FC2ブログ
2017
12.05

臨床のワンフレーズ(21):揺らぎは自然

Category: ★精神科生活
 精神疾患は、回復の過程で良くなったり悪くなったりを繰り返します。その波を経て寛解へと向かっていく、このことを予め患者さんにしっかりと伝えておき、日々の診察の中でも話題にします。

患者さん「ここに来てお薬を飲み始めてから楽になってきました。でもこの前は何故かがくーってきちゃって…。ホントに良くなってきたのか分からなくなっちゃって…」
自分「そうでしたか。確かに良くなったり悪くなったりというのがあると、この先どうなるのかなっていうのは不安になりますね」
患者さん「はい」
自分「実はですね、最初の診察の時もお話しはしたんですが、こういう良くなったり悪くなったりっていうのは、回復の経過なんですよ」
患者さん「あ、そうなんですか!?」
自分「この症状の揺れ動きが大事でしてね。人間だれだって調子のいい時や何となく気合いの入らんなぁという時がありますよね」
患者さん「はい」
自分「そういう揺らぎは自然なんですよ。良くなったり悪くなったりっていう揺らぎがあって、段々と改善していくんです」

 と話しながら、こんな図を書いて患者さんに見せます。

ゆらぎ

患者さん「こういう感じなんですか」
自分「これって矢印だけ見ると一直線で良くなってますでしょ。でも細かく見ると、揺らいでますよね」
患者さん「はい」
自分「揺らぎがあるのが大事で、自然な治り方なんです。良くなるだけだったらぴゅーって一直線過ぎて人工的。かえって医者としては違和感がありますよ」
患者さん「はー、そうなんですね。良かったです」
自分「飛行機もそうですね。安定飛行に入ったらあんまり揺れませんけど、上昇中って結構揺れる。あれと同じですよ」

 初診時にもお話しはするんですが、患者さんは緊張していたり他にも色んな事を聞かれていたりするので、全部を覚えてはいません。繰り返しの説明が大事ですね。

 揺らぎは自然なもので、それがなくトントントンってスピーディに良くなると何となく「あれ?」って感じがします。ワンフレーズの18番目でもお話ししましたが、笠原嘉先生は「タマネギの薄皮を剥くように良くなる」という風に仰っていたように記憶しています。ちょっとずつ、ちょっとずつ。自分は揺らぎを前面に出してお話しをしますが、イメージとしては”薄皮を剥くように”というのはとても大事だと思います。その過程は、これまでの生活に無理があったところを見つめてこれからに活かしていくという時間でもあります。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1844-584ce877
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2018.07.07 16:01 | 編集
管理人用閲覧コメントをくださったかた、ありがとうございます。

診察せずに診断をすることはできないので一般的な言い方になりますが、他に併存疾患のない純粋な不安障害を薬剤で治療するのであれば、SSRIが適切ですし、もし嘔吐などの副作用がきつければクロミプラミンなど旧来の抗うつ薬を使うこともあります。ただ、昔ながらの抗うつ薬にも副作用があるので、そこは要相談でしょうか。
新しい抗うつ薬の中ではミルタザピンが嘔吐をむしろ抑える傾向なので、それを使っても良いでしょうけれども、不安への効果はSSRIに劣ります。
ベンゾはあくまでも問題を先送りにするものという認識でいるべきでしょう。
メイラックスは個人的には離脱症状が生じにくいと思っていますが、中には強い症状の出る人もいるため、申し訳ないですが "人による"という表現になってしまいます。ただ、力価が高いので減らすときは少しずつとして、細粒を使っています。
薬剤による治療でなければ、認知行動療法などの心理療法もあります。それを行なっている病院に相談してみても良いかもしれません。
大原則としては、その症状が身体疾患によるものかどうかは調べてもらう必要があるでしょう。
m03a076ddot 2018.07.11 13:26 | 編集
ご回答ありがとうございます。
やはり、根本的な治療にはSSRIが必要不可欠なんですね。
認知行動療法は昨年の秋から開始しています。
カウンセリングの過程で、暴露療法にも挑戦しましたが、無理をしすぎてしまい、私には向かないということで、今は別の方法で行っています。
ロラゼパムを服用し、年に数度新幹線に乗って帰省などもしておりますが、体調が悪い日や外出への抵抗が大変強く、日常生活を取り戻しているとはいえません。
メイラックスを服用しても、寛解を目指せるというわけではないんですね。
今の心理状態だと、今度はメイラックス依存への不安が大きくなってしまいそうです。
やはり、嘔吐恐怖があってどんなに怖くても、
SSRIの服用に挑戦しなければ難しいんですね…
もう3年もこのような状態で、
色々と試してきたのですが
いつか決心をしなければならないと感じてきています。
かえdot 2018.07.12 16:00 | 編集
>かえさん

