2016
01.17

集まれ受験生!

 2日目の続き。金閣から歩いていける超有名どころと言えば…

RIMG3322.jpg

 やはり北野天満宮!

 たくさん並んでおります。

RIMG3320.jpg

 うわー入試やー(受験生のみなさん、センター試験の無事をお祈りします)。

RIMG3321.jpg

 さすがにもう受験はしたくないな…。人よりも多く受けたから飽きましたわ。

 梅が咲いておりました。

RIMG3333.jpg

 紅梅。

RIMG3329.jpg

 白梅。

RIMG3331.jpg

 いずれも春を感じさせますね。

 菅原道真が亡くなってから天変地異が都で起きたことから「これは道真公の祟りだ!」として、鎮めるために建立されたとされる北野天満宮。躁状態へのオランザピンのような存在でしょうか。

 菅原道真と梅と言えば、庭の梅が太宰府まで飛んでいったという飛梅が有名ですね(さだまさしの歌にもあります)。不幸な人生の終わり方をした主を慕って行ったのだなぁ、とちょっと感慨深くなります。北野天満宮の梅は何を思っているのでしょう。やはり今は「受験生がんばれー」と応援しているかしら。

 ぽてぽてと歩いて、ちょっとだけお腹が空いたので”とようけ茶屋”へ。

RIMG3345.jpg

 ”とようけ丼”と…

RIMG3338.jpg

 ”生ゆば丼”です。

RIMG3339.jpg

 とようけ丼は甘く煮たお豆腐や油揚げ。ちょっと味が濃い目でした。湯気でレンズが曇っております。

RIMG3340.jpg

 生ゆば丼は少し生姜の効いた餡が美味しい。

RIMG3341.jpg

 で、ホテルに戻って、ゴールドロールで買ったロールケーキの顔を覗きます。

RIMG3347.jpg

 抹茶生地と、黒豆を使ったクリーム。

RIMG3349.jpg

 ぱくっと。

RIMG3350.jpg


んまい!


 生地が少しもちっとしていて、甘さがしつこくない。何個でも入ってしまいそうで怖いですな。あっさりしているけれどもきちんとクリームの良さもあり、何せ生地がもっちりしっとり。美味しいので、金閣に来たら一度ご賞味あれ。

 ホテルでは少し時間があったので、仕事もしてますよというアピール画像を出しましょう。

RIMG3352.jpg

 京都のドーミーインでは休憩どころがあって、そこにコーヒーマシンが配置されております(無料)。カフェオレを飲みながら、アリバイ的な仕事を1時間ほど。

 そして向かったのは…

RIMG3353.jpg

 京都駅の近くにあるイオン。何が目的だ??

 おやおや…

RIMG3354.jpg

 そうなのです、ちょっと寄ってみたんです…。

 でもここのゲーセンは、いわゆるトリプルアームという”三つ手”タイプの台が多くてちょっとがっかり。見たことのある人もいるかもしれませんが、トリプルアームは小さな台も大きな台もあります。クセモノでして、これ、実は投入するお金が一定の金額に到達すると、アームの力が強くなるように出来ているのが多いのです(すべてではありません)。普通にプレイすると、がしっとぬいぐるみをつかむのですが、アームが上昇するとつかむ力が弱くなるようになっているのです! プレイし続けて一定金額になると、アームの力が強くなりゲットできるという、いやらしい台なのです。だから、人によってはずーっとプレイしてもダメだということもありますし、その後に誰かがプレイすると運が良ければ数回でゲット出来てしまいます。アームの位置やぬいぐるみの重心とかを考え抜いてプレイするタイプではなく、運や財力が勝負になるタイプ。よって、自分はこの台がキライです。

 しかし、今回ばかりは…

RIMG3355.jpg

 この”うずらのたまご”タイプのぐでたま先生がめっちゃ可愛い…。しゃーない、少しお金使うかもしれないけどやろうかな。。。

 で、600円でゲット。この大きさに600円は使いすぎで、本来であれば200円位で獲得したいレベル。ぐでたま先生が可愛いから許す。

RIMG3356.jpg

 ということで、みなさん、出来るだけトリプルアームをやらないようにしましょう。特に大きい台は景品のぬいぐるみも大きいので欲しくなるかもしれません。また、がしっとつかむといったんは上がるため、獲れそうな気がしてしまいます。しかし、トリプルアームの多くの台の本質は”確率機”と呼ばれるものであり、投入する金額に応じてアームの力が強くなるように出来ている、換言すればお金を入れ続けないと獲得できない仕組みになっています。テクニック云々ではないので、これは邪道でございます。

 京都の記事で何を熱く語っておるのだ…。

 でもって、このぐでたま先生だけだとちょっとさびしいなぁと思ったため、こんなのを。

RIMG3358.jpg

 穴の近くにあったので、リングに通さずそのものを押し込んで落とすことにしています。いぇい。

RIMG3357.jpg

 もう1つもゲット。100円で1回の台ですが、200円で3回なのでちょいと良心的でした。

RIMG3360.jpg

 こういうのはテクニックで落とす台で、これが王道ですな。よーし、今回の収穫はこれで良いでしょう。

RIMG3361.jpg

 頑張ったからお腹空きましたね。ということで、本日も夜鳴きそばのご厄介になりました。

RIMG3362.jpg

 しかし本日はこれで終わりではなかったのです。。。

 ちらっ

RIMG3364_20160106134103dca.jpg

 第一旭本店というラーメン屋さんにやってまいりました。毎回、京都旅行では観光名所から京都駅にバスで向かう途中に行列ができているのを車窓から眺めていて気になっていてですね。今回は意を決して向かうことに。何とですね、到着したのが夜の11時30分ですよ。この時間でこの行列って…。毎日朝5時から深夜2時まで営業しているそうです、このお店。

