2014
11.27

首都に一泊:2日目の前半

 さて2日目、おはようございます。

 ホテル龍名館東京の朝ごはんは、和食を中心としたビュッフェだそうです。

 ででん。

RIMG0655.jpg

 鶏の水炊き、お大根と玉子焼きと牡蠣の有馬煮、まぐろのお刺身、とろろご飯、そしてお味噌汁。和食、良いですねぇ。

 せっかくのビュッフェなので第二弾(お腹は苦しいけれども)。

RIMG0659_201411242223111e2.jpg

 お豆腐のゆず煮、再びまぐろのお刺身さんでございます。

 うーん、お腹いっぱい。そして、シメ(?)にクロワッサンとバター。

RIMG0660_20141124222310580.jpg

 バターをたっくさんつけるのが至福の時ですよ。

RIMG0661_20141124222218be8.jpg

 バターの香りって本当にこころが和らぎます。罪のない感じ。

 毎度恒例の食べ過ぎでお腹が密になったので、ホテルでしばらく休憩。その後に”ゆりかもめ”で東京の景色を遊覧。ま、すぐ歩きまわるのがちょっとつらいため、座ってぼーっとする作戦です。

RIMG0663_201411242223410ab.jpg

 こんな様子をこころを空っぽにして眺めていました。

RIMG0665_2014112422234269b.jpg

 ふらっと降りる。さて、お腹もこなれてきたので、朝のうちに買った麻布十番の”かりんとまん”をごそごそと取り出します。

RIMG0668_20141124222345fb3.jpg

 うーん、こんな草むらに置いてあったら何やら…(おい)。

RIMG0669.jpg

 しかも犬とか通り過ぎたら勘違いしそうですね。と言うか何やってんだ。

 それはそうと、中にはあんが入っています。

RIMG0670.jpg

 ふわっとしていて、底の方はサクッとしていて、ちょっと焦げた感じが美味しい。でもカロリーすごそうですな。触ったら指が油でテッカテカになりましたもん。

 次に、本懐を遂げに明治神宮外苑に行くことを決意。外苑ってくらいだから明治神宮そのものを目指せば良いだろうと簡単に思ってしまったのが間違いでございました。

 明治神宮近くに外苑らしいものが全然見当たらず…。ちょっと距離があるということを、明治神宮に行って初めて知りました。。。

 でもせっかくだから参拝をしようという意見で一致し、ちょっとだけ。

 南詰め所の鳥居。

RIMG0671.jpg

 参道を歩きます。鳥のさえずり、砂利を踏む音、風の奏など、こころが鎮まりますね。

RIMG0672.jpg

 そして大鳥居。

RIMG0673.jpg

 菊の出品会が行なわれていました。

RIMG0675_20141125001329bfd.jpg

 花火のような菊も。

RIMG0677.jpg

 近づいてまいりました。

RIMG0679.jpg

 手水舎で浄めます。

RIMG0680_2014112500141513b.jpg

 楼門。

RIMG0681.jpg

 おや? 両隣に野菜で作られた船が。

RIMG0683.jpg

 新嘗祭だからですね。アップにしてみると何ともシュール。

RIMG0682_201411250014362a5.jpg

 様々な地方から奉納品が集まっています。

RIMG0686_201411250015243a9.jpg

 我が北海道は、にんじんじゃがいもあずき、そしてお米。青森はさすが林檎ですね。

RIMG0687_201411250015255e3.jpg

 本殿(外拝殿)。両隣には大きな楠の木があります。向かって左の方は少し切れてしまっていますが、夫婦楠と呼ばれ、2本の楠の木がしめ縄で結ばれています。

 RIMG0688.jpg
 
 参拝を済ませて、参道を戻ります。

RIMG0691_20141125001521c7d.jpg

 恒例のキノコ発見。

RIMG0690.jpg

 時間にゆとりがあったらもう少しゆっくりして御苑なども見たかったんですが、駆け足だったこともありこれにて明治神宮そのものを後にします。

 そして外苑に向けて出発ということになるのでした。お腹もだいぶすっきり。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1835-595c1a6b
トラックバック
コメント
先生 おはようございます*・ωq


先生のブログは読んでるとお勉強になりますし おもしろいですね(≧∇≦)b


う〇こ 笑


バターは高級品で私はめったに買いませんが やはり香りはマーガリンやファットスプレッドの比にはなりませんし
身体に悪くないですし お菓子を作る時にバターが使えるとウキウキいたします^^*


それにしても 先生はバターたっぷりのクロワッサンに さらにバターたっぷりでビックリおいしそう(「・ω・)「

こんひゅすぱいdot 2014.11.28 08:04 | 編集
牡蠣の有馬煮って 初めて聞きました(゜o゜;

供え物 色鮮やかできれいですね(^^)

あさがおdot 2014.11.28 19:26 | 編集
先生 こんばんは

ぷぷっ”かりんとまん”もう平常心で食べられないわ(^_^)

大きな楠の木,トトロを思い出します。
歴史あるところに大木あり!!
annedot 2014.11.29 19:54 | 編集
こんばんは。

とろろご飯おいしそうです。
小さい頃は苦手だったんですが、大人になってから好きになりました。
結構味覚は変わるものですね。
匿名dot 2014.11.29 20:28 | 編集
>こんひゅすぱいさん

ありがとうございます。
なかなか形や色合いが…だったので、つい草むらに置いてしまいました。
最近は本当にバターが品薄ですね。鮭の味噌バター炒めを良く作っていたのですが、ここのところ機会がありません。。。
ビュッフェは気分も贅沢になって、普段しないようなことをしてしまいます。でもバターたっぷりは本当に芳しくて美味しいです。
m03a076ddot 2014.12.01 06:28 | 編集
>あさがおさん

ありがとうございます。
有馬煮は山椒の実を使っているようで、自分も今回のビュッフェで初めて知りました。
香りが良くて、山椒を噛んだときのピリッとした感じが良かったです。
新嘗祭の野菜の宝船は、野菜の色合いを活かしてますね。
m03a076ddot 2014.12.01 06:31 | 編集
>anneさん

ありがとうございます。
”かりんとまん”は何やらやはり連想してしまいました。
クスノキやケヤキやイチョウなど、身近で大きな幹に昔の人々は木の神様を思ったのかもしれませんね。ご神木になることが多いと感じています。
m03a076ddot 2014.12.01 06:38 | 編集
>匿名さん

ありがとうございます。
確かに味覚は変化しますね。
子どもの頃はごま豆腐やししとうを好まなかったですが、今はちょっとほっとする様な感じすらしてしまいます。
m03a076ddot 2014.12.01 06:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top