2016
02.28

熱田神宮とステマ

 2月のある休日、熱田神宮にお参りに行ってきました。初詣的な?

 熱田神宮は草薙剣を祀るとても歴史のある神社で、西暦2013年で何と1900歳になったそうです。以前にも参拝したことがありますが、空気が涼しくて良いんですよねぇ。ただ、お参りに行った当日は晴れていたのですが風が強くて、指先がかじかんでしまうほど。北海道にいた頃よりも随分と寒さに弱くなったものです…。

 金山駅から名鉄に乗って、次の駅である神宮前駅で降ります。すると、すぐに東門が見えてきます。しかし今回は少し回って正門から入ってみましょう。

RIMG3680.jpg

 派手さはないものの、厳かな佇まいではありませんか。中に入ると…

RIMG3681.jpg

 清涼感と静寂。伊勢神宮も緑が多かったのですが、行った時期が式年遷宮の時だったので人でごった返していました。熱田神宮は休日でも人が多くなく、静かなゆとりあるこころで歩けます。ただ、いろんな行事が行われるので、その時に当たると混雑しますが。

 おや?

 RIMG3682.jpg

 眼鏡之碑を発見。土偶さんでございます。とってもシュールですよね。。。自分は眼鏡がなかったら生きていけないので、この土偶さまにも感謝の念をお伝えしておきました。ただ、この形の土偶(遮光器土偶)を見ると、昔々に観た映画のドラえもん”のび太の日本誕生”を思い出します。あの土偶とギガゾンビは恐怖であった…。

 次は第二の鳥居。

RIMG3683.jpg

 左手には手水舎。うー、水が冷たい。

RIMG3684.jpg

 ちょっと歩くと、すぐに大楠が見えます。弘法大師が植えられたとのこと。

RIMG3685.jpg

 樹齢は1000年以上で、高さは20mほど。熱田神宮にはこの大楠が全部で7本あるとされますが、参拝者が見ることの出来るのは3本らしいです。ちなみに画像のものが最も有名(というか目立つ)。何と蛇が住んでいて、時折顔を見せるそうですよ。

 そして、第三の鳥居。ここをくぐると…

RIMG3686.jpg

 本宮です。 

RIMG3687.jpg

 お隣は授与所。

RIMG3689.jpg

 すっと横に入ると神楽殿があります。初宮参りと言えばこちらで、参拝した日も赤子を抱いたお母さんとご家族が複数組。

RIMG3690.jpg

 そして、”東風吹かば…”と言えば梅の花でして、ちょうど咲いていたのです。”ならずの梅”でして、花は咲けど実はならず。

RIMG3691.jpg

 桜も良いけど、梅も素敵。香りという点では梅の方が春らしさを告げてくれるでしょうか。

RIMG3692.jpg

 1本の木に、白梅と紅梅の両方が咲いています。

RIMG3695.jpg

 こちらにも梅の木。

RIMG3697.jpg

 神楽殿の脇に歩を進め側面を見てみると、参拝客みなさんが頚をかしげるモノが…。

RIMG3698.jpg

 一度は頭をよぎるでしょう。



五平餅?



 と。京都や金沢の人なら生麩になるのかも。ガリガリ君でも良いですね。

 しかし、見れば見るほど五平餅だな…。

RIMG3699.jpg

 さて、引き返しましょう。

 途中でしっかりと鶏さんを発見しておく。大体は宝物館のところにいるんですよね。

RIMG3701.jpg

 まっすぐ帰ることはせず、ちょっと寄り道をね…。

RIMG3702.jpg

 境内にある”清め茶屋”に。寄り道といえば「お、例によってゲーセンだろ」と思ったかもしれませんが、今回は違いますよ。

 そこで買ったのは…

RIMG3703.jpg


五平餅 と みたらし団子


 あの五平餅が頭から離れなくて、つい…。くっそー、巧妙な罠にしてやられた。

 ぱくりとね。

RIMG3706.jpg

んまい。

 香ばしくて、お餅の部分が水っぽくなくてお米のつぶつぶ感も残っています。みたらし団子は甘さがなく、むしろおしょうゆ団子でした。

 その清め茶屋のお隣には、”宮きしめん”があります。

RIMG3711.jpg

 そこで、きしめんを1つ。

RIMG3710.jpg

 いただきましょう。

RIMG3712.jpg


温かくて、んまい。


 もう風が冷たくて寒かったので、このおつゆの温かさがたまりませんな。華厳の滝を見た後に食べた”すいとん”を思い出しました。温かいものを食べる時、最高の調味料が寒さでございます。

 このしいたけがまたね、ちょっと甘くて美味しい。

RIMG3713.jpg

 カマボコには”宮”のマーク。おあげもおつゆが染みこんでおり、甘さも相まって良い感じ。

RIMG3714.jpg

 ごちそうさまでした。

RIMG3715.jpg

 寒い中、鼻をすすりながらのきしめんは絶妙。

 五平餅トラップにはまんまとハマりましたが、行きの厳かな気持ちと帰りのきしめんな気持ち、両方を味わって帰宅と相成りました。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/2007-53c91b14
トラックバック
コメント
神社仏閣周りも良いですよね。
自分も年齢を考え、芸能人のおっかけなどしていないで、
時間を有効につかわなければ。
しかし、先生はよくお食べになりますけど三食きちんと食べる方なのですか?
さくらdot 2016.02.29 23:00 | 編集
>さくらさん

ありがとうございます。
若い人と一緒におっかけることで、気持ちが若くいられるかもしれませんね。
学生を教えている先生は話していると随分と若い印象を受けますが、それも常に若い人と接しているからなのかなと感じています(若年者のエキスを吸っている感じ)。
自分は朝昼晩と食べますよ。
ただ、朝はやや軽めで、晩はいつも主食をオフにしています。
その分、こういう時にしっかり食べてしまいますが…。
m03a076ddot 2016.03.02 00:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top