2017
06.19

絶賛復習中

Category: ★精神科生活
 まだまだ先ではありますが、四国での看護師さん用講義に向けて、ちょっと復習しています。昔読んだ本を引っ張り出したり、新しく入門用の本を買ったり。この講義では、1日(5時間)を使って一般病棟で出会う精神疾患についてお話する予定。その中でも、間主観性を絡めて関わることのリスクとベネフィットをきちんと知ることをお伝えしようと考えております。

 さて、そんな本では読んでて「やっぱりためになるなぁ」とじんわり感じるのが、医学書院さんから出ている中井久夫先生の『看護のための精神医学』です。持っていたんですけど、まさかこういう講義をするとは思っておらず、新しく入った看護師さんにあげた記憶があります(3年くらい前?)。今回買い直して読んでみたのですが、さすがの名著でございます。ビシビシと伝わってくるものがありますね。

 初っ端から名文があり、以下に引用。


看護という職業は、医師よりもはるかに古く、はるかにしっかりとした基盤の上に立っている。医師が治せる患者は少ない。しかし看護できない患者はいない。息を引き取るまで、看護だけはできるのだ。


 こういうグッと来る文がどんどん出てくるのです。 精神科に関わる医療者には読んでもらいたい一冊。”看護のための”とありますが、レジデントの方々にもオススメなのです。あとは、春日武彦先生の『はじめての精神科』を合わせて読みましょう。春日先生の本はとっても現実的な視線で、ちょっとばかし読んでいて苦しくなることもあります。中井先生の上品さ?とは異なり、自分が診たイヤな患者さん(こういう言い方はとっても失礼ですが…)が思い出されるので、「あー、臨床はやっぱ苦しいよなぁ…」という感じになってきます。でもその中でも春日先生が1つの回答を与えてくれるので、「苦しいけどやるしかないなぁ」と踏ん張れる内容。この2冊はどちらも読んでおくとバランス的に良いでしょう。

 うーん、この講義は引き受けて良かったなぁと思います。こういうのがないと復習ってあんまりしないですし、以前読んだ本って、知識がついてからまた読むと違った角度からの理解も出来ますし。難しいことを砕いて言う練習にもなりますし。難しいことを易しく言うことについては賛否があり、否定的な見解の方々は、易しく言うことで深みが全く無くなってしまうというご意見をお持ちのことがあります。確かにごもっとも。でも自分としては、易しく表現することには並々ならぬ努力を要すということや、特に日常語にまで落とし込むことでその日常語の曖昧性を利用できることを重視したいのです。曖昧になるなんて良くないかもしれませんが、難しいことって専門用語を使っていても結構みなさん理解が異なります。哲学なんて良い例ですよね。であれば、日常語で意味を広く持たせて、そこからみなさん自身で考えていくきっかけとするのも悪くない、なんて思っちゃいます。

 ちなみに、ありがたいことに8月にも講演会(こっちは漢方!)の依頼をいただき、そっちのスライドもつくってます。結構忙しいけど、本業の臨床が疎かにならないように気を引き締めないといけませんな。5月の本業の講演会は無事に終了しました。東京は疲れますね。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2119-54e2dce0
トラックバック
コメント
こんばんは。
お仕事お疲れ様です。
大変興味の湧く内容です。
看護って世の中的には、簡単に片づけられやすいイメージが、私の中にあります。
奥が深いのに。。。。
全然知識がないのにすみません💦

復習ってすごいです。
私は、以前にやったことを繰り返しすることが苦手です。
復習をすることで新たな気づきがあるかもしれない、
復習をすることで知識として定着して、活かせるのに。。。
と思うのですがなかなか。

先生のブログを拝見させていただいて、よく新たな発見に出会います。
今日もまた、新たな発見できました!

先生も頑張っていらっしゃるので私も復習という苦手なことをしてみようと思います。

お仕事お忙しいようですが、無理しないでくださいね。

しゃちーめんdot 2017.06.27 21:38 | 編集
>しゃちーめんさん

ありがとうございます。
看護って本当に大事で、看護なければ医療は成立しないと言ってもいいかと思っています。
医療の原点はお母さんが子どもに行なう看病ですし、看病の”看”は看護の”看”でもありますね。
医者のやってることは看護師さんに支えられていることがとても多いのを実感します。

復習って、何か機会がないとなかなかしないですね。
でもしてみると新たな気づきがとても多くて、特に初回に読んだ時の理解とある程度知識が付いた後で読んだ理解とが結構違っていたり、「あぁ、何気ない一言だけどこういう意味で書いてたのか、この筆者は」となるほど納得することも多いです。
そういう発見は楽しいなぁと思います。

お気遣いもありがとうございました。
m03a076ddot 2017.07.02 11:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top