2015
04.04

ゼロがひとつ多いんじゃない?

Category: ★精神科生活
 患者さんの中には障害年金をもらっているかたがいます。その新規受給/更新には障害状態確認届という書類をつくるのですが、更新の場合、転院してきた患者さんの多くは前の医者のところで書かれているため、それを参考にしてこちらも記載します。

 以前いた病院での出来事ですが…。

 ある日、ソーシャルワーカーさんが悲痛な面持ちで語りかけてきました。

PSWさん「先生~、お願いしていたこの患者さんの診断書、前通ってた○○クリニックから取り寄せたかったんですけど…」
自分「ぬぬ、どうされました」
PSWさん「お金かかるって言われて、しかもそれが」
自分「それが?」


PSWさん「15000円!!!」


自分「えっ????」
PSWさん「でしょ? 思わず私も聞き返しちゃいましたもん。コピーですよ? 普通は病院同士のやりとりでしかも連携してる病院だとお金ってそんなにかからないんですけど」
自分「15000円ですか? コピーで?」
PSWさん「そうなんです~。電話でサラッと”15000円になります”って。1500円ならね、患者さんに負担してもらえるかもしれないですけど、15000円負担させちゃうのはかわいそうで…」
自分「そうですよねぇ。あの患者さん生活苦しいって言ってましたし…。じゃあ前回のナシで書くしかないですね…」

 ということで、前回の診断書はゲットならず。あんまり前回とガラッと変えて書くのは好きじゃなく、出来るだけ前回からつながるように書くようにしてるんですけど…。この時はさすがに観念して新たに書くことになりました。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1776-97476be4
トラックバック
コメント
普通の診断書でも1万しないですからね。
コピーでこれはおかしいですよ!!

年金申請は先生方も大変ですよね。
うたdot 2015.04.06 09:31 | 編集
>うたさん

ありがとうございます。
そうですよね、価格にびっくりしました。
年金の申請や更新はこちらも気を使うので…。
級が下がるともらえる年金も少なくなりますし、本当に苦しい患者さんにとっては、それによって大きな損害になりますし。

m03a076ddot 2015.04.06 23:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top