2016
11.29

飲むタイミング

 健康診断で、とある若い受診者さんがいました。既存症に片頭痛があったので「発作はうまくコントロールできてますか?」と聞くと(その健診の時は時間に余裕があったので聞いても後につかえることはなく)

受診者さん「このお薬を飲んでるんですけど、あんまり効かなくて…」

 と、見せてくれたものはトリプタン系の薬剤。片頭痛発作には効果的なものではあります。

自分「頭痛が来る時って、来たぞ来たぞ!(サガ2のアポロン的な?)というような、前触れのサインってありますか?」
受診者さん「あー、目の前がぼやけてちょっと光るみたいなのがありますね」

 前兆を伴う片頭痛ですね。そして、このトリプタン系は飲むタイミングも重要でして

自分「この痛み止めって、いつ飲むように言われました? 痛くなり始めに?」
受診者さん「いや、さっき言った前触れの時に飲めって言われました」

 お、トリプタン系が効かない原因はここにあるかもしれません。

 確かに前兆の時に飲んでも効く人はいるのですが、ベストなタイミングは”痛くなり始め”なのです! また、結構高い薬剤なので「痛いけどガマンガマン、、、でも無理だ!」というタイミングで飲む患者さんもいますが、それだと「あれ? 思ったほど効かない…。何だよこの薬…」となってしまいます。そこの情報提供が大切。

 よって受診者さんには以下のように。

自分「このお薬は痛くなり始めにサッと飲むのが大切で、早すぎても遅すぎても効かないことが多いんですよ。まずは痛くなった時にササッと飲んで効果を見ましょう。それでも効かなければ他のお薬を使ってみる感じかしらね」
受診者さん「へーそうなんですか。分かりました」

 健康診断なので一期一会であり、実際に効果のホドをうかがうことは出来ませんでしたが、まずは正しい使い方を知ってもらうことが大事ですね。

 発作の治療には漢方薬も使われますね。五苓散や呉茱萸湯がメジャー。頓服するなら、1回1包だと効かないことの方が多く、2-3包がオススメ。呉茱萸湯が効くのは、疲れた時に発作が頻発する、発作時には嘔吐や胃のムカムカ感がある、寒い時や冷たいものを飲んだ後に発作が多い、など。でもあまり深く考えずに五苓散と呉茱萸湯の両方試してみてより効く方をチョイスすると良いでしょう。発作時ではなく毎日服用するのであれば、水滞が主たる病態なら五苓散を4-6包/dayもO.K.です。しかしそれだけだと改善しづらい患者さんも多く、そういう時は駆瘀血剤が欠かせないですし、ストレスの関与が強ければ柴胡剤を入れることも。診ていた患者さんの中に他院で片頭痛治療がなされて良好なコントロールが出来ているかたがいましたが、大柴胡湯合桂枝茯苓丸という超攻撃型の合方で、しかも効果抜群で発作はピタリと止まったそうです。その先生は随分と漢方のことを知ってるんだろうなぁと思わせる処方ですよね(もちろん、全員に合うわけではありませんよ)。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2087-365e3508
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top