2016
03.18

やわらかいエビデンス

Category: ★本のお話
 緩和ケアの本を紹介している二連投の記事。その2つめ。

 医学書院さんから2016年3月に出版された、森田達也先生と白土明美先生の『エビデンスからわかる 患者と家族に届く緩和ケア』です。

エビデンスからわかる

 この本は、かなりの大当たり。タイトルだけだと「最近の本にありがちで、色んなエビデンスを列挙してオシマイなんでしょ?」ととらえがちですが、決してそうではないのです。確かにエビデンスを挙げて解説をするという手順を踏まえているのですが、そのエビデンスに”ぬくもり”を感じます。多くの方々は”エビデンス=無機的”という印象を持っているかもしれません。「エビデンスは所詮エビデンスでしょ」と思っている方々にこそ読んでほしいなと思います。自分もこの本を読んで「こんな研究がしっかりと行われているんだなぁ」とじんわり来ました。

 この本はオピオイドの使い方から始まります。「ありきたりだなぁ」と思われるかもしれませんが、その最初が”オピオイドへの抵抗感は患者の過去のリアルな経験によるものが少なくない”という”エビデンス”であり、まとめには


実際に、その患者が何を経験して、どう思っているのかに耳を傾けることがケアの糸口になります


 と書かれています。これは1つめの記事で紹介した岸本先生のお話と通じるところがあるでしょう。医学的な”正しい”説明をして患者さんを納得”させる”のではなく、患者さんがどう思っているのか、これまでどんなことを経験してきたのかということをしっかりと受け止めることの重要性を物語っているのです、しかもエビデンスで!

 また、患者さんへの気遣いが至るところに記載されてあり、息苦しさのケアのコツで、”ナースコールは手が届きやすい位置に固定します”と書かれていますが、そこのところにフキダシで以下のように理由が追加されています。


苦しい時にナースコールを探して余計に苦しくなることがないようにします


 本当に患者さんのことを思って、ケアを実践しているからこそのコツ記載ではないでしょうか。こういった配慮をそっと書いてあるところに惹かれますね。

 圧巻はやはり第2章の”精神的サポート、家族へのサポート”です。”QOLって本当は何のこと?””希望を支える””患者の「負担感」と「迷惑」””スピリチュアルケア”についてですが、決して感情論に走らず文献をベースにしながら、まさに”やさしく”説明をしてくれています。ここであまり内容を書きすぎてもいけないので、ぜひですね、まず立ち読みをしてみてください。

 エビデンスというのは、しっかりとそれを見通して実臨床に持ち込むならば、有機的なものとなるでしょう。その時、「エビデンスじゃなくてナラティブを大事にするんだ!」というような台詞はあまり意味をなさないことが分かるかもしれません。「ナラティブだ!」と声高に叫べば叫ぶほど、エビデンスを正しく理解していないことが露呈されるのではないか、とも感じます(ちょっとイイスギかもしれませんが…)。

 他にこの本の魅力は、文献の解説をきちんとしてくれていること、図表やイラストが多く視覚的に理解しやすいこと、登場するキャラクターがとっても可愛いこと、が挙げられます。患者さんにもやさしく、読者にもやさしい。

 1つめの記事で紹介した岸本先生の本は、この本の内容の一部をやや”難しく”書いて、バウムテストや夢などの考え方をプラスしたものと言えるかもしれません。良く言えば精神科的な雰囲気が出ていますし(岸本先生は精神科医ではありませんが)、悪く言えばちょっと持って回った感じになっているでしょうか。ケアに携わる医療者のみなさんは、読むとしたらまず今回紹介した『エビデンスからわかる~』をオススメします。エビデンスと向き合い、それを1人1人の患者さんの事情に合わせて”活かす”ことで、エビデンスは豊かな色を持っていると実感されるでしょう。それを読み終わった後で、文系的な表現がキライでなければ、岸本寛史先生の『緩和ケアという物語』を読むと、両者の理解がより醸成されていくのでは、と思いました。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2008-59521cbb
トラックバック
コメント
ナースコールの説明、何だか温かいですね。目的は一緒でも、その説明の仕方でずいぶんと変化するんだなぁと感じました。
ノラdot 2016.03.22 20:30 | 編集
>ノラさん

ありがとうございます。
目的にまとわせる言葉や態度で、受け取り手の感じ方はかなり変わってきますね。
そういう優しさというのを学べる本だと思いました。
m03a076ddot 2016.03.23 00:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top