2017
03.29

何だか切ないね

 さだまさしさんのグレープ時代の歌に、”追伸”という歌があります。女の子の片思いと失恋を歌い上げていて、自分の好きな曲でもあります。今回は、その歌詞をちょっと考えてみようかと。

 好きな男の子の指に包帯が上手に巻かれてある場面が登場します。女の子は「誰が巻いてくれたんだろう」と気になる。”上手に”巻かれてあるというのが別の女性の存在を示唆していますね。怪我に気づき、上手に包帯を巻く女性というのは撫子的でしょう。詩の冒頭にも”撫子の花が咲いた”とあります。ちなみに、その咲いた後に”芙蓉の花は枯れた”と続き、女の子の失恋を示唆しています。芙蓉は花言葉に恋人を表現するものがありますが、枯れたことで恋人になれなかった感じが出ています。深く読みすぎると、指に巻いてある包帯は指輪を想像するかも?

 思いを打ち明けられず、結局は失恋してしまう。誰かと楽しそうに話す”あなたの声が眩しくて耳をふさぐ”というフレーズが出てきて、切なさを感じます。でも眩しいというのは、諦めきれないようなあこがれをも示しているかもしれません。でもあこがれは届かないからこそあこがれなんですよね。”声が眩しい”なんて、さすがさださん。自分は思いつきません、そんな表現。

 ここに出てくる女の子は、かなり内気でなかなか言い出せない子なんだろうなぁと思います。鴎外の本を意中の男の子から借りているのですが、たぶんそこでしか話しかけられない、共通の話題がつくれない、何となくそんな思春期の女性像を想像します。決して活動的で運動が得意なイメージは湧いてきません。文学少女タイプ。でもものすごくこの男の子のことが気になっていますよね。包帯を巻いているとか、誰かと楽しそうに話しているとか、細かいところを見ていて、好きで好きでしょうがないんだろうなぁと感じます。

 その子は男の子のことを思ってベストを編んでいたのですが、その色が白。清潔さや純粋さを表しますし、これは穿った見方ですが、冒頭の包帯の白さも連想します。でも、失恋したことで”ほどき始めましょう”と言う(実際にほどいてはいないんでしょう)。でも”最後のわがまま”と前置きして、”肩巾を教えて下さい”と。失恋したけどその男の子のことが忘れられない気持ちが出ています。

 そして、女性は失恋すると髪を切るというのは定型的な言い回しですが、この女の子もそうです。しかしそれで「スッパリ忘れました!」とはいかず、”私 髪を切りました”と歌詞に出てきます。この”髪を切りました”がまさに追伸になっていると思います。忘れたいけど忘れられないこの思いを、追伸として”髪を切った”と告げる。相反する行為がとても繊細な乙女心を表現していると感じました。髪を切ってイメージの変わった私を見てほしい、好きだったんですよと伝えたいというのもあるのかもしれませんね。

 で、この男の子の方は女の子の恋心に気づいていたのかどうか。たぶん、ちょっと気づいていたんだろうなぁと思います。冒頭に”あなたがとても無口になった秋に”とあり、無口になるっていうのは、思春期らしいですよね。自分で気づいたか、同級生から「お前のこと好きなんじゃねーの?」と言われたか、意識をしている感じがあります。でも付き合っている子や他に好きな人がいてちょっとギクシャクした印象。

 でも、ひょっとしたら包帯を巻いたのは男の子のお母さんかもしれないですし、失恋というのは女の子がその思春期心性で解釈したのかもです。歌詞の中には決定的な描写がないので。しかしながら、思春期の子はそういうものだと思います。ひとりで色々と考え悩む、そんな苦しさというか甘酸っぱさというか、それがうまく表現されています。

 最後に考えてしまうのは、この女の子は何歳くらいなんだろう? というところ。個人的には中学というよりは高校じゃないかなぁと。ここは分かりませんが、”ベストを編む”という行為や失恋で髪を切るっていうのを中学生がするかしらんというところ。あとは森鴎外を読んでいるところです。鴎外はやっぱり高校生くらいからじゃないかな? と勝手に想像。他には、歌詞を通じて女の子から大人びている印象を受けるので、やっぱり高校生かなぁ。

 さださんの歌は良いですね。人の生き様である”あこがれ、ありがとう、さよなら”。これらを歌わせたらさださんの右に出るものはいないのではないでしょうか。しかもこの”追伸”は20代前半の歌ですよ。すごすぎるのだ。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2121-899f18f4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top