2016
09.15

シンプルな魅力

 愛知県豊橋市には、事務的な用事でたまに出かけることがあります。2010年に生まれたまだ日の浅い”豊橋カレーうどん”も食べに行ったことがあり、美味しかったですよ(その時の記事→コチラ)。

 今回はスイーツの方で、ヒヨっ子の豊橋カレーうどんとは対照的に半世紀を生きている”ピレーネ”でございます。いつの間にか成長しすぎて愛着が出てしまって出荷されずに飼われているブロイラーのような感じでしょうか(たぶん違う)。”ボンとらや”という、これまたシックな感じの名前のお店でつくられております。とてもシンプルで、スポンジ生地でクリームを包んだだけのもの。豊橋駅でも売られており、手に入りやすい。豊橋では知らない人はいない(?)スイーツであり、豊橋出身東京在住である某出版社のこれまた某編集者さんも推薦(謎すぎる)。

 シンプルながらも色々種類があります。今回はバニラとチョコレートをチョイス。バニラが150円くらいで、チョコレートが170円くらい。コンビニシュークリームと比べると高級ですが、和洋菓子屋さんのスイーツであればお財布も許せる価格。

RIMG0805_201609111213166c3.jpg

 たなごころに乗せて。

RIMG0806_201609111213124a4.jpg

 代表してバニラをパカっと割ってみると、クリームたっぷり。撮影したのが夜と朝でちょっと画像の色合いにバラつきがありますが、ご了承あれ。

RIMG0807_2016091112131452b.jpg

 このピレーネの特徴は、ふわふわしっとりのスポンジ生地。肌理が粗くなく、クリームとマッチしています。そして、クリームはホイップクリームではなく生クリームを使用。ぶっちゃけ自分はブラインドで食べてみたらホイップか生かを当てる自信はありませんが、このピレーネのクリームは軽くないのが特徴だと思います。きちんと存在感を示しており、「今、クリームを食べている…ッ!」という実感が湧くのです。そして、クリームの量や手に取った時の重さ、そして食べる時の感覚を考慮すると、スポンジ生地はこれ以上厚くても良くないでしょう。かといって薄くするとクリームが勝ちすぎるかもしれません。絶妙なバランスだと思います。ピレーネはスポンジ生地とクリームという、余分なものをそぎ落として完成された、シンプルな”素顔美人”とも言えるスイーツなのでした。前半部分で妙な例えをしたのは訂正いたします。

 このブログでは色々と盛っているスイーツに良い感想が出てきておりませんが、年を取ってくるとゴテゴテしたのが受け付けなくなってくるのよ…。たまになら食べることだってありますし美味しいなぁと感じます。でも普段ならこういうシンプルなのが本当にありがたい。デコレーションされていた方が視覚的に新鮮だしSNSとかに挙げやすいかもしれんけどね。

 ちなみに、似たようなものだとモンテールの”ふわふわファンシー”というのがあり、こちらは全国のスーパーでお求めになれます(ピレーネの方が美味しいけどね!)。愛知県だとボンボヌールというお菓子屋さんが”ファンシー”という名前で同じようなものを売っていたようです(何だか紛らわしいね)。ピレーネとファンシー、どちらが本家か知りませんが、後者は販売をやめてしまっているそうで。ま、ファンシーがなければピレーネをお食べ。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2066-a4ba9bdd
トラックバック
コメント
もともと食べない方ですが
仙台玉澤黒糖饅頭ミニとてもおいしいですよ。賞味期限3日という一品です。仙台出張の際は是非どうぞ。6個30えんくらいかな。コスパもいいです。
確かに年をとるとシンプルなものが良いですね
さくらdot 2016.09.16 22:53 | 編集
>さくらさん

ありがとうございます。
黒糖のおまんじゅうって、黒糖の雑味が良い方に向かっていて、まんまるな形と味のカドのなさが合っていて美味しいですね。
仙台ですかー。何か面白い学会でもそこであればなぁと、どちらが本懐か分からない感じで行ってみたい気がします。
m03a076ddot 2016.09.18 08:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top