2017
03.31

臨床のワンフレーズ(18):飛行機とカサブタ

 精神症状は、それに頭がとらわれることでまさに精神症状となります。不安はとらわれなければ症状ではなく日常の感情ですし、幻聴だって、とらわれずに聞き流せたりうまく相手をすることができれば症状ではなくなります。ちなみに、ある慢性期統合失調症の患者さんは「幻聴がなくなっちゃうのはさびしいな。少し残るように、薬なんとかなんないか?」と言います。

 精神科医は、あの手この手で症状を軽くしようとしますが、その”軽くする”は、決して量的ではなく質的なものと言えましょう。患者さんには「不安って、普段私たちが持っている気持ちと同じです。不安がなくなってしまったら、それはロボットになっちゃうことかもしれませんよ。大事な感情です」とお伝えすることが多いです。

 そして”症状”は急に改善するととても不自然ですし、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら全体として改善していきます。ゆらぎながらだんだんと、というのがこちらとしては安心できるもので、笠原嘉先生はじわじわ改善するさまを”タマネギの薄皮を剥くように”なんていう例えをしていたような記憶があります。自分は少し系統の異なる2つの比喩を使います。

自分「○○さん、症状ってよくなったり悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ上向きになっていきますからね。短い間隔で見ちゃうと、良くなった! あぁ悪くなった…、ってなって、それに○○さん自身が揺さぶられちゃいますからね」
患者さん「そうなんですねぇ」
自分「飛行機と同じで、離陸するまでの滑走と安定飛行に乗った時って大きく揺れませんよね」
患者さん「はい」
自分「離陸して安定飛行に入るまでの上昇中って、揺れることありませんか?」
患者さん「あー確かにそうですね」
自分「それと同じで、症状も上昇中は揺らぎがあります。でもそれは安定飛行に入るまでは必要な揺らぎですので」
患者さん「はい」
自分「短期的に見ちゃうと、さっき言ったように症状の揺らぎに翻弄されちゃうので、揺らぎは織り込み済みとして、長期的なスパンで見ていきましょう」

 というのが飛行機の例え。揺らぎをあるものとしてまずは認識してもらうと、とらわれが少なくなります。そして、長期的な視野を持ってもらうことも強調しています。

 もう1つはカサブタの例え。

自分「○○さん、症状ってカサブタみたいな感じで治っていきますよ」
患者さん「はぁ」
自分「カサブタって、つい剥がしたくなるんですけど、ペリっと剥がすとどうなります?」
患者さん「痛いし血が出ますよね~」
自分「ですよね。症状も気になって無理になくそうとすると大変だし、また血が出るみたいにひどくなっちゃいます」
患者さん「それでカサブタみたいってことですか」
自分「そーなんです。カサブタは自然にポロッと取れて気がついたら傷が治ってるっていうのが本来のもので、症状も同じと考えてください」
患者さん「自然にポロッと取れますか」
自分「はい。早く治そうとして剥がすのではなく、そのままにしておく。するとだんだん小さくなってポロッと行きます。大事なのは、なんとかしようと思いすぎないこと。剥がして血が出てまたカサブタが出来て、の繰り返しにならないことが大切です」
患者さん「なかなか難しそうですね…」
自分「ですね。確かに難しいんですけど、これからも診察の時にまた取り組んで行きましょう」
患者さん「はい」

 こんな感じ。

 一回の説明でうまくいくことは少ないので、診察のたびに”とらわれ”や”ゆらぎ”を話題にします。その流れでマインドフルネスを紹介することもありますし、ワークブック形式が好きなら書き込み式のセルフヘルプ本を紹介して、それも診察で話題にしていきます。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2124-a4383831
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top