2017
05.17

臨床のワンフレーズ(19):何もないのは平和のしるし

Category: ★精神科生活
 色んな精神疾患がありますが、寛解をキープしていると診察で特に話題にすることが無くなってきます。

自分「いかがですか?」
患者さん「特に変わったことはないですねぇ」
自分「お元気に暮らしてらっしゃる」
患者さん「はい。もうすっかり」

 こちらが「この患者さんは元気にやってるなぁ」と想像できるような時は、基本的に患者さんはとても元気です。「変わりありません」と言われても何となく診察の場が淀むというか停滞するような感じが繰り返される時、患者さんは良い材料が見つからず低空飛行が続いているのでしょう。その時は以前のワンフレーズにあった”こころのお天気”などの比喩で変化球を投げてみると良いかもしれません。

 で、寛解で元気な場合、患者さんが「変わりないって毎回言うのも悪いなぁ…。何かないかなぁ」と考えることがあります。そうなると診察の場も緩やかではなくなるので、こちらから


自分「何もないっていうのがいちばん平和ですね」
患者さん「あ、そうかもしれませんね」
自分「お元気だったら、自信を持って、何もないって言ってください。平和のしるし」
患者さん「はい、分かりました」
自分「何かあったら、それはすぐに言ってくださいね」
患者さん「はい」


 こんな感じでお伝えします。「何かつくらなきゃ…」と焦ると、患者さんにとって診察が苦しく感じられます。「何もないことも大切な情報なのだ」と理解してもらうことが大事でしょう。もちろん、お薬を減らせる状況なら減らすので、診察ではその具合もお聞きすることになります(その果にはお薬ゼロ→終診もあります)。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2123-2bcad4ce
トラックバック
コメント
佐藤と申します。
以前、母のせん妄について質問させていただきました。当時はデパスが原因で幻覚を見ていたのですが、いまだに幻覚、夜間異常行動、すり足などの症状が続いていたので認知症検査をしました。先週母の検査結果が出てレビーと診断され、明日からアリセプトを服用させるのですが、正直不安でいっぱいです。ネットで体験談を見ていてレビー患者にはドグマチールはいけないと書いてあるものが多かったのです。母は長期にわたり朝、夕とドグマチール50mgを服用しています。
アリセプトは認知症検査をした先生からかかりつけの内科の先生に指示があったものですが、ドグマチールは内科の先生が出されているものです。実際に飲ませてみないとわかりませんが、今母は表情もなくなり、歩くのもやっとの状態なので、とても怖いです。
先生、ドグマチールはレビーに対してどうなのでしょうか。
お忙しいところ申し訳こざいませんが、ご回答いただけると嬉しいです。
佐藤美幸dot 2017.05.22 20:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top