2015
01.14

みんな裏の顔を持っている

 ”さくさくパンダ”というお菓子があります。ビスケット生地にパンダの顔をしたチョコレートが乗っているというもの。

 パンダの顔に色んな種類があって、可愛らしいです。

RIMG0025.jpg


 しかし、裏のビスケット生地。じーっと見つめていると…

RIMG0017_20140902162420102.jpg

 無表情でどこを見ているとも知れない眼、半開きの口…。なんとも不安になってきませんかね。。。

 あ、なんかチョコ溶けてた。

RIMG0018_20140902162351329.jpg

 やっぱり無表情で怖い…。

この怖さというか輪郭の定まらない不安感は何だろうと思っていたら、たぶんコレをイメージしたんですな。

RIMG0026.jpg

 ムンク先生の”叫び”的な感じ。。。

 あ、なんか字義通り裏表が反対にくっついてしまっているさくさくパンダ先生も発見。製造過程でのミスは起こりうるものですな。

RIMG0042.jpg
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1792-563474e4
トラックバック
コメント
なんだか後ろからみたムンクの叫びでも普通にかわいくみえてきました(笑)。
なな。dot 2015.01.15 06:38 | 編集
美味しいですよね♪

確かに逆に付いてるーーΣ(゚Д゚)
そーゆうの見つけるのも一つの楽しみでもあるかもしれませんけどね•̀.̫•́✧
あさがおdot 2015.01.15 08:29 | 編集
先生こんばんは*・ωq★

この 裏表逆のパンダさんのお菓子の作業が内職で仕上げているのなら(工場のライン作業でしょうから実際にはない話ですが)『不良出しちゃった(∋_∈)』って 落ち込んじゃいますね


でも このパンダさんの裏表逆のものは、消費者の方々も『ハートのピノ見つけちゃったぁ!(^O^)』くらいの感覚の人が多そうですよね。


不良は不良だから 良くはないのでしょうけどね。


今やってる内職の会社の社長の話によると 不二家のパラソルチョコの口のねじりのお仕事の依頼をされたことがあるとか。

あとは アーモンドチョコレートのアルミの個包装のものも 裏のねじりを確認して不揃いであれば手作業だろうから 自分は食べないと言われてました。

母が大昔 パン屋さんのクッキーをフィルムで包む内職をしていたそうですが
未だに 家庭内でむき身?の食品を扱う内職はあるようです。

食品衛生法に違反するので 今やってる内職の会社では食品の仕事を受けるなら個包装済みのものだけにしているそうです。

一度 USJのSNOOPYの個包装済みのチョコレートの袋詰めの作業をしたことがありますよ。

こんひゅすぱいdot 2015.01.17 01:00 | 編集
先生 おはようございます。
おぉ,確かに! ムンク先生の”叫び”的な感じ! 紐解かれるおもしろ世界にわくわくです。
先生の模写も雰囲気ばっちりですね。

黄連解毒湯をアマゾンでポチ。試したいな,早く口内炎にならないかな,あれ?


annedot 2015.01.17 09:06 | 編集
>なな。さん

ありがとうございます。
ちょっとさくさくパンダが重なって見えるかもしれませんね。
そうすると確かに悲痛な叫びもどこか柔らかく感じるかもしれません。
m03a076ddot 2015.01.20 00:32 | 編集
>あさがおさん

ありがとうございます。
チョコレートとビスケットで実際はすごくシンプルなお菓子なんですが、だからこそあまり飽きずに美味しく食べられるのかもしれませんね。
m03a076ddot 2015.01.20 00:33 | 編集
>こんひゅすぱいさん

ありがとうございます。
お菓子にかぎらず、手作業というのは製品の何処かでかならず出てくる大切な部分ですね。
個包装のものの仕事を受けるのは、食品衛生法も絡んでいるんですね。なるほど、と思いました。
m03a076ddot 2015.01.20 00:38 | 編集
>anneさん

ありがとうございます。
黄連解毒湯もなかなか苦い漢方薬でございます。
自分は顆粒をダイレクトに患部に当てることもありますが、普段よりもちょっと治りが早いかな? という感じです。劇的に治るお薬が出たら即刻買い占めたいくらいです…。
m03a076ddot 2015.01.20 00:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top