2015
07.19

日帰りうつ病学会

Category: ★精神科生活
RIMG1962.jpg

 以前お知らせしたとおり、7/17はうつ病学会にちょろっと行ってきました(もともと学会が嫌いで行かないタチなのですが、諸事情により行かねばならなくなり…)。ちょうど台風が来ており心配しましたが、午前中は雨風ともに強かったものの午後からはそれも消退してくれました。しかし疲れました、さすがに。日帰りとはいえ自宅に着いたのは日付が変わっておりましたので。

 そんなうつ病学会は、京王プラザホテルで行なわれたのであります。東京駅から新宿駅に出て、西口から徒歩5分。

 まずはこちら、東京駅っぽさが存分に出ているポスト。

RIMG1976.jpg

 そして新宿のモード学園コクーンタワー。

RIMG1972.jpg

 モード学園って変わった建物ですよね。名古屋のモード学園もスパイラルタワーズと言って、ねじれてます。デザイン系の学校だから建築物にも気合いを入れているのでしょう、たぶん。

 ビル8階に爪をかけているゴジラさん(@TOHOシネマズ新宿)。もうちょっと遠めで撮った方が良かったですね。

RIMG1969.jpg

 でもって、こちらがうつ病学会会場。

RIMG1966.jpg

 中に入ると各セッションの会場は撮影禁止だったので、ちょっとホテルっぽい雰囲気があるところを写真に収めました。この2枚。

RIMG1963.jpg

RIMG1965.jpg



紛れもなくトイレですね



 何を撮っておるのだというお言葉も出てきそうではありますが…。でもホテルのトイレって綺麗だからつい。

 それはそうと、今回の学会という名の旅行、ちょっと目論んでいることがあり、こちらですこちら。

RIMG1967.jpg

おや?

RIMG1968.jpg

おやおや?

RIMG1970.jpg

おやおやおや?




ゲーセンですね




 自分の中では、旅行とゲーセンはセットになっておりまして、いつもクレーンゲーム(UFOキャッチャー)をするのです。夏が来たらセミが鳴くように、ピザ用チーズを少し使って冷蔵庫に入れておいたらカビが生えるまでその存在を忘れてしまうように、旅行に行ったらゲーセンにお邪魔する。これは風物詩的でもあり、世の中の理でもあります。

 新宿駅近くには3店舗あり、タイトーステーションが南口と東口、新宿スポーツランドというところが東口。これらを行ったり来たりしていました。ま、今回は実質これで歩きすぎて疲れたんですが。。。

 そしてゲーセンに行くということは、そこでお金を使うということと等価。また、旅行ではご飯代がどうしても高くなり、それでもお金を使ってしまいます。今回はゲーセンに集中したかったため(?)、お昼ご飯は学会のランチョンセミナーを利用させてもらいました。よしよし、これで節約や。

RIMG1964.jpg

 そして学会プログラムを見ると、17時50分から”イブニングセミナー”なるものが。「ひょっとしてこれはお夕飯も出るのか? もしそうならそのお金もゲーセンに回せるのでは…」という期待をしておりましたが、出てきたのは

RIMG1973.jpg

 ホテルのバームクーヘン2切れ。「あーそうか、懇親会に参加する人たちも多いからここでお夕飯は出ないよねぇ」と納得するもちょっと残念。いずれにしてもこのバームクーヘンをお夕飯代わりとして、それで浮かせたお金もゲーセンに使うのであります。ちなみに、最近はこういうセミナー(製薬会社提供)でお昼ご飯が出ることについて、処方に影響を与えて好ましくないのではないか、とも言われています。「お弁当くらいで処方は変わらない」という人もいれば、「いやいや、変わるよ」という人も。いずれにしても、聞く側はセミナーの内容を冷静に眺める必要があります。自分は、処方に影響する以前に頭の中はゲーセンになっておりますが…。

 そして、節約してまで勝負に挑み、取れたものは…。チラッ。

RIMG1974.jpg

 おー、ナカナカなものですよ。帰りの新幹線、早めに乗り込んだため周囲に人がほとんどおらず、すばやく釣果を撮影。

RIMG1979.jpg


リラックマのビッグタオルケット(60×160cm)
コリラックマのねぶくろぬいぐるみ(ファスナーを下ろすとコリラックマが出てきます)
アカマルぬいぐるみ(生前のジバニャンですね)
パンツを履かない黄色い変態(蜂蜜依存症のヤツです、ヤツ)