ありがとうございます。
前のコメントにも記載しましたが、SSRI以外にも薬剤はありますし、ベンゾは問題を先送りしますがその間に生活にゆとりが出てくれば良くなることもあり、ベンゾが絶対に悪いわけではありません。
嘔気の作用の出にくいものや、むしろ制吐作用のあるものなども考慮に値するでしょうし、主治医の先生とよく相談してみて方向を決めていくと良いかと思います。
m03a076ddot 2018.07.15 10:13 | 編集
ありがとうございます。
3か月前くらいから漢方薬局で新しく漢方を処方してもらい、頓服のロラゼパム0.5、以前から服用している頓服の甘麦大棗湯で乗りきっています。
漢方薬は効かないと言う話もよく聞くので、
過去のブログから、先生も漢方薬での治療も行っていることを知り、希望が持てました。
しかし、問題を先送りにするのではなく、根本治療にはやはりお薬の服用が必要になってくる事はわかってはいるのですが、怖くて挑戦できていません。
今は帰省中なので、戻ってから主治医に相談してみようと思います。
何度も申し訳ありませんが、
やはり、漢方や認知行動療法など、
西洋薬(SSRIなどという意味で)以外での完治はなかなか難しいのでしょうか?
また、西洋薬での治療をしないと、
再発率も高くなってしまうのでしょうか?
データなどはないかと思いますので、
先生の感覚的なものでかまいませんので、
教えていただけると嬉しいです。
かえdot 2018.07.17 23:58 | 編集
>かえさん

ありがとうございます。
SSRIではなくCBTなどの心理療法でも効果は十分に期待できますし、SSRIと遜色なく、再発率も高くはありません。
ただ、それが全員に当てはまるかと言うとそうではなく、お薬のほうが良かったという人もいれば、CBTがばっちり効果を示したという人もいます。
どちらが必ず優れているというわけではありません (合う合わないがある)。
心理療法では治療者との相性が大きく関係しますし、お薬にもそれは言えるでしょう。
繰り返しになりますが、お薬でなければ完治が難しいということはありません。
お薬であれ心理療法であれ、患者さんが日常生活の中でホッとできるような時間が多くなり、症状との距離が取れてくるようになれば、高い治療効果を示すでしょう。
m03a076ddot 2018.07.18 12:14 | 編集
ありがとうございます。
先生からのお返事を読んで、希望がもてました。
これではダメなのかな?もう治らないのかな?と、不安になっていましたが、もう少し頑張ってみようと思えました!
症状自体はさほど変わっていませんが、最近は少し前向きになれる時間もあるので、あまり病気や、出来ないことに囚われずに過ごせたらいいなと思います。
本当にありがとうございます!
かえdot 2018.07.25 21:55 | 編集
>かえさん

ありがとうございます。
千里の道も一歩からと言いますし、その道のりの中でもちょっと寄り道や回り道をするゆとりを持って取り組んでもらえたらと思っています。
m03a076ddot 2018.07.28 11:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top