2014
11.25

首都に一泊:1日目

 11/22-23は東京に行ってきました。明治神宮外苑でいちょう祭りがあったため、ちょっと見学に。一泊だったので少々慌ただしく…。

 初日は仕事を終えてからだったので遅めの出発。

 新幹線の中で軽く食べるものは、名古屋らしく”みそ串かつ”! いつもは”天むす”を食べますが、今回は違ったものでした。

RIMG0627.jpg

 どん。

RIMG0628_20141124184614173.jpg

 一本がこんな感じ。

RIMG0629_2014112418461041a.jpg

 車内の揺れが響いたか…。少しブレております。

RIMG0630_20141124184612fdb.jpg

 で、東京に着きました。なかなか八重洲北口に出られずうろうろぐるぐると…。東京は怖いところじゃ。何となく回遊魚の気持ちがわかったようなわからないような。

 ふぅ。脱出。

RIMG0635.jpg

 いったんホテルに行って荷物を置く。今回は殆どのホテルが満室で、あわや東京に行くこと自体が中止になりそうでした…。行こうと思い立った日が旅行から遠くなかったので、大変でございました。何とか空いているホテルが見つかって急いで予約をしたのであります。今回泊まったのはホテル龍名館東京。

RIMG0636_20141124184657b16.jpg

 ぴょろぴょろっと出かけて、駅の地下で夕食。生まぐろ丼!

RIMG0631_20141124184613ea3.jpg

 近影。

RIMG0632.jpg

 赤身。

RIMG0633_201411241847267ee.jpg

 トロ。

RIMG0634_20141124184654c9c.jpg

 個人的には赤身の方が好きですけどねー。経済的。

 で、赤レンガ造りの丸の内駅舎に行ってみる。途中でおや?

RIMG0637.jpg

 何やら京都タワーの付け根の様な部分が。。。何でしょうね。

RIMG0638_20141124184757a97.jpg

 日本郵便の商業施設であるKITTEに。

RIMG0642.jpg

 中には立派なクリスマスツリーが。

RIMG0639_20141124184727961.jpg

 綺麗でございますね。14.5mあるそうですよ。

RIMG0640.jpg

 夜の駅舎。

RIMG0646_2014112419030472d.jpg

 もうちょっと歩いて再び。

RIMG0647.jpg

 中に入ってみると。。。

RIMG0645_20141124190302827.jpg

 見上げてみましょう。

RIMG0644_20141124190301623.jpg

 真上。鷲が配置されています。

RIMG0648.jpg

 周囲には、龍。

RIMG0649_20141124190328881.jpg

 蛇など。

RIMG0650_2014112419032668a.jpg

 十二支ですね。西洋彫刻の代表格である鷲と、日本の十二支が併存している。何とも不思議ですが、違和感を感じさせない造りになっているのが大きなポイントなのでしょう、たぶん。

 ホテルに戻る途中に、富士そば。

RIMG0654.jpg

 ゆず鶏ほうれん草そば。440円だったかな?

RIMG0651_20141124190230d4a.jpg

 あっさりめのおつゆと軽いゆずの香りが爽やかですね(欲を言えばもう少し香りが強くて良かったかも)。

RIMG0652_20141124190225644.jpg

 初日はこれにて終了。仕事してから行くとやっぱり疲れますね。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1834-aef3e578
トラックバック
コメント
お疲れ様ですm(_ _)m

行った気分になれるので楽しいです(^m^)
あさがおdot 2014.11.26 16:55 | 編集
先生 こんばんは

ん~夜の駅舎 重厚ですね。都会ではもうクリスマス・・・なんだか焦ります。
“いちょう祭り”どう切り取って下さるのかしら。こちらが本編ですよね,きっと。わくわくどきどき!

「症状それ自体は行動を完全に支配するわけではない」心に響いております。
annedot 2014.11.26 22:39 | 編集
>あさがおさん

ありがとうございます。
東京はなかなか大変で疲れますね…。駅から脱出するのに一苦労でした。
m03a076ddot 2014.11.27 10:56 | 編集
>anneさん

ありがとうございます。
クリスマスは年々早まっていますね。ケーキの予約も秋から始まってますし。このまま早まれば、その年のクリスマスにその次の年のクリスマスが話題になってしまうかもしれません?
「症状それ自体は行動を完全に支配するわけではない」というのは精神科臨床で大事なことだと思っています。症状がありながらも、それと戦わず人生を豊かにすることは可能だと考えます。
m03a076ddot 2014.11.27 11:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top