冊とも。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2145-d05c9c7c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top