2015
06.30

名は体を表さない

 紫君子蘭(アガパンサス)が咲いていました。

RIMG1926.jpg

 爽やかな色合い。梅雨時の重い空色だからこそ、紫や白が映えるのかもしれませんね。

RIMG1927.jpg

 特に紫は下品なきつさがなく、クリアな印象があります。

RIMG1930.jpg

 咲き誇る様子も良いですが、こちらは今まさに咲かんとする力強さを感じます。

RIMG1877.jpg

 紫君子蘭という名前ではありますが、君子蘭とは全く関係のない種類。見た目がちょっと君子蘭に似ていて紫色なので、紫君子蘭。しかも蘭と言っておきながらユリ科に属するという、変なことになってしまっているお花でした。

 でも梅雨の時期に咲く様子は清涼感をもたらし、こちらをほっとさせてくれますね。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1906-ed66d550
トラックバック
コメント
庭や、近所でよく見かけます。名前は初めて知りました。こうゆう淡~いお色は、主張しすぎず今の時期キレイでございますね。結構どこにでも生息してるので、打たれ強いお花な気がします。ユリは強いですからね。
ノラdot 2015.06.30 20:09 | 編集
>ノラさん

ありがとうございます。
紫君子蘭は放っておいても増えていき、かつ見た目もキレイでお得感満載ですね。
空を見て、花を見て、1つ1つに間投詞が口からふわっと出てくるような、そんな生活をしてみたいものです。
m03a076ddot 2015.07.03 12:42 | 編集
おはようございます。先生。

アガパンサスというのですね!
華やかなのに控えめな印象の美しい花ですよね。
咲かんとする姿、はじめてみました!
・・・ちょっとグロテスクだなと思いました;
雛瀬 なな。dot 2015.07.04 07:48 | 編集
>雛瀬 なな。さん

ありがとうございます。
確かに今咲こうという姿は、奇っ怪に映りますね。
胎動というか、蠢きを感じさせる姿。
ダイナミックに変わっていくその始まりは、少しそのような感じを受けるかもしれません。
m03a076ddot 2015.07.08 09:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top