 黄色い変態がかなり大きい。これとコリラックマとアカマルは新宿スポーツランドにて、タオルケットはタイトーステーション新宿南口にて。いやぁ、満足しました。いくら使ったか計算するのは無粋ですな(この4点の中で一番取るのに苦労したのが、タオルケットであります)。

 しかし、最近のゲーセンは箱に入っているフィギュアが多いですね。皆さん取ろうと頑張ってますが、見ているとちょっとすごいお金かかりそうな感じ。結局はこういうぬいぐるみで、かつ取れそうなものに絞ることとなります。あ、でもそういえばジバニャンとコマさんの箱に入ったフィギュアは取りましたな。しかしお金かかった記憶が…。

 そして今回、大きなぬいぐるみが2つ取れたので、帰る時は荷物がすごいことになりました。嬉しいけど大変。自宅へのおみやげも必要最低限になってしまった。

RIMG1980.jpg


ラスクショコラテ ミルク&シーソルト
東京カラメリゼシューケット


 の2つ。東京といえば”東京ばな奈”ですが、家族から「ちょっと食傷ぎみ」とのご意見をいただいたため、趣向を変えてみました。いかがでしょうか。

 まずはラスクショコラテのご尊顔を。

RIMG1981.jpg

 開封しましょう。

RIMG1983.jpg

 食べてみると、想像の範囲内の味。でもサクッとした食感、そしてミルクチョコレートの甘さ、お塩のしょっぱさ、それらがうまく調和しています。良いんじゃないでしょうか。

 お塩を使ったスイーツは、味に複雑さ・奥深さを提供します。ブロナンセリンではなくてオランザピンの持つ効果のような、様々な受容体に結合する、そんな奥行きを感じさせますね。個人的に、”塩スイーツ”の原点は豆大福だと思っており、あんのやわらかな甘みと、えんどう豆のホロッとした食感としょっぱさ、このめぐりあいが絶妙。京都では出町ふたばのものが有名ですが、食べてみたところ、あんがこしあんだったんですよねぇ。自分は「豆大福には粒あん」派でして、ちょっとふたばさんのは残念でありました。。。

 そして、次は東京カラメリゼシューケット。

RIMG1984.jpg

 ビリっと開けると

RIMG1985.jpg

 ちっちゃなシューにカラメルをまとわせております。

 カラメルの部分がカリッとしていて、シューはさくっと。味としては”揚げずに焼いてつくった白砂糖のかりんとう”をかなり軽い食感にしたものに近いでしょうか。家族はこちらの方が美味しいとのことで、「止まらないわー」と言って一人でほとんど食べてしまいました。なんと。

 ふむ、ここまでの記事を見ていると


東京に行ってゲーセンで遊んでおみやげ買ってきただけ


 と思われたかもしれませんが(自分も何だかそう思ってしまった)、もちろんきちんと学会には行きましたよ! ポスター発表の時間もきちんと会場にいましたよ! セミナーにも参加しましたよ! そこはちょっと強調しておきます、念のため。ま、本懐はゲーセンだったりしますが…。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1916-caa0cdd6
トラックバック
コメント
はじめまして。
最近このブログを発見して色々と勉強させてもらっています。うつ病学会には参加したのでもしかしたら・・・と思ったら金曜日で帰ってたんですね。残念です;;
これからも楽しみに読ませてもらいますね。
読者Adot 2015.07.21 00:11 | 編集
>読者Aさん(先生)

ありがとうございます。
うつ病学会の記事は不真面目なもので、失礼いたしました。
日帰りが身体に堪えるようになり、月曜までおとなしく家で養生をしておりました。
雑多な記事ばかりですが、お暇な時にでもチラッと覗いていただければと思います。
m03a076ddot 2015.07.21 11:56 | 編集
こうゆうふうに学会以外の楽しい用事があると気持ちが上がりますね。黄色いプーさん?がかわいいです。頭に帽子がちょこんとついてるのも。これらのぬいぐるみたちはご自宅で保管されているのですか?でも、学会の帰りに結構なお荷物でお疲れ様でした(笑)
ノラdot 2015.07.23 21:15 | 編集
>ノラさん

ありがとうございます。
ぬいぐるみは学生時代に取ったものは大学祭のフリーマーケットに出して一掃しました、確か。
勤めてからは自宅に置いておいたり同僚の里子になったり実家に送り付けたりなどでしのいでいます。
学会の帰りは「このオノボリさん、どんだけモノを買ったんだ…」と思われるような感じの荷物になってしまって、何ともはや…。
m03a076ddot 2015.07.25 11:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top