2014
08.20

産業医大における苦行

 8/4から産業医科大学で産業医研修会。月曜から土曜日まで6日間の集中講座でございました。月曜日は午後から、土曜日は午前でおしまいなので、朝から晩まで(8:30-19:00)は4日間でした。途中で実習を含むとはいえ、座っている時間が長くて長くて。。。腰とお尻が痛くなりました。褥創できたんじゃないかってくらい。

 肝心の講義は、よく寝ました…。後は本を読んでました…。さすがにずっと聞くような集中力はなくてですね。読書がはかどってはかどって、結局6冊も読んじゃいました!

 それはそうと、産業医大でございます。

RIMG0280.jpg

 敷地は結構広いんですが、緑が多いですね。

RIMG0269.jpg

 龍ヶ池。
 
RIMG0281.jpg

 無駄に(?)広いんですよ、この池。

RIMG0282.jpg

 以前は鳥小屋がこの池の近くにあったそうですが、鳥インフルエンザの際に撤去されてしまったとのこと。。。

 南国の象徴、椰子の木だッ!!!

RIMG0283.jpg

 そこに見えるはセミの抜け殻先生。

RIMG0284.jpg

 拷問のような集中講座はこのラマツィーニホールで執り行われました。

RIMG0247.jpg

 初日、まだ講義のない時間帯。ちょっと画像がボケてしまいました。そんなに人が入っていませんが、これは早い時間に撮影したから。実はこれがほぼ満員(800人近く?)になります。

RIMG0246.jpg

 なんとおみやげコーナーも。至れり尽くせりか、とも思いましたが、「しっかり講義受けろよ。他でおみやげ買ってる余裕なんてねーんだぞコラ」という産業医科大学の圧力かもしれません。

RIMG0250.jpg

 3日めと4日めは実習がありました。体力測定や防護マスクを実際に被ってみるなどなど。実習によって場所が変わるため、このようなグループ名を記したカードを持った人たちがいます。

RIMG0296.jpg

 こんな感じで付いていって移動。

RIMG0303.jpg

 なんか、甲子園出場選手みたいですな…。

 実習、特に体力測定はめちゃくちゃ疲れましたよ…。翌日から筋肉痛になりました。。。

 さて、2-4日めは午前午後とあるため、昼食が出ました。大学に行くなら学食を食べてみたかったんですが、わざわざお昼ごはんが出るということでそれをいただくことに。

 初日。

RIMG0268.jpg

 結構豪華じゃない? 色とりどりで見た目も楽しい。

 2日め。

RIMG0285.jpg

 うーん、パンか…。

 3日め。

RIMG0298.jpg

 駅弁ですな。

 この2日間は最初のお昼ごはんよりもグレードが下がっているではないか(自分も贅沢になったもんです…)。

 4日め。

RIMG0312.jpg

 あれ? デジャヴ??

 というような感じでした。

 そんなこんなで、よく食べよく寝てよく読んで、6日間の研修会は終わったのであります。台風が2つ来てましたけど何とか交通に支障なく移動出来ましたよ。飛行機で帰る予定だった人たちは新幹線に変更になってましたが。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1786-1e60c867
トラックバック
コメント
せみのぬけがらは まさか持参したのですか?笑

お弁当 美味しそうにみえましたよー
パンは無いけど(^m^)

あさがおdot 2014.08.20 22:12 | 編集
>あさがおさん

抜け殻は産業医科大学にある木々にたくさん張り付いていました。九州土産で持って帰りたいくらい。
パンは眠くなりますね。講義も睡眠薬みたいなもので、パンで更に…。
m03a076ddot 2014.08.23 07:56 | 編集
お疲れ様でした。産医大のホール、随分前ですが行った記憶があり、お写真を見て少し懐かしく思いました。

是非、先生のようなお方に、産業医として活躍して頂ければと、思いました。

(お陰様で、カメの歩みですが、メイラックスの減量はすすんでいます。減量と関係ないかも知れませんが、時に耳鳴りがしていますが、意識しなければすむ程度です。)
メイラックス減量中dot 2014.08.24 08:43 | 編集
あら、先生も産業医ですか?
友達もそれで県庁で活躍中です(?)
人気あるんですね
うたdot 2014.08.24 22:02 | 編集
先生こんにちは。
研修、お疲れ様です。
私は座学より演習や実習のほうが楽しいです。
お弁当美味しそう・・・パンって眠くなるの?? 疲れると酢飯やサンドゥイッチが欲しくなる私です。
annedot 2014.08.25 18:41 | 編集
メイラックス減量中さん

ありがとうございます。
ラマツィーニホールに行かれたことがあるんですね。
産業医は会社と社員との間で結構大変なようです。普通に臨床していれば患者さんのことをメインに考えていればいいんですが、産業医となるとなかなか難しいみたいですね。
減量は本当にゆっくり少しずつ行なってください。カメの歩みと言わず、ナメクジくらいの遅さでも良いんじゃないかとも思います。
m03a076ddot 2014.08.26 07:57 | 編集
>うたさん

ありがとうございます。
そうですね、産業医は結構なりたいという医者も多く、また引く手もあまたなので需要も大きいようです。
でも社員の皆さんの健康を担うので、大変な仕事だなと想像しています。
m03a076ddot 2014.08.26 08:00 | 編集
>anneさん

ありがとうございます。
パンは実に眠くなりまして…。
記事にあるお弁当も、おかずだけ食べてご飯の部分を実は食べておりません。
炭水化物は普段あまり摂らないので、たまに摂ると強烈に眠くなりますzzz
旅行先では例外的に食べています(せっかくなので)。
m03a076ddot 2014.08.26 08:11 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.07.08 12:34 | 編集
管理人用コメントをくださったかた、ありがとうございます。

産業医であればやはり産業医科大学がその名の通り専門的です。
他の大学であれば、資格を取得するために卒業してから別に講習を受ける必要があります。
産業医になる先生がたはご自身の専門の科でそこの資格を取ってからが多いかなという印象です。
ただ、産業医も会社との雇用関係になる産業医と、自分のように月に一回くらい出向いて助言などをするタイプの嘱託産業医がいます。
勤務形態は、前者であればその会社との契約になるかと思いますし、後者であれば大体は月に一回の安全衛生委員会に出席して職場巡視を行なうというのが多いでしょうか。
前者の場合でも残業はほとんど無いと考えて良いと思います。
産業医のみでの生計は、やろうと思えばできるでしょう。複数の会社に行くことになりそうですが。
知識は適宜行なわれる講習会への出席や出版物で補うことになります。
産業医→勤務医のケースもあるでしょうが、そこは寡聞にして知りません。
必要な科目は、やはり精神科が多いです。
メンタルヘルスが得意でなければ、産業医としては有能とは言えません(これは断言できます)。
もちろんコモンな身体疾患や会社によっては特殊な物質(鉛など)の中毒についても必要となります。
が、今の会社は圧倒的に精神的な面での相談が多いです。
m03a076ddot 2017.07.14 16:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top