 40分ほど待ってようやく店内に。餃子とラーメンを注文。

 まずは餃子が出てきました(250円)。

RIMG3365_20160106134103b56.jpg

 では。

RIMG3367_20160106134105436.jpg

 うむ、餃子はいたってシンプルな味。「餃子ですね」という味で特に変わったところはありません。

 食べ終わって15分後に、ラーメン登場(700円)。

RIMG3368_2016010613410643d.jpg

 麺はストレートか…。食べてみましょう。

RIMG3369_20160106134101c4d.jpg

あぁ、これは




普通でした




 なぜ並ぶのだ…と不思議に思ってしまった。。。スープはあっさりめのなかに少しコクを感じます。しかし何か惹きつけるような、そんな感じはありません。まとまっていて特徴がないような。麺はちゃんぽんの麺に似ているでしょうか。コシは感じず、少し柔らかめ。うーん、なんだろうな、この残念な感覚。チャーシューも少しパサッとしている。

 自分は新潟にいたこともあるのですが、そこもラーメン激戦区のようです。しかし、その新潟のラーメンも美味しいと感じたことがなくてですね。。。麺が美味しくない。北海道のラーメンに慣れているので、多分特殊なんでしょうね。北海道が秀でているというわけではなく、あの麺自体に旨みがあってスープにもコクのあるラーメンは例外的な立場なのかもしれません。その例外で育ったため、スタンダード的なラーメンを美味しく感じられない、そう思います。

 この第一旭本店のラーメンも、スープは不味いわけではありません。マイルドな感じで嫌う人がいないような味。ただ、並ぶほどなのかと聞かれると、うーむ…。麺に関してはちょっと改善の余地ありな感じもあります。コシと旨みがほしいなぁ。寒さの中で並んだのが良い調味料になったことはなったかな…。あくまでも個人的な感想ですので、実際に食べてみると良いと思いますよ。多分、自分のラーメンに関する味覚はちょっとズレていそうなので。

 「いやー、残念だなぁ」と思いながらスープの中のネギを泳がせていたら、肺塞栓を発見。

RIMG3372_201601061341242da.jpg

 右室負荷の高まった心エコー像ですね。心室中隔が左室側に押されています(D-shape)。壁の厚さも右室が薄くて左室が厚いので、このネギはピッタリでございますね。

 こうして京都2日目の夜は更けていったのでした…。

 翌日は名古屋に帰ることになりますが、その前に行くところがありますよ。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1987-55339e36
トラックバック
コメント
たしかに、何処のラーメンを食べてもあまり美味しいとおもわないですね。
かといって、よく名店と言われる札幌のラーメン屋さんもまあ美味しいのかな。くらいで、一番美味しいのは高校の近くのラーメン屋でしたかね。北海道の黄色い麺の素朴な味噌ラーメン。ただ、喜多方はおいしい所はありましたね。東京界隈はあまり美味しいとは思えないな。普通のラーメンって感じ。
やはりソウルフードなんでしょうか。

天神様といえば、夫の実家ではお正月に床の間に天神様の掛け軸を飾ります。
ちょうど、25日ごろに外すので、センター試験の最中はお母さんは
天神様に向かってお祈りしていたそうです。
さくらdot 2016.01.17 23:31 | 編集
こんばんは。
僕的に、ぐでたま先生の隣にいらっしゃる野口さんのぬいぐるみも気になります。
怖可愛い感じがして興味をそそられます。
そして、ぐでたま先生ばかり狙うもなか先生は一途な性格だと思いました。(笑)
匿名dot 2016.01.19 20:20 | 編集
もう、紅梅白梅が咲いているのですね。キレイです。自然は人間と違いぶれないというか、時期が来ればちゃんと咲くのがすごいなぁと思います。少し早いですが。とようけ丼はじめて聞きました。とても美味しそうですね。京都ではわりとよくあるお品ですか?

ノラdot 2016.01.19 20:56 | 編集
>さくらさん

ありがとうございます。
有名になりすぎたラーメン屋さんはあまり美味しくないことが多いですね。
その土地その土地の味があるのもまた良いところなのかもしれません。
天神様も受験シーズンは色々なお願いが降りかかってきて、多分忙しいんでしょうね。
m03a076ddot 2016.01.20 01:49 | 編集
>匿名さん

ありがとうございます。
野口さんに目が行きましたか。
もう自分はぐでたま先生が愛おしくてですね。
でもいつもはリラックマ先生もことり隊もすみっコぐらしも、獲れそうなら獲る姿勢で臨んでおります。
とは言え、ぐでたま先生にかける意気込みは一番大きいのですが。
m03a076ddot 2016.01.20 01:59 | 編集
>ノラさん

ありがとうございます。
梅は早いですね。故郷の北海道では桜と梅が同時に咲くことが多く、内地に来てからこの時間差を感じております。
とようけ丼は、おそらくお店の名前である”とようけ茶屋”が出しているからこの名前なのだと思います。
京都で人口に膾炙したメニューではないと感じております。
自宅でも作れそうですね。油揚げとお豆腐をちょっと甘めのおつゆで煮ると出来上がりという印象です。
玉子でとじると、さらに美味しそうな感じ。
m03a076ddot 2016.01.20 02:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top