2017
08.19

その意欲はどこから湧くんですか?

 今後の身の振り方、を考えることがたまにありました。今はだいぶ固まっておりまして、そうそうブレることはなかろうと。

 医者として生活していく上で、大まかな道としては、”臨床・研究・その両方” の3分類があるかと思います。自分は「研究とはどんなものかしら」と思って大学院に行ってみましたが


こりゃアカンわ…


 ということで、撤退。研究はとても大事で、自分の頑張っていることが広まってそこから患者さんの治療に結びつくのは、医者冥利に尽きるとも言えましょう。自分の臨床だけだと関与できる患者さんは限られていますが、研究→文献という形であれば、その数は膨れ上がります。その大事さは分かっているつもりですが、残念ながら自分は研究への適応性がないなという実感があります。

 だから研究をどんどんして論文を書いている先生ってすごいなーと思っちゃいまして。留学している知り合いやこれからしようという知り合いもいます。もちろん高い地位を目指すぞという上昇志向が研究のエンジンになっている人もいるんでしょうけど、それにしたってすごいですよね。本当にそのやる気が羨ましい。自分は大学院にいて良かったのは ”色んな学割が有効” てなもんでしょうか。あとは大学が契約している雑誌の論文の全文を閲覧できたところか。恐ろしいくらいに意欲がなくなってしまって、特に2015年の後半から2017年の前半にかけては引きこもりがちになるほどで、暗黒時代みたいな感じがしました。こころも重いし身体も重い。常に一定以上の疲労感と閉塞感が取り憑いているような。今もまだだいぶ引きずっていてますけど、振り返ると当時のあのやる気の欠如は恐ろしいものがありましたよ。

 でも大学院に行ってみて、自分には研究の落第者というのが分かったので、それはそれで良かったと思います。だから、今後は病院の片隅でひっそり生きていこうと、それはそれは強く決意しているのです。何か世間様に出来ることがあるとすれば、ケースレポートでしょうか。しかしそれももうちょっと意欲が回復してこないと無理だなぁ。今は完全に ”気” がない。たぶん今世では無理で、来世になったら大丈夫かも(また人間に生まれ変われたら)。精神科病院でのこじんまりとした生活を今後も続けて大事にしていこうという感じです。それ以上に手を広げる余力は自分にありませんでした。

 以上、身の振り方の道筋でした。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2139-2a69021e
トラックバック
コメント
現場を少し離れて大学院にいらっしゃると、以前に書いていらしたのは、記憶に残っております。

逆に全てのお医者様が研究にしか興味がなかったら、困ったことになります。

まずは無理をなさらず、少し気力を養われてください。

そしてまた、「迷える子羊」に手をさしのべて頂ければと思います。
元メイラックス減量中dot 2017.08.21 22:38 | 編集
>元メイラックス減量中さん

ありがとうございます。
体調があまり戻ってこないので、仕事を縮小して生きております。
下世話になりますが、医者は仕事量を落としても、贅沢をせず慎ましやかに暮らしていれば何とかやっていけるだけのお給料をもらえるので、その点で助かったなと思っています。
自分自身が子羊状態なので、休養を続けてラム→マトンになろうと考えております。
m03a076ddot 2017.08.29 13:24 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

おっしゃるように、自分自身を大切にして、ほどよい関係性を保っておくというのが良いかもしれませんね(ほどよい、は人それぞれのほどよさがありますが)。
人は色んな回り道をして気づきますが、回り道をして様々な風景を眺めたからこそ気づいた面もあるのだと思います。
一瞬一瞬が自分を成り立たせてくれる瞬間なのだなと感じます。
m03a076ddot 2017.08.29 13:28 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

薬剤師の先生も大変ですね。
医者の中には個性の強すぎる人もいるので、なかなか疑義照会も苦労されるかと思います。
でも、いろんな職種の人と語らうことは、とても大切ですね。
自分自身の感覚がブラッシュアップされる感じがしています。
甘味については、体調が思わしくなく、あと夏で暑いというのもあって外に出ることが少なくなりまして。
近くのコメダには行くことがありますが。
体調の良い時や何らかの出張の折にちょいと覗いてみたいと思います。
m03a076ddot 2017.08.29 13:33 | 編集
こんばんは。

久々にコメントします。

無理なさらずに、ご自分のペースでお仕事されてくださいね。

でも、研究って気力が必要な大変なお仕事なんですね(^_^;)
よほど好きじゃないと続かないのかな?

