2016
08.23

もうちょっと肩の力を抜いてだね…

Category: ★精神科生活
 前の病院にいた時の話ではありますが。。。

 看護学校の学生さんが実習として来ることがあります。初々しくて肌のハリも違うなぁと、まぶしい若さは羨ましいものでした(もはやオヤジ眼線)。こころがすり減っていないというか、未来を感じさせるその姿。翻って自分はどうだい…。などと悲しがっていましたが、彼らも年をとって働いて日本医療界の苦しさやこれからの閉塞感を味わうことになるのかと思ったら、それはそれで何とも言えなくなります。

 大体どこもそうなのですが、看護師さんはかなり上下関係が厳しいです。先輩が「こうやるのよ!」と言ったら後輩は逆らえません。褥瘡に対する湿潤療法は結構広まってきた感覚はありますが、”先輩看護師の意見””お局の一声”はものすごく大きく、それは医者以上です。自分の信念・プライドを持つことは悪くないのですが、それが他者の情報を遮断することと同義になってしまっては、エゴであり進歩はないでしょう。ちなみに医者であればエビデンスという武器でまだ若手が食い下がろうと思えば食い下がれますし、指導医もトンデモでなければ勉強しているのでまずまずではないかと感じております。…まぁでもあれか、感染症、創傷・熱傷の治療、輸液栄養管理なんかは自分で勉強した方が良いなと思う時も多々。

 何でそんなに看護師さんは上下関係に厳しいのだろうと思っていたら、その源泉を学生さんの実習にちらっと垣間見たような気がします。

 朝、実習生のみなさんがナースステーションに入ると、みんな横一列に並んで代表者が大きな声で

「○○学校の実習生です! 今日も一日、よろしくお願いします!」

 と言ったかと思ったら他の学生さんも

「よろしくお願いします!」

 と声を合わせて一礼。最初に見た時は何事かとびっくりしましたよ、自分は。そして何と、お昼休憩に入る時も

「これから昼休憩に入らせていただきます!」

 って言うし、なんとその休憩から戻ってきた時も

「昼休憩終わりました! 午後からもよろしくお願いします!」

 みたいな。そして帰る時も同様に

「今日も一日、ありがとうございました! 明日もよろしくお願いします!」

 うーむ。。。それをみんな横に並んで大きな声で…。正直なところ


ここは軍隊か!


 と思ってしまいました。しかもですよ、学生さんが挨拶をしても、数人は「はーい」とか「よろしくね」とか(たまに)言ってくれることもあるのですが、ほとんどの看護師さんは


ガン無視


 多くは彼らの存在に気づかないかのように動いています(忙しいのは分かりますが…)。自分はナースステーションで電子カルテをいじっている時、そういう場面にちょくちょく遭遇するのですが、少々異様な感じ。気まずくてちょっと頭を下げる気遣いをしてしまうくらい。あの空気には耐えられません…。

 で、看護師さんに聞いてみたんです。「こうやって並んで大声張り上げてビシっと並んで頭下げるなんて、何か軍隊みたいじゃないですか?」と。そうしたら



「え? 普通ですよ」



  そうなの!? そこであたしゃ思いました。看護師さんのあの妙な上下関係は、ここから来ているのではないか…? と。確かに自分たちも学生の頃は教授の診察を突っ立って見ているという疲れる儀式(?)はありましたが、それでもこんなにすごくはなかったなぁ。。。

 全国にそういったところが複数あるのでしょうか。いくつか他の病院の医者に聞いても、「あったね、そういうの。ありゃすごいね」と語ります。自分のいた病院だけではないのだ…。しかし、それがもし全国的に平然と行なわれているのだとしたら、ちょっとそれはいかがなものか。。。規律そのものはあったって良いと思うんです、もちろん。ただ、そんなにビシっとやって、かつ看護師さんたちがスルーしちゃう状況はどうなんでしょう。実習の学生さんにはこちらもきちんと応えることが大事なんじゃないだろうか、と思わずにはいられません。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1993-08cbbfb1
トラックバック
コメント
確かに良く目にしますね。
入院していた先でも勤務先でもよくある光景。
ただ、ナースステーションの「教育担当」に向けての挨拶が多く
特に、全員が気にしているようには思いませんでした。
看護師さん質はスルーしているというより忙しいようですし
教育担当は担当で任されているような。

