2016
12.13

ミーハーでスミマセン

 12月11日の日曜日は、河合臨床哲学シンポジウムを聴講するため東京に日帰りで行ってきました。精神科医療は哲学と縁が深く、色々と勉強するのは大切なことかと(分からないことが多いですけど)。と言いながらも、今回の本懐は


木村敏先生を見てみたい


 というもの。木村敏先(きむら びん)生は日本を代表する精神病理学者であり、臨床哲学を広めてくれています。自分は”あいだ”論に強く影響を受けており、臨床でも意識しています。精神科医として一度はご尊顔を拝んでおかねばなるまい、と思いながらも年月が過ぎていましたが、今回ようやく。”なまびん”を見られて大満足でした(失礼)。

 東京に行くのは久々でして、朝早くに名古屋を出ました。よって、朝食は東京駅に入っていたパン屋さん(浅野屋さん)にて。

 何にしようかな?

RIMG1225_201612122331409a2.jpg

 選んだのは意外にシンプル。カレードーナツとじゃがマヨのパン。でも結構なお値段だったような。

RIMG1224_2016121223313819f.jpg

 さて、目指すは東京大学弥生キャンパス! 東京駅にて、地下鉄丸ノ内線に乗ってみます。猫の歌に『地下鉄に乗って』ってありましたね。♪今赤坂見附をすぎたばかり、新宿まではまだまだだね♪っとね(作詞岡本おさみ、作曲吉田拓郎)。

 本郷三丁目で降ります。む、東大はどこだ…? ちょっと道が分からなくない。その時、賢そうな人たちの集団がいたので後を付いてみることに。そしたら…

 あ、着いた。

RIMG1226_201612122331412e3.jpg

 自分の眼は間違っていなかったんや。。。おーこれが赤門か。前も東京に行って見たことがあったような?

 かなり早く着いているので、ちょっと潜入してみましょう。行き交う若人ってほぼみんな東大生なんですよね、ドキドキ。

 あ、これがあの安田講堂か…っ!

RIMG1227_201612122331436bc.jpg

 往年の学生運動の代表的な舞台たる安田講堂。いやはや、荘厳な感じがありますね。ただ、自分は学生運動に肯定的ではありませんが。

 目指すは弥生キャンパスなので、もう少し歩きます。

 お、ここか。

RIMG1228_2016121223314491f.jpg

 弥生キャンパスの門はシックな感じでこれまた素敵。

 会場は中の弥生講堂。シンポジウムは11時からなのですが、9時過ぎには到着してしまっています。

 弥生講堂の男子トイレに侵入。綺麗ですね。

RIMG1229.jpg

 個室はこちら。

RIMG1230_20161212233210d0d.jpg

 他にもごにょごにょと時間を潰して、受付が始まったのが10時30分でした。お代が1000円なのですが、”学生は無料”とあったので、「大学院生でも良いですか!?」って聞いてみたら、O.K.でした。大学院に入って数少ない利益が今ここに。

 さて、こんな感じで始まります。

RIMG1231_20161212233209671.jpg

 なかなか硬派なシンポジウムなのですが、なんとほぼ満席の盛況ぶり。今回で16回を数えているのも人気が高い証拠ですね。シンポジウム中は写真を撮るのはご法度だろうなぁと思ったので、撮影はしませんでした。個人的には斎藤環先生のオープンダイアローグのお話が面白かったです。コメンテーターの内海健先生から肯定的なお話があった後に「弱い知であり、セイックラ先生も本にあるようにバフチンの思想で補強をしているのでしょう」とのご意見があり、それを受けて斉藤先生が「弱い知だからこそ少し学べば多くの人が実践できる。弱い知というのがオープンダイアローグでは強みになっている」という内容のお応えをされていました(ご意見の内容はうろ覚えですが、大筋はこんな感じ)。これを聞いて”弱い知が強みである”というのが「おーなるほどなぁ」と感じ入ってしまいました。森一郎先生と谷徹先生は何だかぶっ飛んでました。

 さて、お昼ごはんは大学近くに”とん汁屋さん”なるお店があったので、そこで豚汁定食をば(680円、ご飯は少なめにしてもらいました)。

RIMG1232_2016121223321391b.jpg

 豚肉はちょっと少なかったのですが、お豆腐がたっぷり入っていて食べごたえあり。お腹いっぱいになって午後ちょっと寝てしまった…。他にも色んな食べもの屋さんがあって、楽しそうでございましたよ。

 シンポジウムは18時に終了し、その足でまた東京駅に戻ります。帰りの新幹線が20時30分だったので、お夕飯も駅にて。ほんのり屋さんというおむすび屋さんで、おむすび2つ(たらこ、鮭)とからあげ。

RIMG1234_20161212233207445.jpg

 なんとこれで820円! 高い!

 やっぱ東京ってお高いわ。。。ま、美味しかったけど。3食ともに炭水化物が多いのは久々。大体いつも夜はおかずだけなので。

 そんなこんなでシンポジウムは難しいながらも時折「おっ」と思える部分あり、そして何より”なまびん”を拝めて大満足でした。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2090-84b3a6e3
トラックバック
コメント
ぐで先生の所には行かなかったのですか?
キャラクターストリートの。

弱い知の集合っていうのは、絶対的な強者をもたない集合体であるが故に、多くの声が一つの目標に結集しやすいということなのか?と思いましたが、専門の人の頭の中見て見たいです。発想もすごいけれど、雰囲気ではなく言葉とか文章で他人に伝えられる所とか、暗記力とか。
さくらdot 2016.12.15 12:01 | 編集
>さくらさん

ありがとうございます。
さっきネットで調べたら、ちょうど今”ぐでぐでパレード”をしているのですね…!!
さっさと改札に入ってしまったので、まったく気づきませんでした。不覚。
本当に、専門の人たちの頭の中を覗きたいですね。
どんな思考をしているのか…。
自分も哲学の本を読むことはあるんですが、アマチュア中のアマチュアだなぁと痛感します。
やっぱりプロってすごい。
m03a076ddot 2016.12.15 23:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top