2017
03.03

麦門冬湯を持っていきます

 ありがたいことに、講演会でお話をする機会を少しですけどいただいております。ここ2年くらいはほとんどが漢方なんですけど、どうなんでしょう。分かりやすく話せているかしらん、と思う時があります。自分は独学で漢方を勉強しているので、初心者が分からないところを経験してきているとは思っています。でも、独学はどうしても知識に手薄なところがあり、そこへの配慮が十分にできているのかどうなのか。分からないところは「これは自分には分かりません」とすっぱり話しているので「おいおい大丈夫か」と思われているかも? まぁ漢方の概念自体アヤシイところがありますし。

 そんな漢方尽くしではありますが、なんと今年は漢方以外でもお話しする機会をいただきました。ご依頼を下さったかたは相当なチャレンジャーですな。しかし、自分のメインは漢方屋ではなく精神科医であります、たぶん、ひょっとしたら。それを思い出させてくれる講演が今年はひさびさに登場でして。ていうか、メインが久々ってどういうことや…。副業(?)の方が多いというのは皮肉なことです。

 その講演、結構ガチな依頼が1つあり、戦々恐々としています。なんとですね



5時間話せ



 良いのか!? 自分に5時間話させて。よく依頼してきたなー、博打じゃないかなー。

 連続5時間ではなく(当然)、休憩やお昼休みを挟んで10-16時。しかも四国です! 四国って言ったらあなた、大学受験の時に2年連続で高知と徳島に行ったことがありますよ(大学受験が複数年というのはご愛嬌)。わたくしの名前も四国に轟いていたのかと感慨深い。ま、たぶんものすごくマニアックな人がいたんだと思います。そうでないと自分が四国から依頼を受ける説明がつかない。でも何のマニアなんだ…。みたらし団子とか? 五平餅とか? コメダ珈琲店とか?

 その5時間の内容はスイーツの話ということではなく、れっきとした精神科なんですよ。「そんなに話す内容あるの?」と思われるかもしれませんが、内容だけであれば5時間いけます、おそらく余裕。精神科以外の科で働く看護師さんに対して”精神科の考え方・お薬・疾患への対処など”をぴゃーっと話すので、5時間でも足りないくらい(大きく出た)。ただ、体力的にはどうかな…。声がね、もつかどうか。ガラガラになってしまいそうで。ぶっちゃけてしまうと、こんな講演(というか講義)を聞くよりも、中井久夫先生の『看護のための精神医学』とか、春日武彦先生の『はじめての精神科』とかを読んだほうが良いんですけどね。看護師のみなさんや精神科医になりたての若手のみなさんはこの2冊を読んでみることをオススメします。より実践的なのが後者で、患者さんを理解しようという優しさ成分が多いのが前者。どちらかというよりは2冊とも読んだ方が良いです。向精神薬について知りたいなら姫井昭男先生の『精神科の薬がわかる本』でしょう。これでどんな科にいても精神疾患の看護スターターとしては十分。

 しかしそうは言っても5時間話すことは決定したのです。精神科以外の看護師さん対象だと、どこまで話すかが難しい。精神科の専門用語は精神科以外にかなり縁遠い存在ですし、他にもあまり詳しくしてしまうのもいけないし。講演(講義)自体は今年と言ってもかなり先で終わりに近いくらいなのですが、浅いながらも広く話す必要があり、かなり噛み砕く工夫も求められているでしょうから、今からスライドをつくっています。今のところ500枚を越しましたよ…。

 ちなみに「講演会ってお金がどれくらい入るの?」と思われるかもしれませんが、労に見合うものではないのです。もちろん有名な先生だったら結構もらえるんでしょうけど、自分は身分相応に安いです。講演会のために勉強し直しますし、本も買いますし、時間も使いますし。言ってしまうと、準備のための時間を健康診断のバイトに当てたほうが圧倒的にお金になります。でもね、こうやってお話ができるのは幸せなことだなぁと思います。依頼をしてくれる人がいる、そして聞いてくれる人がいるっていうだけでね、ありがたいことですよ。少しでも世の中の役に立ったかなと思える瞬間でもあります。一度でもそういう経験があると、今世で生きた意味はあったかと感じます。来世はどうなるかな。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2114-f264de2b
トラックバック
コメント
先生の講演を聴講された方々が、患者の声を適切に聞いてくださる、先生のような存在になられることを、願っています。
元メイラックス減量中dot 2017.03.04 02:34 | 編集
>元メイラックス減量中さん

ありがとうございます。
自分の講演会の多くは釈迦に説法のような部分ではあるのですが、少しでも「あぁ、こういう考え方もあるかもな」と思ってもらえたら嬉しいなぁと思っています。人と人とのあいだを大切にした医療ができるといいですね。
m03a076ddot 2017.03.07 09:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top