2017
07.02

精神神経学会に行ってきました

 学会は行く気がなく、のっぴきならない事情がない限りは極力避けて人生を過ごしてきたのではありますが、今回は本当に残念ながらそののっぴきならない事情に至ってしまい、本当に本当に意に反して行かざるを得なくなってしまったのであり、これは誠に遺憾としか言いようがなく、慚愧に堪えないとはまさにこのことなのであります。しかも最近は身体の調子が良くないし、泣きっ面にスズメバチです。

 2017年6月22-24日に渡って精神神経学会が名古屋の国際会議場で行なわれました。こちらがその場所。

RIMG0745_201707021045427db.jpg

 エスカレーターを降りると、受付っぽい感じの空間が見えます。

RIMG0746_201707021045447f0.jpg

 そして、こちらはイベントホールのポスターセッション会場。ちらりと。人がそんなに多くないですね。

RIMG0747_20170702104544533.jpg

 ちょっと施設内をお散歩していたら、シャチホコさん発見。

RIMG0748_20170702104643e5f.jpg

 おやまぁ、外には大きな像が。何でしょうね、ホントに大きいですよ。

RIMG0749_20170702104548c31.jpg

 自分は行かねばならない時間帯だけ行くという方針を打ち出し、24日のその時間だけ行ってすぐに帰るという、滞在時間が学会に参加した人の中で一番短いのではないかと思うくらいの感じで、ピューッと逃げました。帰りはコメダ珈琲店で癒されたのです。

 幸いにも地元が名古屋なので交通などは手軽で帰るのも簡単ではありますが、地元が名古屋だからこそ不幸にも学会に顔を出さねばならなくなったというのも事実であります。何と言って良いのやら。

 もう当分学会には出ないでおこうと固く決心。専門医なんて面倒くさいから取る気がなく、学会に行ってポイントを貯めないと…という強迫観念からも自由なのです(学会に出てポイントを貯めないと専門医の資格が失われるのです)。取るように! というプレッシャーが色々、特に上の方からかかっておりますが、取らずに済むところまではそのままで行きたいという、生来の面倒くさがりがここに結実しております。去年は一度も学会に出てないし、2年前はこれもまたのっぴきならない事情でうつ病学会にチラリと行っただけだし。行くんだったら楽しもうよと思うのが健全かもしれませんが、全体的に意欲が低下しているのもあって、外に出るのすら面倒くさい。仕事は仕方ないから行ってますけど、働かなくて良いんならいつだって引きこもる準備はできてるんです、こっちは。今年も年末ジャンボ買うんだ。

 自分の興味にバシッとハマるコアな学会があれば、ちょろりと行ってみたいんですけどね。でも出席する先生がたの人数が少ないとそれはそれで緊張するし。日本東洋心身医学研究会っていうのに昔一度行ったことがあるんですけど、あんまりパッとしなかったので、それ以来は出ていないのであります。これだけインターネットが盛んになっているので、学会の役割というのも変わってきているのかもしれませんね。学会は人と人とのつながりをつくるところなんだよと教えてくれる先生もいるんですが、自分はその人とのつながりが嫌いで…。もはやどうしようもない。でもなぁ、専門医取得が免れない状況になったら、必然的に学会参加も定期的にせねばならないか…。そうなったら覚悟を決めるか。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2140-bd6b401d
トラックバック
コメント
名古屋で学会とは聞いておりましたが、結構地味な感じで意外。お土産は「とらや」のういろでお願いしたいです。先生的には生敏学会とかあると面白いのかも。わたしも年末ジャンボとか、有馬の万馬券で家政婦さん雇ったら通院以外引きこもる準備はできています
さくらdot 2017.07.02 19:36 | 編集
>さくらさん

ありがとうございます。
おっしゃる通り、何となく活気が乏しいというか、熱気が感じられませんでした。
木村敏先生であれば、河合文化教育研究所主催の ”臨床哲学セミナー” があるので、そこかなぁと思っています。
去年チラッと行ってみて面白かったので、今年も時間が空いていれば行こうかどうしようかと悩んでおります。
それにしても、お金ってなかなか舞い込んでこないですね。
m03a076ddot 2017.07.07 16:31 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
dot 2017.08.18 10:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top