2016
01.08

凝縮!

Category: ★本のお話
 中井久夫先生と言えば、日本の精神科医で知らない人はいない(知らなければモグリと言って良いでしょう)、有名な精神科医です。統合失調症の寛解過程論が代名詞のようでもありますが、統合失調症に限らず患者さんに希望を持ってもらうような、そんな援助の姿勢を学べる数少ない精神科医の1人ではないでしょうか。

 その中井先生の考えをしっかり学べる本が2015年11月に、ラグーナ出版さんから『統合失調症をたどる』というタイトルで出ました。

たどる

 失礼ながら、今まで”ラグーナ出版”という出版社を存じあげなくてですね…。今回はじめて知ったのであります。。。

 これは”中井久夫と考える患者シリーズ”として4部作になるようで、今回は第1部。患者さんの声が入っているのもポイント高し。浦河にある”べてるの家”も”当事者研究”で有名であり、患者さんが自分自身の統合失調症を語っている本をたくさん出しています。例えば医学書院さんの『べてるの家の当事者研究』、『べてるの家の「非」援助論』などがあります。他ならぬ患者さん自身の声というのはとても大事で、変な精神科医が理論づくしで語るよりもよっぽど真実味があります。この『統合失調症をたどる』でも、患者さんの言葉で「主治医は、私のなかに自分の理論を見ているだけなのです」とあり、精神科医としてドキッとする場面でもあります。あまり理論武装してガチガチに構えるといかんなぁと反省。

 この本は、これまで中井先生が述べてきたことを綺麗に抜粋してくれており、精神科医としてとってもありがたいです、こういうの。様々な本で少しずつ語られていることがぎゅぎゅっと凝縮されており、統合失調症の発症以前から回復期までを見通せるつくりになっています。患者さんの声も差し挟まれており、「こういう表現なのかぁ」と驚きもあり、感心もあり。欲を言えば、患者さんと中井先生との対談があると面白かったかしらと感じました。

 若手精神科医は必読と言っても良いでしょう。統合失調症の理解を深める本ですが、患者さん全体への暖かな眼差しを学べると思います。こういう”文系”的な本を嫌う人もいるかもしれませんが、精神科臨床は”人間存在に触れる”ことでもあるのだ、ということを忘れずに。科学性を追求したあのヤスパースも『精神病理学総論』の第4版で「精神科臨床には精神病理学以上のものが必要だ」というようなことを述べており、それが難解ではありますが、あの第6部”人間存在の全体”になっています。私たちは、医師として患者さんと接するところと、人間として接するところの両方を持っているのです。そして、精神科においては後者がとても重要になってくるでしょう。それが友人のような親密さや恋人のような距離でないのは言うまでもありませんが。何というか、”たましい”を共有している存在への接近とでも表現すべきでしょうか。ちょっとオカルトっぽいかしら、そう言ってしまうと。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1984-62aecb20
トラックバック
コメント
中井先生と言われると診療作法をちらりと読んだくらいで「偉い先生だ」とばかり思ってしまいますが、精神科界の名医って神田橋先生といい、斎藤環先生といい、もなかせんせいといい(そこに入れちゃったよ)、「知りたい人に対してわかりやすい文章を書く」事が上手いなと。専門であれなかれ、こういう事象に意識を向けたい人にきちんと応える文章を書くので凄いと思います。アマゾンのレビューよんでいて驚きましたが、こういう活動をしている出版社なんですね。あと、「向精神薬は、無理をするとてきめんに眠くなったり、だるくなったりさせるもので、ゆとりのある生活をしている時は適量の
向精神薬はなんの特別な感じを起させないこと。」という下りはまさしくその通りで、ゆとりがありどうやら脳が正常に動いている時には全く意味をなさないんですよ。試した事あるんです。平常時に飲んだらどんなふうになるのか?
調子の悪い時は上手く押さえ込んでくれますけど。うまく患者さん達がかたってくれていることがよくわかるので、双極性障害も自閉症も統合失調症も関連性あるんだろうな〜と漠然と思ってしまいました。今度読んでみたいと思っています。
さくらdot 2016.01.09 15:35 | 編集
>さくらさん

ありがとうございます。
そこに入れちゃいましたか。。。恐れ多いですね、何とも。
珍しい出版社だなぁと思いました。でも、患者さん自身が声を上げることはとても大事だと思いますし、それ自体が治療的意義を持っているような気もします。
お薬のくだり、やはり”ゆとり”は大事ですね。ゆとりが得られれば多くの症状は”悩み”に姿が変わってくれるかもしれません。
m03a076ddot 2016.01.10 14:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top