2014
10.12

定光寺~お邪魔します

 さて、前回は定光寺までの道のりでしたが、今回は入り込みました。淡々と見て行きましょう。

 まず出会ったのが経蔵です。

RIMG0979.jpg

 ここは一切経を収めているところ。また、輪蔵という回転する書棚があるそうです。なんとこれを一回転させれば一切経をすべて読んだ功徳が得られるとのこと。え、そんなんで良いの…??? 楽をしたい気持ちから派生したような気がしますが…。

 あ、蜂の巣を発見。

RIMG0980.jpg

 刺されたくないのでちょっと近づけない…。

 観音堂。

RIMG0981.jpg

 手水舎。

RIMG0983.jpg

 鐘楼。大晦日に大活躍。

RIMG1001.jpg

 本堂。どん、としたつくりですね。やっぱり存在感あります。秋には紅葉がお化粧をしてくれるそうですよ。

RIMG0984.jpg

 客殿。法要などを行なうそうです。

RIMG0986.jpg

 さて、ここからは拝観料を払います。とは言っても100円でして、随分と良心的ですね。源敬公廟の入口でございます。 

RIMG0987.jpg

 源敬公は徳川義直の諡号だそうです。入って階段を登って行きましょう。しかし他に誰もいませんな。。。

RIMG0988.jpg

 お、この門は。。。

RIMG0989.jpg

 獅子の門、という門です。

RIMG0990.jpg

 くぐって先に進むと、更に門が登場。

RIMG0991.jpg

 これは龍の門と言います。

RIMG0992.jpg

 そしてこちらが源敬公廟。 門に刻まれた葵の御紋が印象的。

RIMG0993.jpg

 おぉっ、ひれ伏してしまうそうですな。

RIMG0994.jpg

 その門の奥には源敬公の石塔が立ちます。

RIMG0995.jpg

 向かって右には、殉死者のお墓。 

RIMG0996.jpg

 このように並んでいます。

RIMG0997.jpg

 すっごく大きな松かさを発見!

RIMG0998.jpg

 源敬公廟にそびえ立つ、立派な佇まいの松の樹です。

RIMG0999.jpg

 このような流れで定光寺を見てきました。次回が定光寺シリーズ(?)の最後ですが、駅に戻るところを。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1772-cf76722d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top