2017
01.20

終診にする時

Category: ★精神科生活
 患者さんの状態が良くなって、お薬も少しずつ退いてゼロになっていく過程。それは、精神科からオサラバする道のりでもあります。その中で、そして終診の時も患者さんにお伝えすることがあり、一般的には以下のようにすることが多いでしょうか。これを基本にして、色々と後は柔軟に変えております。


自分「○○さん、随分と良くなって、お薬も次でゼロになりますね。ゼロになってから3回くらいはちょっと来てください。○○さんの元気な顔を見せてほしいので」
患者さん「分かりました」
自分「そして太鼓判を押せたら、ここからオサラバということで」
患者さん「はい、ありがとうございます。先生のおかげでここまで良くなりました」
自分「あら、そう言ってもらうとすごくありがたいんです。でもね、○○さんが養生をしっかりしてくれたからこそ今があるんですよ。私とかお薬はあくまでサポートですから」
患者さん「あ、先生よくそれ言ってましたね」
自分「そうですね。あと、病気になる前に戻ったっていう感覚ではいけませんよ」
患者さん「病気の種、ですね。先生の口癖」
自分「お、さすがですね」
患者さん「先生からいっぱい勉強しましたから」
自分「私から言うことなくなっちゃいましたね。それがいちばんですけど」
患者さん「そうですね」
自分「じゃ、次回でお薬をゼロにして、そこからあと3回くらいって感じにしましょうか」
患者さん「はい」
自分「もしすごくつらくなったら、また来てください。無理はしないように、限界の三歩手前の感覚ですよ」
患者さん「はい。ありがとうございます」
自分「○○さんは”休み下手”だったけど、本当に今は休み上手。身体とこころの声に耳を傾けながら、病気の前とはひと味違う生活をしていってくださいね」
患者さん「はい」


 ”先生のおかげ”とか”ありがとうございます”とかを言われるとそれはやっぱり嬉しいもの。でも、患者さん自身がしっかりと取り組んでくれたからこそなのだ、という気持ちがやっぱり強いです(白状すると、ちょっとは自負もあるけど…)。だから、それは素直にお伝えをしますし、医者なき後の人生、その人が自分自身の身体とこころをモニタリングして”精神科医いらず”な生き方、患者さん自身が治療主体なのだという生き方をしてもらえたら、それがいちばん良いこと。もちろん、苦しいなと思ったらいつでも来てもらってちょっとした助言や必要に応じてお薬は使います。「もう医者にかからないように」と考えすぎると限界まで我慢してヘロヘロの状態でやってくることがあるので、そこは我慢せずに”限界の三歩手前”で来てもらうようにと念押しします。再発してまた精神科にかかることは決して恥ずかしいことではないのです。ここも強調しておく必要があるでしょう。

 個人的には「せっかく病気になったのだから、この病気から何かを学ぼう」という姿勢が大事だとは思います。でもそれを口には出しません。病気になった苦しさは患者さんにしか分からない部分があり、その言葉を医者からぽいっと言うのは、患者さんにとって暴力的にすら感じられることがあります。だから、患者さん自身から「そういえば、病気になってこういうことを学んだなぁ」と思ってくれるように、色んな誘い水を治療の中でします。しかし、最終的にそう思えなくても悪いことではありません。患者さんなりの病気と向き合う姿勢があるので、それを無理やり変えるのは”角を矯めて牛を殺す”ということにもなるでしょう。自分としては、患者さんがだいぶ楽になって治療の雰囲気も柔らかくなった時に「○○さんにうつ病がやってきて色んな経験をしたと思いますけど、どんなことがありました?」とか、「うつ病になった頃の○○さんにアドバイスするとしたら、どんなことがありますか?」などと聞くこともあります。そして、良くなって終診とする日は「○○さんの周りに同じように苦しんでいる人がいたら、ぜひ支えてあげてください。○○さんの経験は大変でしたけど、活かすこともできてとても大切なものだとも思っています」ともお話をします。もちろん病気の種類によりますが。

 終診というのは精神科の中で特殊なもので、おそらく精神科医が10人いたら10通りの方法があると思います。かつ、同じ精神科医でも患者さんの病気や年齢などで随分と言うことも異なってきます。極端な例だと、20代と70代の患者さんでは、やっぱりこちらからの言葉もかなり変わります。出来るならば、他の医者のを見てみたいもんですね。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2110-8ce4ef25
トラックバック
コメント
やはり先生は、本当に心根のやさしい方なのですね。「仕事」としての診療だけでは、お医者様の口からは出ない言葉のように思いました。(失礼な表現に見えるようでしたら、お詫びいたします。)
元メイラックス減量中dot 2017.01.21 16:49 | 編集
>「せっかく病気になったのだから、この病気から何かを学ぼう」という姿勢
残念ながら、持てないです。
どうやったらそういう境地に立てるんでしょうか‥。
時間やいろんなものを失ってしまったとしか考えられません。
この先も常に病気とやり繰りすることになるでしょう。
satodot 2017.01.22 19:03 | 編集
こんばんは。

久々にコメントさせて頂きます。
度々ですが、ベンゾの件では大変お世話になりましたm(_ _)m

あ、匿名というHNの方が時々いらっしゃるので、後ろに1を付けてみました(^_^;)

あれから色々あり、一旦お薬はゼロになったのですが、徐々に生活に支障が出始めたので、再開して現在は安定しています。
飲んでいる量はクエチアピン1錠だけですが、有るのと無いのとでは随分違いますね。