ちなみに、私の実習時は(業種違うけど)
担当の先輩に「飯食いにいっていいよ」
って感じでしたね。
夜はひたすら飲みに皆でいってました。

看護師さんの業界は確かに年功序列なのかも。

さくらdot 2016.08.24 21:30 | 編集
看護師ではないですが、私が新卒時に勤めていた会社もこんな感じでして
外部からは「軍隊」とか「宗教」とか「北○鮮」とか言われていました 笑。
昨年、久々に入院生活を経験して思ったのですが、看護師さんのお仕事ってやはりハードですね。
この「軍隊」に耐える根性のある方でないとつとまらないのかなぁ…なんて思ったりもします。
かよdot 2016.08.25 12:42 | 編集
>さくらさん

ありがとうございます。
どこの病院でもあるのですね…。
教育担当に向けての挨拶であれば、その人に「どうもありがとうございました」と言うだけでも良いのかなと感じてしまいます。
ドアの前でみんな並んで大声で言うのは、そして何の反応も返ってこないのは、良い結果を生まないような気がします。
看護師さんも大変だなぁという実感は他の医療者に伝わりますが。。。
m03a076ddot 2016.08.27 14:13 | 編集
>かよさん

ありがとうございます。
そのような会社もあるのですね。
”軍隊”に耐えるような根性を養わねばならないのであれば、その職場は職場として破綻しているような気もします。
また、そのような根性は”弱い者いじめ”につながりかねません。
実際、看護師さんの世界も云々、げほげほ。
もっと風通しの良い、古い空気が沈殿しないような雰囲気が一番かなと感じています。
m03a076ddot 2016.08.27 14:24 | 編集
一斉に挨拶、関東のことはわかりませんが関西ではわりと普通に行われていますね。
大学、短大、医師会付属関係なく行われているようです。(大学院では流石にしてないみたいです。)
教えていただいてる、お忙しい中お邪魔してる、と言う発想なのかなと思います。教員から指導されて行ってます。
スルーするのはいかがなものか、私も思います。学生時代スルーされると辛かったですし。
さかてぃdot 2016.09.04 15:54 | 編集
>さかてぃさん

ありがとうございます。
関西では普通なのですね…。
挨拶に対して忙しいからという理由があってもみんなスルーするのは、みんないい思いをしないのでは、と感じてしまいます。ていうか、そもそも挨拶を返すのは数秒で済みますし(顔も合わせてすべきですが)。
あの挨拶の仕方は学生の頃から上下関係を染みつかせているようで、それは先輩看護師が間違っていても指摘できない空気を生み出しやすくなるかもと危惧しています。
m03a076ddot 2016.09.07 10:10 | 編集
 実習生の方々もこれでもか!というくらいいろいろと気を遣って実習を受けているのですから、労いの気持ちがあってもいいと思うんです。ただでさえ実習って半端じゃないくらい大変なんですから。

 私だったら「あ~、お疲れサン!しっかり休んでまた頑張ろうね!」とか「お疲れ様!気をつけて帰ってね!」とか、一言言うんですけどね。

 挨拶がないところって、医療ミスとか起きてそうなイメージがありますが…どうなんでしょうか??


 ずっと感じていたことなのですが、看護師が足りないからと、看護学部をあちこちに立ち上げているようですが、看護学部をつくるだけでは問題の解決につながらないような気がします。 せっかく念願の看護師になっても、看護師の資格をとっても、ペーパーになり下がるのが目に見えてしまって。

 看護師って、本当に足りないのでしょうか???
 私、免許を持っているだけで、実際のところは飽和状態ではないかと思ったりもするのですが…。

 これをご覧になった看護師の皆さん、ケンカを売る書き込みですみませんm(_ _)m
朧月夜dot 2016.10.01 12:20 | 編集
>朧月夜さん

ありがとうございます。
看護師さんは軍隊式というか上下関係が厳しくて、若い人は大変だなぁとつくづく感じています。
そういう関係は仰るように意思の疎通がうまく図れず、医療過誤のリスクになると個人的には思っています。
看護師さんの数そのものは統計の取り方でだいぶ変わるようで、結局はそんなに十分にいないのではないかと言われます。
そして、離職率の高さや日本の医療体制の問題も指摘されています。
少し長めですが、こういう文献を読んでみても良いかもしれません(http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/metadata/D300010000001)。
m03a076ddot 2016.10.02 16:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top