ゆっくり鋭気を養いながら、臨床のお仕事頑張ってくださいませ。
回復してきたら、また違う風景も見えてくるかもしれませんし。
匿名1(ベンゾの件でお世話になりました)dot 2017.08.29 17:41 | 編集
>匿名1さん

ありがとうございます。
自分には研究は出来ないなぁと、ホントに心から思いました。
リハビリも長めにゆっくりですが、本格的に100%と考えるとまだちょっと余力がないかなと思っています。
出来ることから少しずつこなしていこうと考えています。
m03a076ddot 2017.09.03 21:35 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

精神科医は自殺率が高いようですね。
自分は研究が全然ダメでメタメタになりましたが、今は臨床をしていても身体が重くて疲れてしまってます。
患者さんも医者も人間なので、色んな感情は持つと思います。
その感情に気づきながら、おっしゃるような”枠”を重視していくのが大事かもしれませんね。

m03a076ddot 2017.09.03 21:38 | 編集
本当に無理なさらずに、お身体大切になさってくださいね。
ちょっと心配です。
匿名1(ベンゾの件でお世話になりました)dot 2017.09.03 22:10 | 編集
>匿名1さん

ありがとうございます。
職場にも配慮してもらっているので、ちょろちょろとやっていこうと思っています。
医者もなかなか自分の状態には気づかないなぁと実感しております。
他人には偉そうに言っているんですけどね…。
m03a076ddot 2017.09.09 08:53 | 編集
先生、こんにちは。

介護の無理がたたって、鬱→双極性2型の診断を受けた者です。
以前は「余裕が大事」とアドバイスしてくださってありがとう
ございました。

暗黒時代を抜けられたようで良かったです。

私は自分の体や心の声より社会的な立場や義務感を優先した結果、
すごく高くついてしまったので、先生は生き物としてのご自分に
正直になられたいいな、と思っています。

私は現在、何事にも「薄情で無責任」であるよう心がけています。
yukodot 2017.09.13 13:44 | 編集
>yukoさん

ありがとうございます。
暗黒から普通の暗闇レベルまでには回復してきた気はしますが、まだま油断ができません…。
少し晴れ間が多くなってくれればなと思ってはおりますが。
他者への期待は、がっくりな結果になることもありますね。
対人関係療法の水島広子先生の本を読んでみると、人間関係が少し楽になるかもしれません。
m03a076ddot 2017.09.16 11:32 | 編集
先生、お返事ありがとうございます。

私も、エンジン不調・ガソリンゼロの暗黒自体を抜けた後も時々エアポケットに落ちたような状態になることがあります。

その時は再びあの長く苦しい、セルモーターだけで動いた時代が来るんじゃないかと身震いするのですが、三寒四温的にだんだん春が来ます。

「だから先生も大丈夫ですよ」と申し上げたいのですが、双極性の私の経験ですから、役に立たないかもしれませんね。


対人関係の本のご紹介、ありがとうございます。

自分がやり過ぎて後で倒れる傾向があるのはわかっていたのですが、今回は「両親の介護」という性質から、深刻かつ真剣になり過ぎてしまいました。

先生のおっしゃる「余裕」はカケラもなく、親孝行だと周囲に褒められることも暴走に拍車をかけました。

自分のキャパを超えたレベルで5年間働き、その後4年間鬱になってしまいましたが、どうしたらベストだったのか今もわかりません。もう一度同じ状況になったら、またやってしまう気もします。

介護疲れで鬱になって、生まれて初めて精神科に行って、自分の体質というか性分を知ったのは良いことでしたが・・・

水島広子先生は以前知人にも紹介されたことがあります。
その時はネットで画像を拝見して「なんとなく苦手だなあ」と敬遠しました、
でも、複数の方から入ってくる情報には興味がわきます。
自分は人間関係ではお節介傾向があると思っているので、くだらない偏見を捨てて一度読んでみます。
yukodot 2017.09.16 15:23 | 編集
追伸です。私をがっかりさせるのは常に自分への期待です。
yukodot 2017.09.16 15:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top