2016
06.24

病院も力を入れている

 5月の初旬、中村区にある第一赤十字病院にちょっと医学的な用事があって行ってきました。ここは何と地下鉄東山線の”中村日赤駅”と直結しているのでございます。

 かなり立派で大きく天井も高く、名大病院は及びも付きません。ほぇー、こんなにすごい病院があったのか、と自分の狭い認識を改めさせられました。救急外来も広かったし。特にレストランが素敵で、メニューも充実。そこでは”うな重”もあるのでした…。パンも焼いており、病院もこういうところに力を入れる必要があるのだなと実感。

 そこのレストラン、HEARTFUL KITCHENにてお昼ごはんを食べてきました(本懐がこれではありませんよ)。

RIMG0015_20160525174433e86.jpg

 注文したのは、煮魚定食さん。ドリンク付きですが確か820円、結構なお値段ですな。そのお品がこちら。

RIMG0016_201605251744358ed.jpg

 まさか病院の食堂でカレイの煮付けが出て来るとは思わなんだ…。しかも木の芽まであしらっちゃって、あらららら。お味噌汁が赤だしなのは名古屋っぽいですよね。

 まじまじと眺めてみる。

RIMG0017.jpg

 器もなかなか素敵ではありませんか。では、いただきます。

RIMG0018_20160525174431bd3.jpg

 あっさりと薄味でやさしい味わい。

 そして後日、また用事があってお邪魔したのでした。またレストランに寄って、今度は”なめし田楽”でして、ドリンク付きでお値段何と970円! 高級や…。ご尊顔がコチラ。

RIMG0306_20160618130731905.jpg

 超・本格的! これは高いですよねぇ。まさか病院の食堂で豆腐田楽が出て来るとは思わなんだ…。お吸い物もクセがなくて美味しい。

 田楽様。

RIMG0307_20160618130732deb.jpg

 ぱくり。

RIMG0308_201606181307283d1.jpg

 結構お味噌が効いています。お豆腐の淡白さと相まって、まさに田楽。

 菜めしはいかがか。

RIMG0309_20160618130730fea.jpg

 ほんのり塩味が香って美味しい。ちなみに菜めしは自分の母親がつくるのが一番美味しいと思ってます(その味に慣れているので)。

 そしてまた後日、凝りもせずもう一回病院に行ったのでした。ご多分に漏れずレストランにイン!注文したのは、醤油ラーメン。食堂の王道的メニューではないでしょうか。お値段590円、良いお値段ですね、やっぱり…。

RIMG0019_20160525174437d05.jpg

 器の加減か、お上品に見えてしまいます。具はシンプルで、まさに醤油ラーメン。

 ではでは。

RIMG0020_20160525174508c45.jpg

 おー、あっさり薄味。このあっさりは必然性を帯びておるのです。なんとなればすなわち



病院食堂のラーメンがギットギトなら大問題やからね…



 油まみれのラーメンを出す病院は、患者さんの脂質異常症を量産してスタチンをたくさん処方するつもりだな…ッ! と勘ぐってしまうかも。しかもしょっぱかったら血圧を上げて降圧薬も出すのか…ッッ! と、想像は膨らむ。

 それはそうと、ラーメンって、こってりよりもあっさりとしている方が自分は好きでして。あっさり塩・あっさり醤油って、ライトな感じでペロスピロン(ルーラン®)を思わせるような(?)。

 ということで、第一赤十字病院のレストランはちょっとお値段が高めなものの、種類も豊富でスイーツもあり、”病院食堂”らしからぬ雰囲気。また、タリーズコーヒーも入っており、更にコンビニではパステルのプリンも販売しているのでした。名大病院は完敗でございます。でもぱっと見では精神科が見当たらなかったような。撤退したのか設立してないのか(存在してたらゴメンナサイ)。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2030-6e7f962c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top