その経験から、今の自分にはまだまだお薬が必要なのだなと痛感しました。
心理療法なども大切だと思いますが、まずはある程度状態が安定していないと、到底そこには辿り着けません(^_^;)

状態が崩れ始めてからは、家族に冷たく当たったりもしてしまい、本当に申し訳ない思いをさせてしまいました。
物の考え方や感情の不安定さなど、本来の自分から大きく掛け離れたものだったので、我ながらとても怖い体験でした…
軽くトラウマですね…

自分的には、病気になってからは結構、物の考え方が柔軟になったと思っています。
余裕がある時に心理療法など、やれる範囲で色々やって来ました。
ですから、自分の場合は問題は心理学的なものではなくて、脳の一部がどこか障害されているのだろうなと思います(^_^;)

お薬はいつまで飲み続けなければならないのか想像も付きませんが、いつか止められたらラッキーぐらいの気持ちでゆるゆると生活していこうかなと(^^)
匿名1dot 2017.01.22 20:41 | 編集
最近図書館で「日常診療における精神療法10分診療で何ができるか。」という本を見つけました(ふつーの市立図書館の新刊コーナーにふつーにありました、隣は「悟らなくたって良いじゃないか」という新書で笑えました。両方借りてきましたが)
終診にも触れてありました。(すでにお読みなら申し訳ありません。)
中でも「私の言葉が患者さんの中で自然に出てきたら終わりに近い」という言葉が印象的でした。
精神科は完治があまりないけれど、一つの区切りの目安なのでしょうね。

さくらdot 2017.01.22 22:49 | 編集
>元メイラックス減量中さん

ありがとうございます。
患者さんは、いつかは医者から離れる存在だと思っています。
終結には、患者さん自身が治療者であることに気づいてもらい、その治療法を身につけておくことが大事でしょう。
医者はそれに向けてどう組み立てていくかが求められているのだと考えています。
m03a076ddot 2017.01.23 19:10 | 編集
>satoさん

ありがとうございます。
記事にもあるように、そのような境地に立たねばならないということはありません。
患者さんそれぞれの思いがあるでしょうし、それを無視してみんなに「病気から学べ」と言ったところで暴力的な響きを持つでしょう。
どのように病と向き合っていくかは患者さんによって、そして同じ患者さんでも状況によって異なると思っています。
なので、satoさんは無理に考えを変える必要はありませんし、変えられないご自身に失望する必要もありません。
まずは今の立ち位置を把握して、いろんなもの、いろんなことを見つめていくことが大事になってくるのだと思います。
m03a076ddot 2017.01.23 19:18 | 編集
>匿名1さん

ありがとうございます。
必要最低限のお薬が必要な患者さんはいますし、それは毎日の歯みがきと同じで虫歯にならないように、症状が悪化しないように予防となるものだと考えています。
必要以上のお薬はもちろん減らすべきですが、「ゼロになったんだし!」と意地になってお薬を再開しないのも苦しいものです。
今の自分にとって何が必要か、今の自分は何をすべきかというのを落ち着いて考えてみることが大事なのでしょうね。
m03a076ddot 2017.01.23 19:20 | 編集
>さくらさん

ありがとうございます。
医者としては、患者さんが医者を内在化していくことが大事なのだと思います。
なので、医者が言っている言葉が患者さんから出てくるというのは、医者をいい意味で取り込んでくれているのだと考えられます。
ただ、患者さんの立場や医者のスタンスによって、色んな終結の仕方があるのでしょうね。
画一的な経過はないので、それが難しいですし、また飽きないところだとも思います。
m03a076ddot 2017.01.23 19:23 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.01.24 08:27 | 編集
私は,極性障害2型と強迫性障害、発達障害(アスペルガー、ADHD)で心療内科に通院しています。

最初は不眠と仕事に行けなくなっての受診で、うつ病といわれて、パキシル、レクサプロ、リスミーなどを飲んでいましたが、今は病名が変わりました。

リーマス、ラミクタール、エビリファイ、抑肝散も飲みました。発達障害ではストラテラを飲んでいましたが、今は薬は生理のイライラの漢方薬だけで何とか生活できています。

医師によって考え方はいろいろだと思いますが、私の主治医は無理には薬を出さないようです。
2週間おきに通院していますが、新しい薬を出しても私が「薬を飲んでもあまり変わりない」と言うと、無理には処方しないで様子をみようとしてくれます。

将来的には通院しないでもやれるようになりたいですが、いつまで通院しなければならないのか、この先、不安もあります。
けいちゃんdot 2017.01.24 14:05 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

マニュアル、確かにそういった手軽なものがあればと思う気持ちは強いのかもしれませんね。
どう生きるか、ということを主題にした本が多いのも昨今の事情ならではでしょうか。
今の日本は北斗の拳のような世紀末の世界とは異なり、生きるか死ぬかに日々怯える状況ではないのですが、そうだからこその悩みというのもありますね。
m03a076ddot 2017.01.27 09:11 | 編集
>けいちゃんさん

ありがとうございます。
通院そのものは確かにオシマイになると良いなぁと感じるかもしれませんね。
ただ、通院することでどこかで見てくれているという感覚にもなるかもしれません。
通院していることが弱さだと思うかたも多いのですが、決してそうではなく、人と人との間のチカラを感じられるからこそ通院をしてくださっている患者さんも多いのかなと考えています。
そのチカラをまったく感じない人は、ちょっと悲しいなとも思います。
通院するとしても、将来的に通院なしになっても、自分自身をモニタリングできる能力を養って”休み上手””リズム上手”になることが大きな目標かもしれませんね。
m03a076ddot 2017.01.27 09:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top