2014
05.23

ブリの卵を煮てみよう

 春はブリの卵のシーズン(らしい)です。

 スーパーで売られているのを見て「どうやって食べるんやろ」と思っていましたが、鮮魚売り場担当のおっちゃんいわく「煮付けが良いよ!」と。下処理も少し教えてもらったので、ちょっとつくってみることにしました。

 どん、と登場。683gもあります。100gあたり58円だから安いですよね。

RIMG0602.jpg

 手を添えると大きいのがよく分かるかも。

RIMG0603.jpg

 薄皮を剥いで大きな血管を何とか外します。ちょっと大変な作業だなぁ。血管も無理して取ろうとすると皮が破れてしまうので、中の血液を出すような状態にして、細い血管は諦めます。

 で、1-1.5cmの間隔で切る。

RIMG0604.jpg

 湯通しをすると良いようです。ざばぁ。

RIMG0605.jpg

 で、煮ていきます。他のお魚を煮るのと同じような味で良いそうで。生姜もお忘れなく。

RIMG0606.jpg

 熱変性で皮がひっくり返ると形が変わります。

RIMG0608.jpg

 10-15分煮たら完成。あとは放置して味を染み込ませます。

 出来上がり。

RIMG0609.jpg

 花が咲くような感じになるんですね。

RIMG0610.jpg

 おつゆが沁みてて美味しい。最後に大葉や三つ葉とかを散らしても良いと思います、視覚的に。
トラックバックURL
http://m03a076d.blog.fc2.com/tb.php/1744-82488d62
トラックバック
コメント
おいしそうですね(^^)

こちらの地方は生たらこを糸こんにゃくと一緒に煮たりする料理があります。味付けは同じ感じです(^^)
あさがおdot 2014.05.23 19:02 | 編集
夫の実家、富山でも真子(生たらこの大きいの)を同じように煮て食べます。ぶりの子もあるんですね。北海道出身の私には珍しい食べ物です。
うたdot 2014.05.23 21:02 | 編集
>あさがおさん

ありがとうございます。
自分の母親も糸こんにゃくとたらこを良く煮ています。
我が家は結構甘めの味付けでした。
ごはんのおかずに良いですよね。
m03a076ddot 2014.05.25 23:00 | 編集
>うたさん

ありがとうございます。
こういうぶつ切りタイプで食べるというのはなかなかびっくりですよね。
自分も名古屋に来て初めて知りました。
m03a076ddot 2014.05.25 23:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top