2014
07.18

微分の力

Category: ★精神科生活
 日々の外来をしていると、どうしても調子の良い日や悪い日、イライラしている日や落ち込んでいる日などもあります。特に疲労感はどうしてもにじみ出てしまいます。自分は体力の都合上、疲れやすくてですね。。。休める時間があれば横になっていることが多いです。

 出来るだけそういうのは気づかれないようにと思っているのですが、統合失調症を持っている患者さんの中には凄く鋭いかたがいらっしゃいます。うつ病やいわゆる神経症を持っている患者さんの中にも鋭いかたはちらほら見えますが、統合失調症の鋭さはハンパないです。普段は淡々とした外来で同じようなことを繰り返している感じなんですが、ちょっとした時に「おっ」と思わせることを言ってきてくれます。

患者さん「あれ、先生ちょっと痩せた?」
自分「あら、そう?」
患者さん「うん。何となく小さくなった」
-----
患者さん「先生、今日は忙しいみたいだね」
自分「お、バレましたか…」
患者さん「そんな感じがした」
-----
患者さん「先生、最近寝てる?」
自分「ん? 寝てないように見えます?」
患者さん「疲れてるでしょ。寝なきゃダメだよ」
自分「○○さんはいつも鋭いですねぇ(感服)」

 など。こういう指摘は統合失調症を持っている患者さんが最も多くしてくれます。彼らは、ちょっとした変化に鋭敏で、先読みの力が非常に優れていると言えましょう。それが上記の様なエピソードにもなりますし、また症状としても現れます。患者さんの調子が悪い時は、こちらの身ぶりや表情の変化を「何かしてくるんじゃないか」と思ってしまうことがあります。パソコンのマウスを少し動かした時に「先生、何で動かしたの?」と聞いてくることも。普段なら気にも留めない様々なことが”意味”を持つようになり、それが患者さんにとって悪い方に解釈されます。だから患者さんが”自閉”と言って自分の世界に入るのも、予想外の出来事が出来るだけ起きないようにする防衛策の1つであります。

 よって、統合失調症を持っている患者さんにはこちらもあまり変化を付けずに淡々といつもと同じように接するのが悪さをしないんじゃないかなと思っています。そういう意味でも体調管理っていうのは大事ですよね。身体が付いていかない時もありますが…。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1765-10d23e39
トラックバック
コメント
先生おはようございます*・ωq


私は 統合失調症ではありませんが 主治医がイライラしている時は 表情や口調ですぐに分かります。


あとは グループでのランチに参加したときなど『この人の発言が 相手を今イヤな気分にさせたね』とか
『この人は今帰りたがっているね』とか なんとなく分かります。
これは他の人も分かってそうだけど…

あと 私の主治医は ただ 感情を表に出すことを気にしないタイプなだけかも知れませんし 私の勘違いかも とも思います。


先生 いつもお疲れさまです

こんひゅすぱいdot 2014.07.19 08:47 | 編集
そうなんですね。

よく患者さんの前では、普通にしてて、裏でナースにヤツあたりしてる医師は何度も見かけたというか遭遇はしました笑

あさがおdot 2014.07.19 20:37 | 編集
うふふ。
わかりますよ。すぐに。
名前読んでいる段階で。双極性ですけど。
あえて言わない時もありますが、あまりにも酷い時は言いますね。
「休めよ!!」って。
先生が倒れると困りますからね。
もなか先生も休める時には休んでファイトです!
うたdot 2014.07.19 23:03 | 編集
>こんひゅすぱいさん

ありがとうございます。
言葉そのものだけでなく、ノンバーバルな部分でも感情が伝わりますね。
確かに、中には感情をストレートに出す医者も確かにいます。。。
ただ能面もよろしくないですね。
日々の生活が医療に悪影響にならないように気を付けていきます。
m03a076ddot 2014.07.24 06:50 | 編集
>あさがおさん

ありがとうございます。
八つ当たりされる看護師さんもちょっと可哀相ですね…。
その医者もイライラがたまるに良いだけたまってたのかもしれませんが。
なにはともあれ、看護師さんを敵に回すと医療は成り立たないので、良好な関係が何よりでございます。
m03a076ddot 2014.07.24 06:52 | 編集
>うたさん

ありがとうございます。
こちらも気を付けるんですが、やはりするどいかたはするどいですね。
自分は体力がすぐになくなりやすいので、ちょっと気をつけねばならんです。
m03a076ddot 2014.07.24 06:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top