FC2ブログ
2017
12.28

臨床のワンフレーズ(22):医者は慎重派

Category: ★精神科生活
 統合失調症の患者さんは微分回路的認知を持っているなんて言われまして、ちょっとした変化を敏感に察知して行動に出ます。それによって、生活では転職を繰り返したり、いきなり留学してみたり。双極性障害の患者さんも転職や思い切った行動が多い傾向ですが、それは軽躁で「よっしゃやるで!」「なんか出来そうな気がする!」という状態になり、パッパッと動くことによります。統合失調症患者さんはやはり”微妙な変化を察知する”という印象で、背景に動かねばならない焦りがあり行動に移す感じ。

 なので、診察でもいきなり「今度就職しようと思います」と言うことも。

自分「え? 就職?」
患者さん「はい」
自分「おぉ…。お仕事ですか」
患者さん「はい。働かないと」
自分「働くことが大事?」
患者さん「はい」
自分「なるほど。その気持は大事ですね。うーむ。確か、この前はデイケアにまず通ってみるって話していたような」
患者さん「でも、働かないと」
自分「働かないと」
患者さん「はい、そうです」
自分「そーでしたかぁ。具体的にどんなことを?」
患者さん「え?これから」
自分「んん、そうか…。働こうっていう意気込みを持ってくれたのはとっても嬉しいことよ。でね、この前デイケアのお話をしましたでしょ。まずはデイケアにトライしてみて、決まった時間に行って決まった時間過ごして決まった時間に帰る。それを続けてみるのがやっぱり大事かなと私は思ったんだけど」
患者さん「それだと遅いと思うんです」
自分「遅いと感じるのね。今まで働いたことがないし、朝起きるのもまだちょっとえらい(しんどい、という意味です)でしょ。仕事はじめたら毎日同じ時間に起きて仕事場に行くことになるし、今は大事にやっていきませんか?」
患者さん「うーん」
自分「働きたいって気持ちはとっても良いことよ。だからこそ、基礎をつくっていくのが、ね」
患者さん「…はい」
自分「○○さん、実はちょっと焦っとるでしょ」
患者さん「…はい」
自分「○○さんは少し焦り気味で考えるクセがあるで、そこを一緒に考えて一歩一歩やっていくのが大事だと思うんよ。仕事しちゃいかんってわけじゃないのよ。その気持ちを持てるほど調子が良くなってきたのは私も嬉しいです。そこでね、仕事をするためにも、まずは朝起きるとか時間通りに過ごすとか、基本的なところができるって言うのを見せてほしいな。それができたら私も太鼓判を押せるしね」

 患者さんに焦りが見える時、ちょっとしたブレーキ役を医者が担います。その中でも、働く意思を大切にしているということは明示し、患者さんの意欲が消えないようにします。患者さんが社会の中で生きていきたいと思う時、自分としてもそこが目標。とは言え仕事がどういうものかっていうのが分からない患者さんも結構いるので、まずは体験的なところからスタートしてみたい気分でもあります。そして、医者のブレーキが患者さんを挫いてしまわないように、最大限の配慮を! ここを疎かにしてはならないのです。

自分「あなたが焦っちゃう分、医者は焦らないのがお仕事」
患者さん「先生って慎重ですよねー」
自分「医者は慎重派よ。医者も一緒に焦ったらバランス悪いでしょ」
患者さん「あー、それもそうですね」

 こんな話をしても、数ヶ月後には同じ出来事が繰り返されることもありますが…。ただ、ここで強調しておきたいのですが、中には「えいっ」と社会の中に飛び込んでうまくいく人もいます! そういう時は患者さんに焦りをあまり感じないような気もするようなしないような。その見極めって難しいですね。しかしながら、失敗するリスクも高いので、「何を言われようとも働くよ!」という患者さんには、あらかじめこちらから

自分「じゃあやってみましょうか。でもね、うまく行かなくっても良いのよ。やってみようと思ってくれたことがまず大きな一歩。無理そうだったらすぐに撤退して。○○さんは頑張りすぎて休み下手なところがあるからね。私も気をつけておくでね」

 と、失敗しても大丈夫だとお伝えします。社会への参入に複数回失敗している患者さんも多く、それが外傷体験になっている場合も。その傷を増やさないためにも、一定の心遣いをすべきだと思っています。

 面白い(?)のは、いつの間にか仕事をはじめていたり変えていたりする患者さんがいるということ。何となく診察での会話に「あれ?」と思うところが出てきて、聞いてみると「あ、仕事はじめたんです」と。こっちはびっくりするんですが、患者さんはいたって平然。こういう患者さんは、症状も安定しているんですが診察は短時間であまり広がってこない感じ。でも広がりのなさに安住しているような、あえて広げてこないような印象もあり、こちらから生活について細かく聞き出すことにちょろっと抵抗を覚えます。

 統合失調症を持つ患者さんがゆとりの中で働けるような社会は、どんな人にも優しい社会なのだと思うのです。でも、だからこそ実現は難しいのかもしれませんね…。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1846-5fdca522
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top